サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1989.11
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430093-2
新書

紙の本

自由と国家 いま「憲法」のもつ意味 (岩波新書 新赤版)

著者 樋口 陽一 (著)

自由と国家 いま「憲法」のもつ意味 (岩波新書 新赤版)

税込 858 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「憲法」の基本価値を選び取る、ということ(字数制限クリアのため矢印以下から本文スタート^^)→著者は以下のような意見を紹介する。

2005/11/20 09:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

《戦後初期の改憲論の流れを総括する文書といえる、憲法調査会のなかの積極的改憲論者十七人による共同意見書『憲法改正の方向』(一九六三年)は、「(中略)個人本位の現行憲法の人権規定はいささか時代おくれの感があり、今日およびこれからの時代にはそぐわないものだといわざるをえない」と主張している。》
《「日本国憲法こそ戦後日本の諸悪の根元(岸信介)」》
であるなら、自民党の新憲法草案は明治憲法への先祖返りか、そこまではいかずとも、現憲法とは大きく異なったものになることが想定できた。
その話の前に「憲法タブー化論」について。
《第一に、そもそも「これまで憲法がタブー化されてきた」というのはほんとうか、ということがある》
説明は略すが、著者は「ほんとう」ではないとしている。
《第二は、「タブーへの挑戦」を掲げる改憲論者の主張こそ、実は、日本社会にタブーを復活させようとする動きと結びついている、ということである。そもそも「日本国憲法こそ諸悪の根元」といいきる自由こそ、ほかならぬ日本国憲法によってはじめて、日本社会で承認されたものとなったはずである。(中略)
およそ批判の自由にタブーを設けないことこそ、日本国憲法非難をするひとびと自身がみとめなければならない。日本国憲法の長所なのである。》
《第三に、本気でタブー批判の問題を出そうとするならば、それは、つぎのようなことでなければならないはずだ、ということである。
「タブーへの挑戦」とは、あらゆるものをいったん疑うということである。だが、ある「きまり」が疑いに耐えて維持されたとき、それはほんものの規範としてうけ入れられるのであって、タブー性を喪失したものがすべて自動的に規範でなくならなければならないのではない。インセンスト(近親相姦)・タブーの場合を、その例としてあげてよいだろう。ことがらの意味を問い直すことを禁じられたままあるルールに服するとき、それはタブーである。意味を問いなおしたうえであらためてそのルールに従うとき、それは規範としてうけ入れられることになる。》
その通りだと思う。
《あるルールのタブー性をはぎとったあと、その論者は、それをあらためて規範として基礎づけなおすのか、それとも反対に、そのルールそのものを否定してしまうのか。「タブーへの挑戦」をいう論者は、その問に対してどちらかの答えを示さないままでは、ルールを否定することはできない。彼は、日本国憲法についてのタブーを--いまそれがあるとして--とり払い、それを自由な議論の対象としたうえで、それを否定し去るのか、それとも、あらためて日本社会の根本にすえ直そうとするのか、主張者自身の責任をかけた内容的な価値判断を、示さなければならないはずである。》
「内容的な価値判断」を(結果として)示した自民党の新憲法草案だが、左翼の多くにとっては不満だろうが、私が右翼だとしたらもっと不満な内容だ。想定したものよりは、かなりの程度、現憲法の各条文を踏襲しているからである。
現憲法の基本理念は、さすがに覆せないようだ。
憲法を守ることについては。
《そのような見地からすると、本当に「憲法をまもる」ことをしようとする側にとってこそ、タブー批判は重要である。「人類普遍」のものとされている日本国憲法の基本原理であっても、それを頭から自明の理としてしまうのでなく、たえず「なぜ」という疑いに答えてゆく手順を通してその価値をたしかめつづけてゆくことが、大切である。
(中略)そういう「なぜ」をいつも問いかえしながら、憲法の基本価値をたえずあらためて選びとりつづけてゆくことが、「憲法をまもる」ということの中味にほかならぬはずである。》
第二章から、取り上げた。
一、三章はやや散漫(学者談義風)だし、四章もあっけなく終わるのは減点対象だが、今日でも通用する議論も含まれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/04 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/11 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/20 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/21 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/24 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/08 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。