サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

香水 ある人殺しの物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.12
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-310660-X

紙の本

香水 ある人殺しの物語

著者 パトリック・ジュースキント (著),池内 紀 (訳)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

香りにとりつかれた男の物語

2002/07/07 23:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーとも言えるし推理小説のようでもある、なんとも不気味で魅惑的なストーリー。香りにとりつかれた男の恐ろしい犯行が描かれているのだが、香水と言えば上品で美しい香りを思い浮かべるのに対して、これを読むとそんな当たり前のことが根底から覆されてしまう。独特な訳でとても読みやすく内容の不気味さを煽っていたのだが、人に薦めてみたら読みにくいと返されてしまった。ハマれば取り付かれたように読みきってしまうが、向かない人にはとても読めたものじゃない、そんな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「香り」の真相

2000/12/30 05:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼだいじゅ並木 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本はある意味で「香り」というものの原点をついていると思う。そして秘密にそっと心の中にしまっておきたい。一方で、誰かに絶対読ませたくなる不思議。
妙な本です。確かに非常に妙な本なのです。まず、ジャンルがわからない。推理小説でも、ホラー小説でも、文芸 でもない、でもそのすべてなのです。ジャンルがない。たぶん、ヒトにすすめようとしても、「おもしろいよ」とか「すごいよ」くらいしか表現できないでしょう。
 アロマや香りに興味のある方、アロマテラピーなどを専門にやっている方に特におすすめしたいです。まったく「香り」というものに関する考えが変わるかもしれません。そのくらい衝撃的な本です。キレイキレイ、ステキステキ、とアロマテラピーに親しんでいるだけの方にはショックがおおきすぎるかもしれませんのでご注意ください。でも、エンターテイメントとしても超一級です。
 アロマの本にはどこにも書かれていない本当の「香り」の真相。なぜヒトは「香り」に関心を持つのか。なぜヒトは「香り」になにかを求めるのか。知りたい方はぜひ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自由になりたいとき読む本

2000/08/28 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sachi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学生時代に読んで、非常に感じるところがあり、その後も何度か読み返したり人に贈ったりした本である。
 書店で、表紙に惹かれて何も知らずに買ってしまった(本のジャケ買い、自分は結構やってしまう)のだが、とても大事な本になった。
 自分が何が何だか良くわからない学生時代にも、自分がどんなものだか思い知らされて悲しい社会人時代にも、いつ読んでもいい本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

18世紀のフランスの匂いに匂う様がお見事。

2001/03/17 10:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日下夏海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 須賀敦子さんが続きが待ち遠しいほど(イタリアでの新聞連載時)夢中になったというのも納得の物語です。作品のテーマや物語の完成度も素晴らしいのですが、これを後押ししているのが訳者、池内紀さんです。谷川俊太郎が訳した『マザーグースのうた』という世にも恐ろしい作品に匹敵する、不思議というよりは不気味な口上仕立てによって『香水』の世界を仕上げてくれました。

「奇想天外な物語である。鼻が主役だ。胸をつく悪臭から天にも昇るような芳香まで、ありとあらゆる匂いが顔を出す中で、主人公ひとり、匂わない。(後略)」

 これは訳者あとがきの一説なのですが、まるで小説の一部のよう。
 彼の丁寧な仕事のおかげで、はるか昔の、およそ想像し得なかったおフランスを堪能することができました。感謝!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/31 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/10 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/26 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/06 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/13 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/25 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/10 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/01 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/19 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。