サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. はだか 谷川俊太郎詩集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はだか 谷川俊太郎詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.7
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:22cm/93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-80275-4
  • 国内送料無料

紙の本

はだか 谷川俊太郎詩集

著者 谷川 俊太郎 (著),佐野 洋子 (絵)

【野間児童文芸賞(第26回)】【「TRC MARC」の商品解説】

はだか 谷川俊太郎詩集

2,268(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店

谷川俊太郎さんの詩集...

ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店さん

谷川俊太郎さんの詩集というと本当にたくさんありますし、みなさんそれぞれ「これが好き!」という1冊があるのではないでしょうか。そして私の“1冊”はこの『はだか』です。

ひらがなで書かれた詩はこどもの言葉のようで、ういういしく、生身で、いたいたしい。そしてよむ人自身の体の中にある言葉なのです。

佐野洋子さんの絵が最高にぴったりです。

梅田ヒルトンプラザ店 文芸書担当

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子どもの心の宇宙

2000/08/16 16:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:長崎夏海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもは、大人が感じるすべてのことを、心の中で体験している。私はそう思う。でなければ、夕陽をみてなぜあんなに哀しくなって同時に愛しい気持ちになったのか、太陽の匂いでなぜあんなに幸せになれたのか、説明ができない。
 言葉にするということは、ある意味で、感じたものを限定してしまうことだ。幼い頃、胸いっぱいに感じていた気持ちは、言葉にはならなかったぶん、人生や人類、世界、宇宙といった大きな流れに直接つながっていたように思う。抽象的だけれど、確かにそう思う。
 
 この詩集は、そんな、幼い頃に感じた気持ちを、心の階段をゆっくりおりて、そっとすくい上げてくれる。
 ずんずん歩いていきたくなる気持ち。理由はわからないけど、別れは何かをしっている、そんな思い。
 うそといっしょに生きていくという思い。 風にそよいで立つ木になりたい思い。
 裸になって自分の存在を感じたときの、地面にかじりつきたくて、空にとけていってしまいたい思い。

 むかし自分がどこかにいたという、説明できないけれどほんとの感覚。
 ピアノをひくさとるくんをくすり指からこりこりかじって食べてしまいたい思い。
 しらない子みた時のどきどき。
 ぼわっとわいてくるわからない気持ち。
 ひとりにしてほしい気持ち。
 海よりももっと遠い「遠く」の感覚。

ここにある言葉は、限定ではなく、大きな流れにすっととけこんだ感覚に形をあたえてくれる言葉たちだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/09 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/17 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/02 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/11 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/10 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/16 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/17 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/21 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/06 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る