サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1990/02/05
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 吉川英治歴史時代文庫
  • サイズ:15cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-196563-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

私本太平記 1 (吉川英治歴史時代文庫)

著者 吉川 英治 (著)

大作『新・平家物語』を完成した著者は、息つく暇もなく、南北朝を題材とする『私本太平記』の執筆にかかった。古代末期から中世へ――もはや王朝のみやびは影をひそめ、人間のどす黒...

もっと見る

私本太平記 1 (吉川英治歴史時代文庫)

税込 785 7pt

私本太平記(一)

税込 785 7pt

私本太平記(一)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.0MB
Android EPUB 7.0MB
Win EPUB 7.0MB
Mac EPUB 7.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大作『新・平家物語』を完成した著者は、息つく暇もなく、南北朝を題材とする『私本太平記』の執筆にかかった。古代末期から中世へ――もはや王朝のみやびは影をひそめ、人間のどす黒さがあらわに出てきた時代、しかも歴史的には空白の時代である。史林の闇に分け入るとき、若者は使命感と創作意欲の高まりを禁じえなかった。開巻第1、足利又太郎(尊氏)が颯爽と京に登場する。


この世の影なき魔物の正体を衝く意欲作――日本史上の空白期とされる南北朝時代、もはや王朝のみやびは影をひそめ、人間のドス黒さがあらわに出てきた時代――足利又太郎(後の尊氏)が颯爽と京に登場する。【商品解説】

目次

  • ■あしかが帖
  • 下天地蔵
  • 大きな御手
  • 時の若鷹
  • ばさら大名
  • 藤夜叉
  • あばれ川
  • 新田桜
  • 置 文
  • なべとかま

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

骨肉の争いの物語

2009/12/20 00:54

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白みそ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉幕府末期、将軍はすでにお飾りでしかなく、幕府の実質的支配者であった執権北条家もその実権を失い、北条家の一家臣に過ぎない内管領の長崎円喜・高資親子が専横を極める時代から物語は始まります。
一昔前に「権力の二重構造」などという言葉がはやりましたが、二重構造どころの話ではありません。権力の所在について、制度的建前と実態がこれほどまでにかけ離れてしまうと社会的混乱が起きるのは当然の話で、鎌倉幕府は崩壊の道をたどることになります。与党の幹事長に過ぎないO氏に権力が集中している現在の状況と似ていなくはありません。

物語の主人公は足利尊氏。この人は鎌倉幕府を倒すために共に戦った後醍醐帝とのちに袂を分かち室町幕府を作ったため、後々まで逆臣扱いをされていました。(そのせいで、京都で行われる時代祭の行列には、最近まで室町時代の行列がなかったくらいです。)
古典太平記でも当然逆臣扱いされています。
その足利尊氏の人間性を公平な立場から描こうとしたのがこの作品なのです。

文字通り血で血を洗う権力闘争が繰り広げられるのですが、尊氏はそんな状況に嫌気がさし途中で権力を弟に譲り出家したものの、権力闘争から完全に逃れることは許されず、結局は弟や実の子供とも対決しなければならない運命に立ち至ります。はっきりいってドロドロです。

室町幕府が安定期に入るのはこの物語の後の三代将軍の義満の頃です。題名とは異なり平和とは程遠い時代の骨肉の争いを描いたこの物語、平和を築く過程では多くの血が流されるものなのだということを暗示しているのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

足利高氏

2021/05/09 05:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あしかが帖、婆沙羅帖を収録。天皇両系図、足利・新田両氏略系図、北条氏略系図、注解、私本太平記の旅1を掲載。北条氏のよる圧政が極まる時、足利の遺言が高氏を突き動かす。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだまだ序章。

2015/09/18 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉川英治が最晩年に手がけた長編・太平記。皇国史観の時代に育った彼が、三大悪人に数えられていたほどの足利尊氏を主人公に持ってきたのはさすがである。まあ第二次大戦に負けて皇国史観が否定された時期だったこともあるのだろうが・・・
この巻はまだまだ序章という感じで鎌倉幕府打倒の戦争も始まっていないくらいである。当然戦闘シーンも少ないが、しかし二巻以降につながる重要な伏線がいくつもあるので飛ばさずに読んで欲しい。尊氏も恋愛したり悪友ができたり結婚したりと青春していて親近感が湧く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外に知らない、鎌倉幕府滅亡から南北朝時代。ここもしっかり押さえましょう。

2001/02/22 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:torikata - この投稿者のレビュー一覧を見る

 楠正成と足利尊氏。「ライバル同士」と思われていますが、同盟軍として戦っていたこともあるのです。後醍醐天皇って隠岐の島に流刑になったんですが、見事に「島抜け」して、京の都に返り咲いたんです。知ってました?
 歴史物といえばどうしても戦国時代が中心(わたしも大好き)なんですが、鎌倉〜南北朝〜室町ってとこも大動乱の時代で、今日の味方は明日の敵って感じで日本全国戦争に次ぐ戦争。歴史ファンならずとも、日本人の「常識」として、この時代を押さえておくためには、「太平記」読まねばならないか、と(でも最近の「歴史の常識」の水準はかなり低いような気もしますが…)。
 吉川英治の文体は、慣れるまで多少「もっちゃり」した感じもありますが、慣れると古文漢文のようなリズムがあって波に乗って読み進めます。つい「いずれにおわせしや?」とか口を突いて出てきそうになったりして。時代物、戦記物ファンには、是非お薦め。文庫で8巻ありますが、読み応え十分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相性もあるしね。

2001/10/24 10:26

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 相性の問題もあると思うのだが、吉川英治はいまいちだと思います。何がいいたいのかいまいち理解できないし、やたら無意味に文語体だったり、言葉の使い回しが古くさかったりでどうにも読みづらいです。しかも、話が要点のまわりの「それって大事なの?」というところばかりをぐるぐるぐるぐるしててなかなか進まないし、一言でいえばだるい本です。読んでると眠くなります。しかし、個人的な評価ですので、実際には大河ドラマの原作でもあり、有名な作家でもあるので読んでみる価値はあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/01 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/26 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/04 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/02 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/08 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/21 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/26 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 06:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。