サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. おっちょこちょ医

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おっちょこちょ医(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1983
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-750272-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

おっちょこちょ医 (集英社文庫)

著者 なだ いなだ (著)

おっちょこちょ医 (集英社文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子どもたちにぜひとも読んで欲しい。この国がまだ自由であるうちに

2006/06/13 20:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 物語の舞台はヘーワ町、主人公の名前はヤン・ドースル。(父はサテ・ドースル、母はイイサ・ドースル)他にも登場人物の名前は、ハナヒーゲ町長、シブシーブじいさん、コマゴーマ先生、タメールおばさん、カターイ牧師さん……つまり、そういう雰囲気の物語なのです。
 医師のいないヘーワ町にやって来たディストレ先生は、熱意溢れるお人よしなのですが、いかんせん無類の慌て者で、(それは、医師としてどうよ?)と思わざる得ないほどの、まさに「おっちょこちょ医」。本書は、ディストレ先生と助手のヤン・ドースル少年が巻き起こす騒動を描いたユーモア溢れた物語です。ところが物語の後半、暗い影がやってきます。
 ヒッソリーニ率いる赤シャツ党が支配する隣国ドルマン軍に、ヘーワ町は占領されてしまうのです。赤シャツ党によるガラリヤ人排斥や、ドルマン軍に対するレジスタンス活動など、ヘーワ町も少しずつ変わっていきました。少しも変わらないディストレ先生は、あいかわらずマイペースで騒ぎを巻き起こします。ところがディストレ先生は、おっちょいこちょいだだけど嘘はつけない性格で、町のみんなの前で言ってしまいます。ガラリヤ人の血も、ぼくたちの血も、ドルマン人の血も、変わりはないのだと。

 この物語、戦争や差別といった重い問題を含みながら、最後までユーモアと明るさと失いません。読み終えて心に残るのは、自由と平和の尊さ、信念を貫く勇気、そして何よりもどんな時も希望を失わず前に進むことの大切さです。
 今、先の見えない閉塞感の中で、子どもたちは何を読むのでしょう。作者が現実を描くことに必死になるあまり、救いなく、読後に空しさや絶望を残す本が増えているのでは? 世の中にある様々な困難、主人公たちが知恵と勇気と明るさでそれを乗り越えていく物語が私は読みたいし、子どもたちにも読んで欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/21 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/04 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/18 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む