サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死にぎわの台詞(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

死にぎわの台詞 (Hayakawa pocket mystery books ダルジール警視シリーズ)

著者 レジナルド・ヒル (著),秋津 知子 (訳)

死にぎわの台詞 (Hayakawa pocket mystery books ダルジール警視シリーズ)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ダルジール警視シリーズ第8作

2001/09/26 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケルレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 強い風の吹きすさぶ寒い夜に、三人の老人が死んだ。ひとりは浴室で殺され、ひとりはグランドで転倒して凍え死に、もうひとりは車にはねられて死んだ。捜査の対象となるのは浴室での殺人だけのように思われたが、パスコー警部は、転倒して死んだ老人の傷の負い方に不審を抱く。そして、もうひとりの老人の死には別の疑惑が浮かんだ。老人をはねた車に乗っていたのは、なんどダルジール警視だったのだ。おまけに、悪い噂のある馬券屋と一緒で、ひどく酔っていた。ダルジールは運転していたのは馬券屋だと断言したものの、その後不審な行動をとり続ける。パスコーは困惑しながらも、三人の老人の最後の言葉を手がかりに、真相を追っていく。
 パスコーの妻エリーの父親の痴呆症をからめて、死んだ老人たちをとりまく様々な問題が語られていく。どの老人も、心身ともに衰えてはいてもどこか愛敬があり、惨状を声高に訴えるような調子はみじんもないが、それゆえにかえって、本人や家族の苦悩が浮き彫りになる。三つの事件が解決して、ほっとしたパスコーの前にふと現れる新たな疑念が、なんともやりきれない。
 各章の冒頭に、著名人の臨終の言葉が引用されているのだが、人それぞれでなかなか興味深い。誰でもいつかは死ぬのだが、死にぎわに気の効いた台詞を残すのは、誰にでもできることではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年寄り笑うな、行く道だもの

2002/04/23 02:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人は誰でも歳をとり、やがて死ぬ。しかしそのことを常に頭に置いている者は少ない。老人を無用の長物と蔑みながら、自分がその蔑まれる立場になることを想像しもしない愚か者のなんと多いことか。だがレジナルド・ヒルはそのことを大仰に嘆きもしないし、若者を啓蒙しようと熱弁をふるうこともない。ただその悲しい現実を客観的に描写するだけだ。そしてその態度こそ、作者の生に対する誠実さの表れだと言ってよい。
 3人の老人の死を扱う本書では、老人ホームの実態、痴呆と介護、独り暮らしの老人の寂しさ、といった重いテーマが取り上げられており、読んでいて身につまされる場面も多い。また、ダルジール警視が飲酒運転及び過失致死の罪を犯したのかと気を揉まされもする。そんな中、パスコー警部と彼の妻のエリーの存在は救いであり慰めだ。やはりこのシリーズでの真の主役はパスコーなのではないだろうか。
 私は本作を読んでこのシリーズを最後まで見届けたいと心から思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/16 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る