サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トンデモネズミ大活躍
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1986
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:21cm/320p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-110460-1
  • 国内送料無料

紙の本

トンデモネズミ大活躍

著者 ポール・ギャリコ (作),矢川 澄子 (訳)

陶芸職人が酔っぱらって作ったトンデモネズミ。時計が13時を打つと動き出して旅に出ます。タカに乗って空を飛んだり,ノイローゼのゾウに出会ったりするうちに聞こえてきたうわさは...

もっと見る

トンデモネズミ大活躍

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

陶芸職人が酔っぱらって作ったトンデモネズミ。時計が13時を打つと動き出して旅に出ます。タカに乗って空を飛んだり,ノイローゼのゾウに出会ったりするうちに聞こえてきたうわさは…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出来そこないネズミの奮闘記

2002/04/05 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやぁ、序盤からちょっと変わってます。ネズミの陶器作りに人生をかける職人が出てくるんだけれど、作るもの、作るもの、なんだか物足りないものばかり。ところがある夜、酔っ払った勢いで作ったネズミの陶芸に改心の手応えが! 「おれはまったくたいした芸術化だわい」と自画自賛し眠りについて次の朝見てみると、なんと出来ていたのは傑作どころか、全身まっさお、後足はカンガルー、前足はサル、耳はウサギで尻尾のないできそこないネズミ。

 時計の針が十三を打つのと同時にこのとんでもないネズミがピノキオの如く動き出し、冒険がはじまるんだけれど、タイトル同様、物語の方もとんでもなくユニーク。スチュワーデスの機内アナウンスをしながら飛ぶタカのキャプテン・ホークに乗って空を飛んだり、競売にかけられたり。個人的には終盤にひねりが欲しかったところですが、語り口調もユーモラスで読んでいて楽しい一作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵本のような物語。

2002/07/15 14:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ファンタジー娘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本のような話の展開ではあったけれども、ポールギャリコ節はしっかりと出ていた。ファンタジーかと思いきや、人生に対して重要な教えを授けるという…。
最初は、ネズミの彫刻ばかり作る職人の話から始まる。ふとしたことで作った傑作こそが、「ドンデモネズミ」であって、ネズミなのにウサギのような長い耳を持っていたり、サルのような前足を持っていたリする。第2章は、そのドンデモネズミが主人公で冒険をしていくのだが、そのときに必ずいわれるのが「トンデモネコに食べられると決まっている」とのことだった…。

ラストの展開も面白いし、そこまでの道のりもなんか、スキでした。ファンタジーっぽくはなかったけれど…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/23 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む