サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英文学入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1951
  • 出版社: 河出書房
  • サイズ:15cm/208p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

英文学入門 (市民文庫)

著者 福原 麟太郎 (著)

英文学入門 (市民文庫)

86(税込)

ポイント :0pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

英文学は楽し

2006/09/15 20:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は福原麟太郎が外務省研修所で講演したものである。
講演と言っても堅苦しくなく、自由闊達、縦横無尽に英文学を語ったもので、英文学の組織、思想、技術、シェイクスピア、ジョンソン、英国的笑い(チャールズ・ラム)などが主たるものである。
本書が面白く実のある内容なのは、福原氏自身が英文学を楽しんで愛して語らないではいられないという雰囲気が溢れているからだ。
著者は文学は歴史的存在であるとし、先ずはシーザーの頃、アルビヨン(白い国)と呼ばれたローマ領の島(英国)から話をはじめる。
土着民であるケルト人をローマ人が領し、やがてアングロ・サクソンが移住してきて、ケルト人をウェールズ、スコットランド、アイルランドへと追いやる。
その後ノーマン文化が駆逐して、英国は国語を失う。
そして14世紀になって英文学は再出発し、近世文学のはじまりとなるのであるが、わが国では鎌倉幕府の頃であり、11世紀にはもうすでに源氏物語があったのであるから、わが国の文学史から比べるとはるかに遅いものであった。
話はやがて文学の形式や作品について語られるのであるが、19世紀のロマン主義の終焉の項では、著者の漫談口調は熱が入る。
1832年は3人の有名人が亡くなった年とあり、スコット、ゲーテ、頼山陽とするのはよいとして、ねずみ小僧女次郎吉が、はりつけになった年と加えているのは爆笑。
さて、次に英国人気質について述べる項では「執着心」をあげる。
英国人のしつこさを武者小路実篤の随筆から宮本武蔵の例をあげて説明するのであるから度肝を抜かされる。
●武蔵がお屋敷の廊下を歩いていると、後ろから斬りつけられた。すぐに身をかわした武蔵は刀を抜いて殺すかと云うとさにあらず。みね打ちで何回も叩いたというのであります。剣劇で知っている武蔵だと一刀のもとで斬って悠々と立ち去るところが、二度も三度も実にしつこく叩いたといいます。
英国人と云うのはそういう様なもので一遍でさっと斬れ味のよいところを知らない。
英国人気質を武蔵を引き合いに出すとは驚き桃の木山椒の木である。
さて、ここからいよいよチャールズ・ラムの文学を取り上げて、イングリッシュ・ヒューモアーへとつなげていくのである。
●ラムは馬鹿者列伝を書いて、その中で実は私は馬鹿が好きだという。なぜなら人間はみんな馬鹿だからだというのです。
馬鹿な人間がしくじったって当たり前。人間は馬鹿だという立場に立つとみな同じである。諸行無常のような価値に換えて考えればどんなしくじりも帳消しになってしまう。それをヒューモアーと言う。
つまり武蔵のところで述べたしつこい執着から逃れるべく諸行無常というヒューモアーをもってなしたのが英国人気質であり精神だとしている。
さて次に英語辞典を編纂したジョンソンに話が入るとさらにヒートアップする。
当時文学者にはペイトロンがついていてその援助なしには生きていけない状況だった。
それがこのジョンソン博士、英文学の古典と考えられる有名な拒絶の手紙をペイトロンにつきつけた。
この手紙事件により、英国文学の歴史上、文学者がペイトロンと袖を分かち、文学の独立、文筆業者の独立を果たした最初の人になったくだりは、読んでいて胸がすくようで実に小気味良い。
このほか、漱石の「文学論」や孫悟空、水戸黄門まで引き合いに出しシェイクスピア、ジョイス、ジョンソンを語り、英文学を縦横無尽に語り、それが極上の人生論につながるのであるからこんな面白い「英文学入門」書は類をみない。
福原氏からほとばしりでる伸びやかな知と学識と人間性が混じって実に楽しい書となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む