サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

くろねこかあさん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1990.1
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/23p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-1018-X
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

くろねこかあさん (幼児絵本シリーズ)

著者 東 君平 (さく)

くろねこかあさん (幼児絵本シリーズ)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

1940年1月9日は...

ジュンク堂

1940年1月9日は絵本作家・東君平さんのお誕生日。
1986年に亡くなられたときは早すぎる、とショックを受けたものです。

やさしくてかわいい絵、リズムをもって踊る言葉、東さんの絵本はどれも素敵です。
この『くろねこかあさん』は切り絵、しかも白と黒の2色だけなのですが、
愛らしいこねこ達、優しいかあさんねこ、何度も繰り返し読みたくなる絵本です。

【折々のHON 2011年1月9日の1冊】

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

作って、名付けて、命を与えること

2010/03/07 22:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

一枚の黒い紙をびりびりやぶいていたら生まれた変な動物に
「びりびり」という名前を付けて、命を与えた『びりびり』。

本書は同じく黒い紙から生まれた物語だ。

今度は最初から「くろねこ」と分かる生き物。

  くろねこかあさん あかちゃんうむよ

  どんな あかちゃん うまれるのかな

  どんな なきごえ してなくのかな

衝撃はこの最初のページを次に繰った瞬間に訪れる。

あかちゃんねこは6匹生まれる。

とってもシンプルなだけど、あっという方法で6匹生まれる。

ここには、「くろ」と「しろ」しかない。

なのに、とってもとっても豊かで、楽しい。

どっちが地でどっちが背景なのか。

どっちがへっこんでいてどっちがでっぱっているのか。

簡単な方法で絵が創られているのに、なんだか深いんだ。

「くろ」と「しろ」はどちらも特殊な色ではあるけれど、
地味でも冷たくもないのだのわかる。

案外温かいんだ。

言葉が絵に温かい命を与えている。

読みながら絵を眺めると、
もうみんなみんな、なでたくなってしまうんだ。

言葉にはリズムがある。

短い中に愛もある。

口に出して読みたくなるような感じ。

言葉からも絵からも、くろねこかあさんが、
あかちゃんねこを愛していることが伝わってくる。

きっと親子で読んだら、愛し愛されるという気持ちが
ふんわりとその場に広がるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白と黒の、この上なく愛らしい世界

2004/10/04 10:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミケ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 白黒で表現された、猫の親子。
シンプルながらも、切り絵ならではのアイデアで
見る者をぐーっと惹きつけます。

 黒猫かあさんのお腹から生まれた子猫は、白猫3匹と黒猫3匹。
黒猫かあさんのお腹から切り取られた黒猫3匹と
お母さんのお腹の上に抱っこされるように切り抜かれた白猫3匹は
そう、同じ形をしています。

お母さん猫のお腹にくっついて母さん猫になめてもらう白い子猫3匹と
もうさっきなめてもらって、満足そうな黒い子猫3匹。

スズメを狙う母さん猫の背中に怖々隠れ見ている白い子猫3匹と
母さん猫の横に並んで一緒に見ている黒い子猫3匹。

黒いお池に落ちて慌てる白い子猫3匹と、
急いでお母さんに知らせようと慌てる黒い子猫3匹。

とにかく、この6匹の子猫たちが次の何をするか目が離せません。

 装丁がいかにも赤ちゃんの本、といった感じなのですが
小学校3年生の息子に「読んであげようか」と言うと
一瞬だけ照れた顔をしたものの、本を開いたとたんに
パッと目が開いて、読み進めるにしたがってジリジリと
にじり寄ってきました。

 おかあさんとあかちゃん、という組み合わせは、幸せの象徴であり
まわりの人にも安心感を与えるのでしょうか。
読んでもらっている子どもたちもさることながら、読んでいる大人の方が
きっと癒される一冊だと思います。
 
 息子たちも小学校になったし、今更ねぇと、いままで買うのを
見送ってきた絵本ですが、やっぱり今更ながら買ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カラフルでないのが新鮮

2002/07/08 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のタイトルも作者名も黒い文字、そして中央に一匹の黒い猫。
白と黒だけの表紙が、色とりどりの絵本の中でひときわ目をひきます。
物語中も、最初から最後まで白と黒のみの色使い。

くろねこかあさん あかちゃんうんだ
しろねこさんびき おちちをのんだ
くろねこさんびき あそんでばかり

こんな調子で、ゴロよく物語は進んでゆきます。
ただ猫の親子の生活を描いているだけです。
けれど、とにかくほほえましい。
白3匹と黒3匹の子猫たちのイラストも、とびきりかわいい。
白い猫は、いつも黒猫かあさんの上にいたり、黒いお皿の上にいたり。
黒色の中に、切り絵のようにちょこんと並ぶ(切り絵でしょうか?)
読者対象は2才〜4才ということですが、もっと幅広く愛されるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白と黒のシンプルな絵本

2002/01/08 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「くろねこかあさん あかちゃんうむよ どんな あかちゃん うまれるのかな」
 リズミカルな詩が、読んでいると心地よく、白と黒の切り絵もかわいいです。のどかでほのぼのとした雰囲気の絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幼児絵本シリーズ(福音館書店)の紹介

2001/02/14 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:warabe21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私のお気に入りの絵本です。絵は多分切り抜きでしょう。
 くろねこかあさんに、こどもはしろねこさんびき、くろねこさんびき。
 しろねこは切り抜いた部分なので、ほとんどのページはシルエットだけです。
 ねこの表情、リズミカルな文章。どれも素敵だけど…、みんなそろってすやすや寝ているページがやっぱり一番好きです。親子で楽しめるので、ぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

際立つアイディア、ユーモア、あたたかさ

2001/02/06 20:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 くろねこかあさんがうんだ6匹のこねこ。しろねこ3匹、くろねこ3匹。3匹ずつちがう行動、だけどポーズはいつも同じなのはなぜ?きょうだいだから?
 切り抜いた絵だからこそできるアイディア。うまくできています。ユーモアあふれています。
 シンプル、だからこそなのでしょうか、このあたたかさ、かわいらしさ。際立っています。
ことばのリズムも楽しい、ほのぼのとする絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リズムがいい

2017/03/29 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポよく読み聞かせができる本です。
ただ白黒の絵はかわいいのですが子供の反応はいまいちで。
やっぱりカラフルなもののほうがいいのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くろねこかあさん

2016/04/13 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amber - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫好きな息子が好きかと思い購入したのですが、以外や以外、全く食いつかず・・・。読み聞かせの時の言葉回しも、少し言いづらい気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/26 01:46

投稿元:ブクログ

子どもの反応はいまいちでしたが、私は結構好きです。切り絵なのかな?白猫と黒猫が同じ形をしていることが気になってストーリーは頭に入ってきませんでした(笑)白と黒だけの世界を上手に使っていると思います。その結果なんだか白猫のほうが良い思いしてるんだよなぁ。

2008/06/03 01:41

投稿元:ブクログ

歌うような調子の絵本です。
そして絵がステキ。色は黒しか使ってないんです。
でも白黒は子供の反応は薄いかな?

2013/08/13 22:54

投稿元:ブクログ

 0歳から2歳くらい。2分

 東君平さんのシンプルな切り絵で構成された絵本。しろねこ3匹、くろねこ三びきとともに子どもたちがとても可愛らしいです。
 赤ちゃんに読み聞かせするのにちょうどいい感じで子どもたちもよく聞いてくれます。

2008/09/08 08:55

投稿元:ブクログ

これは、、、かわいぃ!!!


くろねこかあさんから生まれた、しろねこ3匹と、くろねこ3匹の、
あまりにもほのぼのしてる様子がほほえましい絵本です。


絵が白黒なので、こどもは好きじゃないかも??(まだ赤ちゃんなのでわかりませんが。。。)
私は大好きですがw

2010/07/03 15:15

投稿元:ブクログ

早世された童話作家、東君平さん。
学生の頃、新聞に連載されていた「おはよう童話」を読むのが週末の楽しみでした。
暖かみのある絵も文章も、御本人の人柄あふれていて大好き。

この本は切り絵で表現された、しろねことくろねこのこねこたちがツボ。
韻を踏んだ文章とちいさなオチがかわいらしく読み聞かせをすると子供達はケラケラと笑って喜びます。(もちろん読む時の抑揚のつけかたは大事ですよん)
白黒だけで表現されているにもかかわらず、ほんわりしていて心がまあるくなる読後感。
おすすめの一冊です。
参考サイトさんです→喫茶くんぺい童話館:http://www.docca.net/kunpei/

2012/08/31 08:39

投稿元:ブクログ

くろねこかあさんから子猫が産まれたよ。どんな子たちかなぁ。

黒3匹、白3匹の子猫とかあさんの日常。
白黒で対になってる感じが面白いし、文章がリズミカルなので楽しい気持ちで読める。ほっとする感じ。

2011/04/20 03:17

投稿元:ブクログ

うまいことつくってあるにゃ〜。

ちょうど切り絵にハマっているので
図案としても楽しめるのがいい♪

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む