サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

がたたん たん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1988.9
  • 出版社: ひさかたチャイルド
  • サイズ:25×25cm/24p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-89325-464-2
絵本

紙の本

がたたん たん

著者 やすい すえこ (作),福田 岩緒 (絵)

【絵本にっぽん賞(第12回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

がたたん たん

1,080(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

幸せな人たち

2016/04/03 08:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉野弘の「夕焼け」という詩が好きだ。
 満員電車の中の風景。お年寄りに席を譲る娘。礼も言わず平然と座る「としより」。駅で「としより」が降りて、娘はまた席に座った。と、別の「としより」が来たので、彼女はまた席を譲った。今度は礼を言われた。そして、その「としより」も別の駅で降りて、娘はまた座った。今度も「としより」が来たが、娘は席を替わらなかった。
 「やさしい心の持ち主は/他人のつらさを自分のつらさのように/感じるから。」
 そんな少女を見つめている、吉野弘という詩人の心に惹かれる。

 電車にはさまざまな人が乗ってくるから、いろいろな心情がうかがえる。
 この絵本の乗客たちも、そうだ。
 ひとつの長いシートに座っているのは、新聞を読んでいる会社員。膝に猫を入れたバスケットを抱えている女の子。おばあさんは席に正座で眠っている。男の子は本を読んでいる。隣には柔道着を持った体の大きな青年がアンパンを食べている。そして、一番端っこには赤ちゃんを抱いたお母さん。
 一人だけ立っている青年は絵を描いているのだろうか、スケッチブックを持っている。
 これが全部の登場人物。

 「がたたん たん」と電車が揺れると、女の子のバスケットから猫が飛び出した。
 男の子が席を立って、猫を抱きかかえてあげる。
 「キキキキキーッ」と、今度は電車が急停車。おばあさんの膝から毛糸の玉が転がって。おや、みんなでそれを拾ってあげる。
 と、今度は電車の中に小鳥が飛び込んできたぞ。さあ、どうなるのか。

 小さなことでまったく知らない人が少しずつ笑顔をかわすようになっていく。
 そのたびに絵本の中の人たちに彩色されていくという憎い工夫がなされて、やがて電車は駅に着いて、みんな降りていく。
 なんだか楽しそうだ。
 ふたたび、吉野弘の「夕焼け」に戻ると、最後にはこう書かれている。
 「やさしい心に責められながら/娘はどこまでゆけるのだろう。/下唇を噛んで/つらい気持ちで/美しい夕焼けも見ないで。」
 この絵本の人たちは、美しい夕焼けを見る人たちだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ありがとう!」だけでも嬉しいね

2001/03/13 13:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今日もがたたんたんと急行電車が走ります。電車の中は,知らない人ばかり。お互いの顔を見ることもなし,冷たい風が吹いています。この絵本もそう。最初,電車の中はグレーの世界。新聞を読んだり,赤ちゃんをあやしたり,…でも,女の子のバスケットから逃げた一匹のネコを男の子が,助けてあげたことで,男の子と女の子は言葉を交わし,二人に色が付きます。今度は,急ブレーキでおばあちゃんの荷物が倒れ,毛糸玉がこぼれます。言葉を交わした人は,どんどん色が付いていきます。グレーの寂しい絵本から,カラー絵本へ。

 がったん,がたたん…と電車の音だけした書いてありませんが,ここで交わされた言葉は,幼児でも,きっとわかるはず。電車を降りて,改札口へ向かう人たちは,皆,ニコニコして,昔からの知り合いのような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/18 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/29 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/24 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/30 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。