サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-70672-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 (光文社文庫)

著者 島田 荘司 (著)

寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 (光文社文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

本格ミステリーの雄・島田荘司の、御手洗シリーズに並ぶもう一つの柱

2016/11/01 19:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

御手洗シリーズに並ぶ、捜査一課刑事・吉敷を主人公としたシリーズの開幕です。
この作品の発表当時は、「島田荘司は重厚な本格ミステリーを捨てて、軽佻浮薄な作風に走った」等といった批判もあったと聞きます。しかし、虚心坦懐に本作を読んでみれば、そんな批判が的外れなことはすぐわかります。
顔の皮をはがれた惨殺死体。しかし死者は、死亡時刻より後に寝台特急に乗っていた!? 不気味で不可解な謎を、鮮やかに解きほぐす。これが本格ミステリーでなくてなんだと言うのでしょう。
イケメンだが不器用で、同時に人間としても捜査官としても真摯な吉敷には、名高い名探偵・御手洗とは違った魅力があふれています。
本作のミステリーとしての面白さを堪能した方も、吉敷が好きになった方も、是非シリーズの通読をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺された女性がその死亡推定時刻より後に寝台列車で目撃される

2001/11/26 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あの『涙流れるままに』の吉敷刑事、デビュー作として期待していたのだが、残念ながら期待外れ。最後のどんでん返し、二転三転はあるものの、トリックそのものは使い古されたもの(だと思う)。被害者の顔の皮が剥がされていた理由は、即座に思いつくものとは異なっていたが。
 北海道、日本海と旅を楽しめるのだけが唯一のとりえ。今川も富川も実在の村のようだ。寂しげな情景が物語にあっている。
 それにしても吉敷の風貌が『耳がすっかり隠れるくらいの長髪、その髪は大きく波打っている。目が二重まぶたで大きい。鼻筋は高く通り、唇は少し厚い。長身でとても刑事には見えない。混血のファッションモデルのようだ』とは。まったくイメージが異なるのだが、私の思い込みか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/20 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/13 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/07 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/26 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/22 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/02 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/14 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/14 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/28 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む