サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

馬と少年 改版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1986
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:21cm/290p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-115025-5
  • 国内送料無料

紙の本

馬と少年 改版 (ナルニア国ものがたり)

著者 C.S.ルイス (作),瀬田 貞二 (訳)

馬と少年 改版 (ナルニア国ものがたり)

1,836(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「馬と少年 改版」が含まれるセット商品

ナルニア国ものがたり 7巻セット

ナルニア国ものがたり 7巻セット

ナルニア国ものがたり 7巻セット

ナルニア国ものがたり 7巻セット

  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:13,068121pt
  • 発送可能日:購入できません

ナルニア国ものがたり 7巻セット

ナルニア国ものがたり 7巻セット

  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:13,068121pt
  • 発送可能日:購入できません

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一時停止

2003/01/25 12:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

カスピアン王のころから一休みして、ピーター王とその兄弟たちがナルニアをおさめていた時代のにナルニアとカロールメン、そしてその間にあるアーケン国とでおこったお話です。
カロールメンのはるか南にアルシューシュ貧しい漁師が、シャスタという少年と共にすんでいました。ある日、アルシューシュの家にタルカーン(大貴族)が一晩泊まりに来ました。そのタルカーンは、シャスタを自分に売ってくれと申し出ます。そこでシャスタは、アルシューシュが自分の父親でなく拾われてきたということを知ります。一人でシャスタが馬に向かって話していると、その馬はブレーという名前で、物言うナルニアのけものだということを知ります。シャスタは、そのタルカーンが悪人だと聞いて、ブレーと共にナルニアにむかいます。その途中、アラビスという家から逃げてきたタルキーナ(タルカーンの女の人)にであいます。アラビスと、雌馬のフインもナルニアに行くところだったので、2人と2頭はともにナルニアに向かいます。その途中でシャスタたちは、カロールメンの王子、ラバダシがひそかに軍をひきい、アーケン国とナルニアを征服しようとたくらんでいることを知ります。シャスタたちは、このたくらみを阻止しようと、全力でナルニア国にむかいます。

途中で出会う様々な冒険、シャスタにそっくりなアーケン国の王子コーリン、やはりこのお話にも出てくる偉大なライオンアスラン、そしてシャスタの本当の両親とは。夢と不思議、そして冒険がいっぱいにつまった、ナルニア国物語第四弾です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親を愛せないないことは子どもにとってはひどい苦しみなんですよ、実は。

2007/01/10 21:59

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は7、8歳の頃、「自分の親はどうしてこう下品なんだろう、酒飲んで暴れたり、嫌なことばっかり言う人たちなんだろう」と、自分の親について日々疎ましく思っていました。けれども親に対してそんな思いを抱くのは自分が悪いのだ、だって周りの子たちはみんな親が好きみたいだもん・・と、自分を責めて私がおかしいんだと悩んでいました。
 後から知ったことですが、小さな子というものはどんなに親がひどい親でも、親が自分にあたるのは自分が悪いと思うものらしいのです。例え虐待されてても他の人に言わなかったり、お母さんは悪くないなどと言うのもそのためです。もう少し大きくなれば、誰でも嫌いだとかあっちいけとか平気で言えるようになるのですが・・・
 「馬と少年」は、そんな子供の私には一つの衝撃でした。「馬と少年」の主人公の少年もまた、親を愛そうとつとめてもどうしても好きになれなくて、気がとがめていたというのです。
 「ああ、私と同じだなあと、別に親が嫌いでもいいんだな」と、心のどこかが軽くなったのを覚えています。「いつか私にも優しい上品なお父さんとお母さんが・・・」と夢見つつ、「残念ながら、これが本当の親だろうな、はあ」と冷静に見られるようになって大層楽になったものです。
 作者のルイスがそういうことまで考えてこういう設定にしたのかどうかは知りませんが、きっとこの人なら考えてやったと思われます。ここまでのファンタジーを描ける人は、子供の小さな傷つきやすい心を忘れない人であったのでしょう。
 本自体のストーリーにはほとんど関係ないこんなささいな一文に人の心は救われることもある。こういうことも「本の魅力」の一つですが、私にそれを教えてくれたのは多分この「馬と少年」でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/28 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

1990/07/03 02:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/12 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/13 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/15 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/09 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/04 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む