サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おじいさんの思い出
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.3
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/75p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-310200-0
  • 国内送料無料

おじいさんの思い出

1,572(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もし小説を書く人が読んでいたら、ぜひお願いします。ぶ厚い畢生の大作でなくていいから、このように美しい断片に充ちた珠玉を書いてください。

2002/05/17 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小さな子どもというのは、断片的な存在だ。
 やることも話すことも、ちぐはぐだったり、流れやまとまりがない。ないというよりは、彼らの奥深いところにそれがあるにせよ、大人の目ではそれを見つけられない。
 だから私は最近、フォースターが『インドへの道』で言ったOnly connect…(ただ結び合わせよ)という言葉にとらわれている。それこそが、大人の子どもにしてやれることなのだと。

 話はさらに反れて恐縮だが、ついこの間、ある人の少年時代の美しい断片をかいま見る経験をした。
 大人も子どもも一緒に遊びに行った帰り、その男性に車で送ってもらった。複雑な路地に囲まれたこのあたりの道をすいすい運転するので感心すると、小さなころからチャリを乗り回していた場所なので、道が頭に入っているのだと言う。
「小学校4年のとき、一所懸命こいでいたら、いつのまにか渋谷に着いてしまってびっくりした。あのことは、忘れられない」。
 この辺は、渋谷まで私鉄利用で駅が6つ。その言葉を聞いた瞬間、私の頭のなかに、空に続くスロープを、懸命にチャリをこいでかけ登っていく小さな男の子の像が焼きつくように浮かんだ。

 誰のなかにも、このような美しい断片が眠っている。「美しい」というのは無論、私なりのとらえ方で、ある人にとっては瑣末なことであったり目に留める価値のないことであったりするかもしれない。
 しかし、私はこのような断片を大事に思い、胸の奥深く沈めているような人に魅力を感じる。カポーティは、それを文章にして表現できる類いまれな作家なのだと思う。

 この本は、ロングセラー『あるクリスマス』『クリスマスの思い出』や新刊『誕生日の子どもたち』と同じイノセンス・シリーズという作りの1冊である。
 ごく短い物語を、ふんだんな挿画と白地多くゆったりとレイアウトしたした文章で楽しめる。この絵本のような独特な作りにより、短い文章が、乾いたスポンジのようにものすごい多くの水を吸い取るようなものとして感じられることがある。
 つまり、長い物語でひたすら筋を追っていくという読書ではなくして、小さな一文一文に込められた、あふれんばかりの作者の思いを感じ取っていくような読書をさせてくれるのだ。

 子どもにより豊かな生活をさせ、高等教育を受けさせたいという父親の願いで、ボビーは生まれた土地を離れることになる。雇い人に世話を頼み、祖父母を残して、ボビーと父母は大きな農場での暮らしを始めることになったのだ。
 せめて最後の日曜日、ゆっくり祖父母と過ごそうとボビーは考えていたのだが、嵐の接近により、慌ただしい出発を余儀なくされる。これは、その残酷な別れと後日談を書いた短篇である。

「今思うと、僕がそこに行って風が吹いていなかったことなんて一度もなかった」「僕は抱きかえさなかった——そんなこととてもできなかったのだ」「僕はその空白について語るべき一片の言葉も持たなかった」。
 私は、小説のなかに、このような断片を見つけ、いつまでも何回でも味わっていたいと願う。
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/13 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/08 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/21 07:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/18 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/01 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/28 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/09 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む