サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.10
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/566p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020116-6
文庫

紙の本

魔術師の城塞 (ハヤカワ文庫 FT ベルガリアード物語)

著者 デイヴィッド・エディングス (著),柿沼 瑛子 (訳)

魔術師の城塞 (ハヤカワ文庫 FT ベルガリアード物語)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「なんで僕が!?」といいつつも

2003/01/16 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 農場の少年ガリオンは本人がまったく望んでもいないのに、<放浪者>となり、<魔術師>となり、<アルダー神の弟子>となり、<リヴァの王>となり、ついには<西の大君主>となってしまいます。けれどもそれらの肩書きに戸惑う暇もないまま、彼は自分が予言に記された<光の子>でもあることを知るのです。そしてそれはガリオンが、<闇の子>でもあるトラク神と戦わねばならない運命であることも意味していました。
 彼の選ぶことのできる道は2つだけ。1つの道は世界を2つに分けた大戦争を引き起こし、光と闇の決着がつくまで何世紀も戦い続けること。しかし彼は勇敢でもなんでもないけれど、無意味に多くの人々が傷つくことは望みません。となると、道は1つ。彼自身がトラク神と直接対決し、すべてに決着をつけることだったのです。彼は<永遠なる者>ベルガラスと<案内人>シルクだけを道連れとして旅立ちました…。

 この作品には、魅力的な人物がいろいろ登場しますが、その中でも筆頭にあげられるのが、ガリオンの旅に最後まで同行するシルクでしょうか。シルクは彼を知る者には「ねずみ顔の小男」「泥棒とペテン師とスパイを兼ねていることをのぞけばさして悪いやつではない」とむちゃくちゃに言われます。それは実に正しい評価です。
 無数の名前を持つ彼は、世界各地に出没し、多くの国で賞金首になる密偵であり、母親思いの王位継承者であり、抜け目なく鼻持ちならない商人です。そんな彼ですが、ガリオンが、神との対決を決意すると知ると、やれやれと立ち上がり、ちょっと面倒なお使いを頼まれたといった感じで敵陣の奥深くへの道案内となるのです。誰よりも作品を象徴する人物のような気がします。
 しかし、そんな彼らの旅路の果ては気になりますが、本当は彼らに置いていかれた者たちの方こそ目が離せないのです。これまで共に旅をしてきた仲間たちとあろうものが、置いてきぼりをくらわされたからといって、おとなしくしているはずがありません。
 じっくりと、彼らの最後の冒険を楽しもうではありませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/22 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。