サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大きな森の小さな家(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:1988.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/212p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-06-184277-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大きな森の小さな家 (講談社文庫 大草原の小さな家)

著者 ローラ・インガルス・ワイルダー (著),こだま ともこ (訳),渡辺 南都子 (訳)

大きな森の小さな家 (講談社文庫 大草原の小さな家)

484(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

草食系、という言葉など考えもつかない、人がもっともっとワイルドだったころのお話。

2011/06/27 21:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

はるか遠いむかし、NHKのドラマで放映されていたことが
記憶の彼方にある。
いつか読んでみたかったこのシリーズ、
わたしにとって、ようやく手にとる時が熟したようだ。

アメリカ・ウィスコンシン州を起点として、
農場を手に入れ生涯暮らしたマンスフィールドまでの、
インガルス一家(ロ―ラ、メアリーの姉妹と両親、馬たち、犬)が
辿る道のり。うつくしい物語。

一家のたくましいスローライフぶりには目をみはる。
食料はほぼ現地調達(肉、野菜、パン、はちみつ、バターなど)だし、
父親という存在がなんと威厳に満ちていることか。
彼は森で熊や鹿を撃ち、丸太で家をこしらえる。
そして子どもを厳しく躾ける反面、音楽を奏でて夢を与える。
ほとんど万能なお父さんに、妻も子どもたちも尊敬の念を抱く。
そしてお母さんは、料理、裁縫の腕が立ち、いつも優しくいい匂いなのだ。
この自然のなかに生きるからこそ可能な、家族のあるべき姿。
夢物語を紡ぐ一家がいきいきと暮らすようすは、
単なる絵に描かれた餅に終わっていないで、
現代のわたしたちに、確実になにかを投げかけてくる。

家族のためにいつものように狩りにでかけた父親は
その日、肉を持って帰ってこなかった。
父親は獲物を待ち伏せているあいだに眠ってしまう。
ふと目をさますと、熊がのんびりと木のなかに顔を突っ込み、
なかにいる虫を食べていた。
そののんきなようすに、銃を手にとることができなかったのだ。
しばらくすると何も知らない鹿の親子が月光浴にやってきた。
やはり、父親は撃つことができなかった。
このなんともない場面が淡々と描写されているだけなのにうつくしい。

ちなみに、シリーズ第一作が「大きな森の小さな家」であるということを
購入するときにわたしははじめて知った。
てっきり「大草原の小さな家」から始まるのだと思っていたから。
(ちなみにこの第一作は、いま品切れになっているようだが)
シリーズ第七作「この輝かしい日々」のあとには、続きがある。
それは岩波少年文庫からローラ物語としてまとめられているうちの、
ローラが結婚してからの物語「はじめの四年間」(ロ―ラ物語3)と、
ローラの遺稿「我が家への道」(ロ―ラ物語4)である。
たまたま講談社文庫で第七作まで揃えたわたしは、
岩波少年文庫でつづきを読むことになった。ご参考までに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/24 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/21 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/03 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/24 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/15 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/11 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む