サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 岩波書店
  6. ユートピア探し物語探し 文学の未来に向けて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユートピア探し物語探し 文学の未来に向けて
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.5
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-002333-0
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

ユートピア探し物語探し 文学の未来に向けて

著者 井上 ひさし (ほか著)

ユートピア探し物語探し 文学の未来に向けて

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

井上ひさし全著作レヴュー88

2012/03/11 10:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初出は、季刊「へるめす」創刊記念別巻(1984年12月)、同創刊一周年記念別巻(1986年1月)、同創刊三周年記念別巻(1988年2月)。
 昔々、岩波書店が「へるめす」という雑誌を出していた。筆者も何号か購読した事があるが、「世界」のゲージュツ版とでも呼べる、まあ実に岩波らしい高尚でお堅い雑誌だった(1984年に創刊号が出て、途中から隔月刊行になり、1997年に第67号が出て終刊となった)。その編集同人を務めていた大江健三郎が、井上ひさしと筒井康隆をゲストに招いて行った三回の鼎談を活字化したのが本書である。
 著者名は井上・大江・筒井の順になっているが、単にこれは五十音順にしただけの話で、実際は(多分)半分以上が大江の発言で占められている。そしてこれが見事なまでに面白くない。大江の講演は何度か――生で、あるいはテレビで――聞いた事があるが、決して上手くない。どうも構成が緩く、あっちへ行ったりこっちへ行ったりして、終わった後一体何の話だったかすぐに思い浮かばないほどだ。この鼎談も、そういう大江の悪癖の影響が大きく、こんな豪華な三人が顔を話しているのに、なんでこんなに脈絡が無く詰まんないんだろうと勿体ない限りである。
「岩波」ということで、抽象難解高尚な文学論が展開されるが、活字で読むと行き当たりばったりという感は否めない。対談も鼎談も同じだが、うまい「聞き手」もしくは「仕切り役」がいないと、発言がその場限りの断片的なものに陥りがちである。井上ひさしが名を連ねていたから買った/読んだが、時間とお金を損した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む