サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

にぎやかな眠り(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987.12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-24601-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

にぎやかな眠り (創元推理文庫)

著者 シャーロット・マクラウド (著),高田 恵子 (訳)

にぎやかな眠り (創元推理文庫)

1,037(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

大学のある魅力的な町の騒がしい物語

2002/03/01 02:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シャンティ教授は、クリスマスの騒ぎが嫌いだ。クリスマスが嫌いなのではない。我が町、我が大学が、観光客を呼びだし、落としていく金で潤うために、色鮮やかなイルミネーションで屋根を飾り付けることを各家々に義務づけており、その家に当然シャンティ教授の家も含まれてしまっているのだ。
 
 今年こそ忌忌しい思いをなんとかしてやろうとシャンティ教授は、ド派手な電光に、大きな音楽が鳴り響く機械を取り付け、そのまま忽然と姿を消してしまう。クリスマスが終り、彼が家に帰ってくると、いつの間にか飾りの電源が落とされていた。
 
 しかも、我が家に起きていた変化はこれだけではなかった。彼の居間には、同僚の妻が死体となって寝そべっていたのだ。そして、彼の大事なビー玉が一つ失われていて……。
 
 
 ユーモア・ミステリ作家として、当代随一の人気を誇る、ユーモア・ミステリの女王シャーロット・マクロウド。本作は、彼女の数多いシリーズの中でも、中心的な役割を担っている《シャンティ教授シリーズ》の第1作として上梓された。
 
 このシリーズは、数学的な才能と、物の数を確かめずにはいられないという性癖を武器に、問題の論理的な解決に挑む、60歳前の大学教授ピーター・シャンティを主人公に、本格ミステリとしてのしっかりとした骨組みを持ちつつ、さらに人物の内面を仔細かつ繊細に表現する類希な才能が遺憾なく発揮され、軽妙洒脱なユーモアまでが折り込まれている、という屈指の作品群である。
 
 
 本格ミステリの骨格については後で語るとして、先に人物の内面を描く才能に関する賛辞を済ませてしまいたい。マクラウドがただ者ではない部分は、彼女の描く、シャンティ教授の心理的な内幕の華麗さにあり、畏怖の念を抱かずにはいられないからだ。
 
 皮肉屋でありながらも心優しく、抜群の記憶力と論理的な思考とを持ち合わせているのだが、どこか稚気を感じさせる閃きだけの行動をとることも多い。マクラウドはそんなシャンティ教授の性格を、事件に関する推理という心の内を微細に描写してみせ、読者にはっきりと掴ませてしまう。
 
 シャンティ教授のことを読者が知ってしまえば、もうそれは読者にとってシャンティ教授が近しい存在になったも同じ、もしくは、マクラウドの術中にはまったも同じこと。魅力的な事件、興味深い街やそこに暮す人間たちが引き起こしたミステリを、よく知っているシャンティ教授の思考を通して楽しむより他はなくなってしまう。
 
 他人の思考をたどることの楽しさは、ミステリの魅力の一つ。この楽しさを完璧に体現しているのが、シャンティ教授というキャラクターと、希有な才能を持ったシャーロット・マクラウドという作家というコンビなのだ。
 
 
 《ビー玉が一つ》──家に帰ってきたら、知り合いが死んでしまっている。しかも、事故死のように見えないこともないが、殺されたらしいことがわかってしまう。ビー玉が一つ足りないという些細なことで。
 
 主人公の数を数えずにはいられないという奇癖が、たった一つのビー玉によって犯人の特定が可能となるというロジックと上手く関連づけられている。この点に、本作の本格ミステリとしての骨太さを感じる。
 
 さらに起こる第2の事件では、毒薬を使用した、一見何者を狙ったのかわからないような不確実な方法だと思えるような手口が使用されている。勿論、この殺人事件に関しても、論理的な答え合わせがシャンティ教授によって行われる。
 
 けっして派手ではないが、確かな構成力が感じられ、犯人捜しのミステリとしても申し分のない出来栄えで、さらにユーモアや恋愛などのエピソードが、物語を軽やかに展開させてしまう。作者の才能を感嘆せずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

にぎやかな眠り

2001/03/21 07:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saki - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シャンティ教授シリーズは、良くある美形の探偵が出てくるようなミステリー物とは違い、一風変わった物語です。はっきり言って老人が主役はってます。…しかし老人と侮ることなかれ。この農業大学の教授がどんな事件も解決していきます。おまけにシリーズ1作目のこの作品では、運命の女性との出会いもあるという素晴らしい内容です。どう素晴らしいかはぜひ読んで実感してください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/13 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/16 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/10 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/30 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/22 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/06 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/28 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/03 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/08 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/21 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/27 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む