サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

岬一郎の抵抗 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.2
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/594p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-10353-5
  • 国内送料無料

紙の本

岬一郎の抵抗 上

著者 半村 良 (著)

【日本SF大賞(第9回)】【「TRC MARC」の商品解説】

岬一郎の抵抗 上

1,729(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「岬一郎の抵抗 上」が含まれるセット商品

岬一郎の抵抗 2巻セット

岬一郎の抵抗 2巻セット

  • 半村良 著
  • 税込価格:3,45832pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

この小説を読み終わったとき、私の脳裏を過ったのは、愚かしくも自分で消してしまった原稿と、戦火にさらされるイラクのことだった、ホントだよ

2003/04/03 21:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

うわっ、書いたばかりの書評を消してしまった。なんてこったい。もう、頭にきた、それならいっそ、消えてしまった文章の、かろうじて覚えている最後の文から書いてやろう。それがいい。

読み終わったときは、気付かなかったけれど、今こうして書いていて、ふと思った。この小説ってどこか、筒井康隆の『七瀬ふたたび』を思い起こさせる。いい作品というのは、どこか似た匂いを持っているのかもしれない。

半村良は、いつも庶民のことを書いてきた。その優しさも、愚かさも、打算も、あるがままに。権力を描くときは、決して上からではなく、下のほうから、その怖さと虚しさを憧れと諦念とともに教えてくれた。それは晩年になって、一層はっきりしたものになっていた。

江戸川区松川三丁目で小動物が、いつの間にか死んでいく。マスコミの世界から身を引いて、銀座で働いていた昌代とひっそり印刷業を営む野口は、いつしか町の人々の真相究明運動に巻き込まれていく。やっと開催した都の公害調査報告会では、担当者は逃げてしまい、代わりの職員は、松川町の住人をたかりのように扱う。その説明会で、都の人間が急死した。深夜、こっそり荷物を運び出す、化粧品会社の研究所での事故。隠される真相。そして、自分の卓越した能力を隠して、恋人とひそかに暮らしてきた岬一郎も、否応なくその騒動の中心人物になっていく。

隔絶した能力が一握りの人間に与えられた時、人は何を思い、国家は如何に反応するのか。人類の未来とは、マスコミの使命とは。神は人間にとって如何なる意味を持つのか。哀切極まりないラストからは、キリストの死に立ち会った人々の思いに似た安堵とも、後悔とも言えない吐息が聞こえる。

一旦、強大な権力が、国家であれ個人であれ、潰しに掛かった時、その前に、平和な日常は跡形もなく蹂躙され、人々の心は疑惑で黒く塗り潰される。それは、どんなに小さく弱いものでも、手をあげ降参し、無抵抗を示しても容赦しない。それは、今イラクで起きている戦争を見ればよくわかる。

初版は1988年、あまりの部厚さに読まずに来てしまった作品だが、今こそ読むべきときかもしれない。それにしても、ここで描かれる日本人の姿は、余りに当時と変わっていない。権力の暗黒は、より俗なものになり、庶民はひたすら拝金に走る。自ら選ぶ「滅びの道」。日本人というより、人類の愚かさ、弱さを痛感させてくれる。人間とは何か、を考えたい人に格好の本。厚さを恐れず、ゆっくり味わえば、必ず報いられる日本SF史上の傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/11 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む