サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販 全商品対象 ポイント最大10倍キャンペーン ~9/20

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1989.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-010823-4
文庫

紙の本

ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 アーシュラ・K・ル・グィン (著),小尾 芙佐 (訳)

ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫 SF)

税込 704 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「風虎」と戯れたいけど、作品の時代背景には人類の戦争が…。

2021/09/03 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:永遠のチャレンジャー - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF(科学小説)だけどもファンタジー(幻想物語)要素が濃く、若い頃の作者が頭に思い浮かべた<憧憬>や<夢>を、そのまんま詰め込んだ作品だ。

解説者が触れるように、少女時代に「限界まで想像力を働かせて」も構わないと知った作者が、まさしく「自分自身の神話」を紡いだ感じがする。

表紙カバーからしてSFを謳いつつ漫画家の萩尾望都に委ねた点で、ファンタジー寄りが一目瞭然。描かれた「風虎」は、とても荷駄運びに使役される野獣に見えない。

「巨大なグリフィン」(上半身が鷲で下半身が獅子か虎という伝説の有翼獣)の筈が、まるで一人乗りペット飛行艇みたいだから、少し怖いけど、乗ってみたい。

民族学調査隊の唯一の生き残り、ギャヴェレル・ロカノンは、調査隊員や罪なき住民たちを無残に殺戮した「敵」(全世界連盟への反逆者)を探し出すために、苦難を共にする仲間を募って地図なき大地を駆けめぐる。

なんとなく既視感が。そうだ、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の旅の仲間(小人族ホビットと地底族ドワーフ、妖精族エルフ、それに人間)を彷彿とさせる。ワクワク、ハラハラ、どきどきの連続活劇なのだ。

「敵」のアンシブル(即時通信器)で悲報を伝え、報復の鉄槌を乞わねば…。使命感の強さは「007」ボンド並みだ。展開毎に呼び名が変わる。「ロカナンの殿」「星の君」「さすらいびと」「ペダナール」「ペダン」「アンギャールの隠密」「オルホル」など。

白い流木の杖を手にしたロカノンは、まるで魔法使いガンダルフみたいに危難を免れる(耐火性に優れたインパーマスーツのお蔭だから、ここはSFっぽい)。

レーザー・ガンで武装した「敵」は、ヘリコプターに搭乗し登場する。ここでは映画「地獄の黙示録」が想起される。本作品からもベトナム戦争に米国が介入した時代背景が汲み取れる。

広遠にすぎる宇宙。「死は即時に送ることはできても、生あるものを送るには時間がかかるのです…。」こうこぼした実際には百五十年前に生まれた四十歳の民族学者ロカノンは、死んで文字どおり「星」(の名前)となった。

フォーマルハウト第二惑星で生きた彼にとって、「大きな青い宝石」(伝説の<海の眼>)を身につけた伴侶を得たことが、大きな慰めだったと信じたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字通りの「星を渡る神話」

2004/08/13 22:16

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 短編「アンギャールの宝物」がファンタジー世界とSF世界をかなり強引に縦断する衝撃的な物語だったのだが、それを冒頭に置いて起点として展開されたのがこの長編「ロカノンの世界」。
 この作品世界では地球を含む銀河系の多くの種族による連邦が形成されているが、超光速飛行の技術は実現されておらず、恒星間の行き来は亜光速(微光速?)飛行によって何年もかかってしまう。そのため宇宙船に乗り込む者は、相対性理論−いわゆるウラシマ効果によって、自分は歳をとらないが帰ってきた故郷では何十年もの歳月が過ぎていることになる。ただし通信と非生命体に関してのみ瞬間送信が可能というギャップがあり、その範囲での種族間の交流や科学技術の伝達が行われている。(あ〜長い)
 その結果として、本書のような前近代的な部族社会に、本来の世界とは細い線でのみ繋がっている文明人が迷い込むというこの力技が可能になった。
 つまりものすごく未知の世界の冒険行でありながら、単なるファンタジーでない人類社会への考察がにじみ出てしまうという設定なのだ。これはその後のル=グインの多くの作品でも、最近作「言の葉の樹」に至るまで通底している。そしてル=グインのもう一つの特徴は、世界を見るのが客観的な神の視点でなく、自分の過去の人生を振り返りつついるという個人の視点から外れない点で、理想論に走る上っ面だけの文明批評に陥らないでいられる理由だ。この点は実は日本の少女マンガに共通しているところではないかと思う。(だから萩尾望都や竹宮恵子のイラストが合うのかな)
 構成自体は細かい合理性よりも物語性が優先されて、素直におおーっと感嘆し、小船に揺られて空を渡るようなスリルを味わいながら楽しめる。これはもう、とことん語ってしまおうという作者の資質だろう。そこに上記のような設定を持ち込んだことが武器なのだ。そして主人公ロカノンが舞台の惑星に寄せる共感も、このテクノロジーが根拠となって生まれ得た。
 ただ社会性を一度包含してしまうと、例えば本作の書かれた1960年代の米国というものの限界は現れてしまう。一つにはこの連邦は戦争を抱えているのだが、主人公の行動の根底にあるこの戦争への無条件の肯定は現代の目からは無防備に思える。そうであれル=グインに対する知的なイメージが覆るものでなく、そしてその後幾十年、彼女が齢を重ねるとともに人間の肯定という指向はますます強くなっているように見える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/28 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/02 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/05 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/27 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。