サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. イーハトーボの劇列車

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イーハトーボの劇列車(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-116820-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

イーハトーボの劇列車 (新潮文庫)

著者 井上 ひさし (著)

イーハトーボの劇列車 (新潮文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

イーハトーボの劇列車

540 (税込)

イーハトーボの劇列車

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

前口上
イーハトーボの劇列車
賢治と啄木に聞く 169-205

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

井上ひさし全著作レヴュー46

2011/03/06 11:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初出は『新劇』1980年10月号。初演は1980年10月、演出:木村光一、三越・五月舎提携公演、上演劇場:呉服橋三越劇場。
 井上ひさしの宮沢賢治に向ける熱い思いはエッセイ「風景はなみだにゆすれ」(中央公論社『風景はなみだにゆすれ』収録)で率直に吐露されているが、この戯曲でもその心酔ぶりは十二分に伝わってくる。しかし、だからといって一方的礼賛に終始していないのがさすがである。
 初演時にパンフレットに寄せた一文「賢治の上京」(中央公論社『聖母の道化師』収録)に作者はこう記す:宮沢賢治の生涯や彼の作品を素材にした戯曲は、「作品そのものを忠実に脚色するという方法」、「舞台を花巻に設定して賢治の伝記的事実を――そのほとんどが「聖者」としての伝、「求道者」としての伝という形をとるが――劇化するというやり方」、「『銀河鉄道の夜』などを発条に宇宙メルヘンを展開する方法」と大別すると三つの型に分けられるが、「わたしはまったくちがうやり方で賢治とその作品群に接近したいと考えた」――というのである。では具体的にどういうアプローチを試みたのかというと、9回にわたる賢治の上京に、その生涯を凝縮させるという方法である。『表裏源内蛙合戦』『道元の冒険』『藪原検校』等のクロノロジカルに主人公を追う手法、『しみじみ日本・乃木大将』『小林一茶』のように時間と場所を最小限に限定する手法の、丁度中間的アプローチと言える。「地方」と「中央」の相克、賢治が抱いた「理想」と「現実」の重みのきしみ、地方の名士たる「父」と所詮は「坊っちゃん」に過ぎぬ自分等々、賢治を取り巻く様々な側面が二項対立的に提示されていく。
 しかし、乃木大将や小林一茶を描いた時のような観客の胸を抉る鋭さよりも、様々な矛盾を内包した賢治という人間を丸ごと受けとめて愛そうとする、慈愛の念の方がより強く伝わってくる。随所に、賢治作品の名場面、名キャラクターを散りばめているのも心にくいが、これは、ただ戯曲として読むより、舞台で生の実演に接する方が一層深く味わえる作品であるように思える。つまり、戯曲で隅々までカッチリ構成し尽くすのではなく、随所に「余白」があり、その「余白」を演出家が自在に演劇空間として創造した時に初めて、本作品は戯曲として完成するのではないか、と思えるのだ。
 この芝居に活字でしか接したことが無い筆者は、是非一度「演劇空間」が現出する瞬間に立ち会ってみたいと強く願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する