サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.3
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/526p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020109-8
文庫

紙の本

蛇神の女王 (ハヤカワ文庫 FT ベルガリアード物語)

著者 デイヴィッド・エディングス (著),佐藤 ひろみ (訳)

蛇神の女王 (ハヤカワ文庫 FT ベルガリアード物語)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やせっぽちのわがまま王女登場

2003/01/14 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 旅の中でガリオン少年は夢にも思い描かなかった事実を次々に知ることになります。
 自分たちの旅は、彼がおとぎ話の中の存在と思いこんでいた「珠」、世界の運命を左右する力が盗まれたため、それを追跡するためのものであるということ。同行する怪しげな商人や戦士は実は諸国の王侯貴族であり、それどころかウルフ老人は伝説の魔法使いベルガラスであり、ポルおばさんはその娘ポルガラであるということ。そしてガリオン自身もそのベルガラスの血筋にあたるというのです。ガリオン少年は、大魔法使いや王子の集団に囲まれ、途方に暮れながら世界中をかけずり回りますが、ベルガラスと別れた隙にガリオンらは蛇の国ニーサの虜となり、ガリオンは女王の前に引きずり出されてしまいます……。
 この巻あたりまでは人物と設定の紹介という側面が強いようです。酒と女が好きな魔法使いベルガラス、しっかり者で家事万能の魔女ポルガラ、狡猾で抜け目ない商人ケルダー王子(シルク)、無敵の騎士マンドラレン卿、わがままで気まぐれな王女セ・ネドラetc…。こうしたそうそうたるメンバーに囲まれ、いまだ心は平凡な農場の下働きのままのガリオン少年、そして彼と共に農場から来た正直者の鍛冶屋ダーニクは、華やかで複雑な貴族の世界、あるいは怪物や魔法との戦いに戸惑うしかありません。彼らにとって世界とは、農場の周辺だけであり、政治や戦争は別の世界のこと、魔法などはおとぎ話の中にだけ存在するもののはずでしたから。しかし、こうした彼らの戸惑いにかまうことなく、世界は彼らを中心に動き始めるのです。
 この話の唯一の欠点は、登場人物の名前が多すぎることかもしれません。シルクがガリオンに語ったように、名前や身分は服と同じで、時と場合に応じて着替えていくものなのです。ただでさえ多すぎる登場人物が、時や場所が変わるたびに名前を変えていきますから、横文字の名前が覚えにくいという人は最初のうちは混乱するかもしれません。でも読んでいくうちに、だんだんと慣れていきます。そう。名前などは服と同じ。いつでも変わらぬ中身の人たちが、そこにいるのです。それに気がついたとき、それがこの本の面白さに取り込まれたときなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/22 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。