サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サハリン島 下巻(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-326228-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

サハリン島 下巻 (岩波文庫)

著者 チェーホフ (著),中村 融 (訳)

サハリン島 下巻 (岩波文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

後半に至ってはルポ&報告書を超え、濃い分析が展開される

2016/06/05 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

下巻は南サハリンについての記述から始まる。土着人としての所謂「樺太アイヌ」についても述べられるが、江戸時代 松前藩の時代から”弱いものイジメ”の一つの対象として周辺の異民族に弾圧と搾取を繰り返してきたわれらが日本人のご先祖様の行状の一端が伺える記述がある。「南サハリンがロシア人たちに占められるまではアイヌ族は日本人の下で殆ど奴隷同様の地位に甘んじていたもので・・・(中略)・・・南サハリンを占領するやロシア人は彼らを解放し侮辱から擁護し、しかもその内部生活への干渉はこれを避けつつも最近まで彼らの自由を保護してきたのである」。ここには勝者の歴史観も混じっていようが、まさにこれがロシアの知識階級から見た北海道以北における日本人の「統治実態」であり、今日においてもなおロシア人が「日本人に土地を返すことの精神的違和感」を生む元凶になっているのではないかと考えるものである。今、世界で領土問題を考える時に、単なる縄張り争いと、経済的な得か損かの視野しかなく、そこに居住する人々の幸福や福祉が如何に実現されるべきかを第一に考えるという発想はあるのかと疑ってしまう。また、巨大になった隣国が、「台湾の土地は自分の土地」と言って憚らないのを失笑しながら見ている我々日本人も、「アイヌの土地は自分の土地」と言って世界から失笑を買っていないか、或いは過去そういう時期がなかったかよく点検すべきである。(私は交渉の前に自己の過去の主張内容や論点誤謬を整理し、そこから有効な展開を考えるべきと言いたいもので、国土を放棄せよなどというつもりはないので誤解されなきように)。
サハリン各地域の地誌観察と叙述を終えて、後半は社会体制(当然監獄島としての特質を含む)、イデオロギーや気候風土が引き起こしている「人間の健康や精神」への影響について論考が展開される。これはルポルタージュの範囲を超え、科学者としての著者のもう一つの顔を見せてくれる。医者としてのチェーホフの面目躍如であり、素晴らしい分析と帰納ぶりに胸がすく思いがした。
19世紀の著作であり、20世紀前半の訳と仮名遣いが読みにくくはあったが、大変内容の濃い充実した大作であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/08 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/15 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る