サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

桜の森の満開の下(講談社文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 104件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1989.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/453p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-196042-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

著者 坂口 安吾 (著)

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

税込 1,540 14pt

桜の森の満開の下

税込 1,265 11pt

桜の森の満開の下

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.6MB 無制限
Android EPUB 4.6MB 無制限
Win EPUB 4.6MB 無制限
Mac EPUB 4.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

小さな部屋 7-32
禅僧 33-48
閑山 49-62

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

文庫書評

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

放映中の大河ドラマ『軍師官兵衛』の予備知識収集のため、黒田官兵衛の生涯を描いた収録作『二流の人』を目当てに再読した次第です。
坂口安吾の描く群雄たちは、自分の命をチップ代わりに嬉々として国盗りゲームに興じる怪物ぶりがいずれも奮っており、太閤秀吉、関白秀次、不遇時代の一弱小侯家康ら脇役の人間味がかがやいて、これでもかと胸をうつドラマの連なりになっています。英雄譚として完璧です。
とはいえ、頁を開く以上、表題作の他『夜長姫と耳男』『紫大納言』といった無辜の民の恋愛を題材にした作品の残酷なまでの美しさを読まずには通れませんし、一番のお薦めは古代政治小説『道鏡』です。桜の時期を待つのにこの上ない、絢爛な1冊だと思います。

みんなのレビュー104件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

女の美しさと狂気とそれに翻弄される男

2009/08/29 16:20

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桔梗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作の「桜の森の満開の下」と「紫大納言」「夜長姫と耳男」がよかった

「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」はともに 残酷さを併せ持つ美しい女とそれに惹かれ狂っていく男の話
狂ったように咲き儚く散る桜と 女の狂気と 壊れていく男の一途な想いとが重なり合って 
思い浮かぶ情景の美しさにクラクラする

男ってもんは 恋する女性の無邪気な笑顔を見るためなら
何でもしてしまうものなんでしょうか


「紫大納言」は美しく切ないお伽話
月の姫君の笛を落とし困っている天女に恋をする 笛を拾った男の話
どうしても天女をその手に抱きたいと恋焦がれる男は 笛を返さず 襲われた盗賊に渡してしまう
嘆き悲しむ天女に触れたとて 心まで手に入れられなければ意味がないことに気が付く男 
いくら乞うたところで想いは…
だんだん切羽詰っていく男の想いに 読んでて胸が苦しくなる


使われる言葉が 文章が とても美しい
美しさと狂気とが渾然一体となったこの雰囲気が何とも言えず 心に残る本

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満開の桜がすべてを飲み込む

2006/03/24 01:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:永遠のかけら - この投稿者のレビュー一覧を見る

古事記の木花之佐久夜毘売に匹敵するくらい、桜に神秘的な雰囲気を与え、美しさ、不条理、そして死を連想させる作品。
怖い女と、そんな女に惚れてどんどん壊れていく男。
愛だって一筋縄ではいかないのが、安吾流。
怖いけれど美しく、ついつい読み返してしまう。
読めばきっと、桜がもっと好きになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜の森は恐ろしい

2004/12/28 15:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃、暗いのが怖かった。この世の中に、ひとりぼっちになってしまったような気がして、急に心細くなった。『桜の森の満開の下』は、子供の頃に味わった暗闇の恐怖を思い出させた。

あたり一面桜の花、花、花。見上げても、見回しても、地面を見ても、目に入るのは際限なく続く桜の木々。この森を通る旅人はみな気が触れてしまうのだという。わかるような気がする。音もなく降り続ける桜の花びらに、いつか自分も埋め尽くされて、消えてなくなってしまうのではないかと思うのに違いない。出口の見えない暗闇の中と、出口の見えない桜づくしの森の中。明暗の違いこそあれ、恐ろしいことには違いない。

桃源郷かと思った場所が、実は地獄よりも恐ろしい場所だった。帰りたいのに帰れない。元には戻れない。そんな男の葛藤と恐怖はエンディングに向かってクライマックスを迎えていく。

御伽噺を装ったかのような猟奇的物語ではあるが、現実社会に通じるところがあるのではなかろうか。憧れが現実になった時、手に届かないと思っていたものや事を手にすることができた時、人間は更に「もっと」という欲望に駆られるのではないだろうか。引き返したくても引き返せない状況に自らを追い込んでいくのではないだろうか。

これはそんな男と女の物語である。引き返せない。桜の森は何もなかったかのように、春になれば繰り返し繰り返し咲き続ける。人の世も、そうして繰り返し、繰り返し流れていく。

桜の森は恐ろしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しく恐ろしい

2019/06/19 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂口安吾の小説は、推理小説しか読んだことがありませんでした。
それもちょっと世の流れに反しているだろうと思い、有名どころを読んでみることにしました。

やはり、時代的なものもあり、読みにくさは拭えません。
また、不連続殺人事件の時もそうだったのですが、登場人物が驚くほど多い話があって、こうなるともう誰が誰やら状態でした。本書では、日本史の出来事に物語をつけたようなものが複数あり、これらが本当に登場人物と時代の前後が入り乱れ、理解が難しいことこの上なかったです。
私が歴史に疎いのも、読みにくかった一因ではないかと思います。おそらく、もともとが日本史に詳しい人であれば、登場人物や時代について混乱することなく読めたのだろうと想像します。
理解困難な日本史系の話も、各部分は登場人物の気持ちが生き生きと描かれ、人間臭さが各所で垣間見えて、とても面白かったのです。ただ、私には「全体としての理解」は無理でした。これも、日本史の教養の無さゆえです。

登場人物が少なめな、本当にフィクションの物語は、心から楽しめました。一番有名な(?)桜の森の満開の下もですが、恐ろしい中にも美しさがあり、一気読みは確実です。
「美しく、かつ恐ろしい女」が出てくる話が、かなり記憶に残ります。恐ろしいと思いつつも、彼女らに惹かれる男性の気持ちもなんとなくわかり、ハラハラと読む手が止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/28 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/01 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/15 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/22 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/28 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/21 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/05 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/31 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。