サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まどさんのうた
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1989/10/08
  • 出版社: 童話屋
  • サイズ:16cm/155p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-924684-50-3

紙の本

まどさんのうた

著者 阪田 寛夫 (作)

まどさんに惚れてしまった阪田さんは、メモとペンを持ってまどさんを追いかけ回したそうです。まどさんのことなら、何でも聞きたい、みんな知りたい。追っかけですね。がまん強いまど...

もっと見る

まどさんのうた

1,350(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まどさんに惚れてしまった阪田さんは、メモとペンを持ってまどさんを追いかけ回したそうです。まどさんのことなら、何でも聞きたい、みんな知りたい。追っかけですね。がまん強いまどさんも、さすがに辟易したそぶりを見せるのですが、そんなことぐらいでへこたれる阪田さんではありません。そして、ついにまどさんのヒミツに辿り着いたのです。

たとえば「ぞうさん」の歌のこと。
...ぞうさんの子は、鼻がながいねと悪口を言われた時、しょげたり腹を立てたりする代わりに、一番好きな母さんも長いのよ、と誇りをもって答えた。だからこの歌は、ゾウに生まれてうれしいゾウの歌、と思われたがっているでしょう。...

歌が"そう思われたがっている"というまどさんの言葉もふしぎですが、そうか、と受けとめる阪田さんも、何か大きなことに気がついた人なのでしょう。

まど・みちおさんの詩の、いちばん深いところを聞き出して、そのヒミツを惜しげもなくぜんぶ書いてくださったのがこの一冊です。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心がまあるく、やさしくなるうた

2006/04/24 14:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まどさんの詩は誰でもが知っているだろう。
「ぞうさん」「くまさん」「アリくん」などを童謡として歌ったことがあるだろう。
ぞうさん
ぞうさん
ぞうさん
おはなが ながいのね
そうよ
かあさんも ながいのよ
ぞうさん
ぞうさん
だあれが すきなの
あのね
かあさんが すきなのよ
※さて、先にあげた「ぞうさん」の歌に深い意味があることをご存じだろうか?
作者のまどさんは「ぞうさん」の詩はたぶんこういう風に受け取ってもらいたがっているだろうと著者の阪田寛夫さんに言った。
「ぞうの子は、鼻が長いねと悪口を言われた時に、しょげたり腹を立てたりする代わりに、一番好きな母さんも長いのよと、誇りを持って答えた。それは、ぞうがぞうとして生かされていることが、すばらしいと思っているからです。だからこの歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌、と思われたがっているでしょう」と。
そこで阪田さんはこう考えた。「目の色が違っても、髪の色が違っても、みんな仲良くしよう。などとよく言われますけれども」と言うと、
まどさんは「私はそうではなくて、目の色が違うから、肌の色が違うから、すばらしい。違うから、仲良くしようというんです」と言ったという。
これを読むとまどさんの詩や童謡を一から読み直してみたくなるではないか。
まどさんがどんな考えをし、どう暮らしてきたかが見えてくる。
本書は詩人阪田寛夫がまどみちおの詩を読みながらまどさんの人柄や生き方をやわらかな言葉で綴ったものだ。
まどさんの詩は言葉をけずれるだけ削り、ひらがなの、かんたんなことばのあつまりだ。
リズムがここちよく、楽しく、読むほどに、口ずさむほどに、心がまあるく、やさしく、大きく、ひろく、なっていく。
まどさんはこの世界(宇宙)にあるすべてのものは「あるがまま」に存在し、「自分が自分であることの喜び」に満ちあふれている」と言う。
まどさんから見ると、ぞうさんもくまさんも、キリンもアリも、つけもののおもしや、空も木も、みんな「自分に生まれてきたこと」を喜んでいるのだ。
石ころも草も世の中にあるものはすべて同じ価値でそれぞれに尊く、存在に意味があると考えるのだ。
生きているって素晴らしくて嬉しくて何て尊いのだろう!
子供も大人もまどさんの詩を読み、口ずさみ、歌いながら、楽しく、やさしく、まあるい心になっていく。
平気で虫や動物を殺し、人でさえも殺してしまう忌まわしいニュースが流れる昨今、こうした詩に幼い頃より触れて育ったならと思わないではいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/15 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

詩歌 ランキング

詩歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。