サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/123p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-324341-2
文庫

紙の本

ヴェニスに死す 改版 (岩波文庫)

著者 トオマス・マン (作),実吉 捷郎 (訳)

ヴェニスに死す 改版 (岩波文庫)

税込 627 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

マンの快作

2019/03/26 01:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

休暇でヴェニスを訪れた作家アッシェンバッハ。そこで出会ったポーランド貴族の少年タジオ。アッシェンバッハは少年の美しさに心奪われる。精神的、ギリシャ的なあこがれ。老いた作家は少年の姿を追い求めるうちに命を差し出す。その最後の場面は比類ない。最高傑作と断定するほどこの作家を読んだわけではないが傑作であることは間違いない。それにヴィスコンティの映画も有名だとはいえ、やはりこの原作の方がはるかに良いと思う。名作の名訳。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古めの翻訳

2023/09/08 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴィスコンティによる映画があまりにも有名であるが、原作はこのようなものであったんだ、と再認識した。執筆に行き詰まっているドイツ人の小説家が主人公になっているところなど、作者トーマス・マン自身の私小説的な雰囲気もあるが、丁寧な心理描写が特長である。
名作映画の映像美が頭の中にあるせいか、やや古めの翻訳に引っかかりを感じるところがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繊細な心の機微への観察を経た描写の数々

2023/04/20 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マーブル - この投稿者のレビュー一覧を見る

同性愛。そして年齢差。禁じられた関係を描いた作品として、背徳的なイメージを抱きがちだが、読んでみるとプラトニックな感情の域は越えず、二人の間に一目を憚るような事件は何も起こらない。  直接相手を見ることができず、けれどその場を離れることもできない。恋である。 しかも奥手な少年少女が抱く、切ない片思いの恋。  誰が、誰に抱いた感情かを隠されて聞けば、そう誤解してしまう。  美しい少年に心奪われ、世界は違って見えてくる。もはや日常の常識も、平常の判断力も失ってしまう。繊細な心の機微への観察を経た描写の数々。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/21 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/05 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/30 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/21 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/06 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/30 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/08 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/20 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/15 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/02 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/08 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。