サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

馬場文耕集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987.10
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-02093-0
  • 国内送料無料

紙の本

馬場文耕集 (叢書江戸文庫)

著者 馬場 文耕 (著),岡田 哲 (校訂),高田 衛 (責任編集),原 道生 (責任編集)

驚異的な地獄耳と歯に衣着せぬ毒舌で武家や将軍家奥向の内実を暴露、遂に幕政批判の科で処刑された講釈師馬場文耕の著作集。「世間御旗本容気」「近代公実厳秘録」「当時珍説要秘録」...

もっと見る

馬場文耕集 (叢書江戸文庫)

3,780(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

叢書江戸文庫 第1期 26巻セット

  • 税込価格:125,2231,159pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

驚異的な地獄耳と歯に衣着せぬ毒舌で武家や将軍家奥向の内実を暴露、遂に幕政批判の科で処刑された講釈師馬場文耕の著作集。「世間御旗本容気」「近代公実厳秘録」「当時珍説要秘録」「明君享保録」を収録。

収録作品一覧

世間御旗本容気 5−86
近代公実厳秘録 87−176
当時珍説要秘録 177−253

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

スキャンダルに賭けた命

2003/04/03 07:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江戸時代の講釈師で、宝暦八(1758)年に筆禍で獄門に処せられた、馬場文耕の著述を集めた本。彼はそのとき41歳だったというが、実はいまだに、その経歴はよく分かっていない。幕府によって審理中だった美濃国・郡上八幡の金森家の騒動を高座にかけ、また実録体小説にした(講談の客に抽選で配布した)ことから奉行所に捕縛され、極刑になった。取調中に幕政を痛烈に批判したともいう(宮武外骨の説)。
 彼は時事風刺性を自分の芸に取り込んだ最初の講釈師といって良く、心学などの偽善性を激しく攻撃し、権威を恐れず、一種の「激辛ニュースキャスター」として人気を得た。その著作も、武家の裏話、社会面的な「実話」ネタが多く、この本に収められた「世間御旗本容気」「近代公実厳秘録」「当時珍説要秘録」「明君享保録」は、すべて「大きな声では言えない=ここだけの話」として、身分の高い者も卑しい者も登場する「江戸の秘話・実話・噂集成」になっている。
 なお、この文耕という人については、井上ひさし氏の連作短編集「戯作者銘々伝」に、同業にしてライバルの深井志道軒を語り手にした一編が収められている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む