サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-222102-0
文庫

紙の本

いまを生きる (新潮文庫)

著者 N・H・クラインバウム (著),白石 朗 (訳)

いまを生きる (新潮文庫)

税込 565 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

超格差社会アメリカのエリート学校とは

2011/05/01 23:27

11人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやあ、たまげた。まさかとは思っていたが、アメリカの超が付く金持ちが子弟をゆだねるエリート学校とはどんなものか、これを読めばだいたい想像がつく。一学年の人数はおおむね50人、いや30人程度か。狭い教会のような講堂に全校生徒が入っちゃうんだから6学年で200人弱というのが正しい規模かもしれない。当然のことながら全寮制。卒業生の7割がアイビーリーグに進学するというのだから恐れ入る。校舎は古く築後100年以上はたっているだろ。広大な敷地。おそらく30万坪くらいはあろうか。キャンパスに静かに流れる川があり、そこでボート部がボートの練習をし、意味もなく大きな湖があって、そこにはガンだのカモだのが大量に飛来してくる。こんだけの敷地を維持し、大量の教員を1学年40人で支えようとすれば、卒業生から莫大な寄付を募っても、おそらく年間400万円はかかるだろう。これはどうみても貧乏人や庶民には手の届かない教育である。そうだ。そうなのだ。アングロサクソンやフランス、スイス、スペインなど欧州の主要国では教育とは格差を是正するものではなく、格差を増幅し、固定化する装置として位置づけられている。江戸時代の藩校をイメージすればわかりやすい。武士の子供を武士らしく育てるのが藩校の目的だとすれば、欧米のエリート学校は金持ちの子どもを金持ちの後継ぎに仕立て上げるのがその目的であって、貧乏人を社会の上層へと引き上げることなんか基本的に考えていない。この根本を無視して議論をするから日本の教育論議は常に迷走する。日本では人材を社会のあらゆる階層からあまねく選抜し、すくい上げてはエリート階層に引き上げるのが目的だから、教育コストは出来るだけ安くすまそうとする。本当のエリート教育をしようと思えば、教育にはおそろしくコストがかかるはずだが、そうすると貧乏人を排除することになるから、それはしない。コストを低く抑えようとすれば、授業はマスプロになる。日本ではどんなエリート校でもクラスは50人が基本だ(灘も、桜蔭も、筑波大附属もクラスは50人)。本書を読むと、しかし、そうはいっても、エリート教育の根本は学校の授業ではなく、それは友人関係を通じて行われるということが分かる。特に全寮制で24時間共同で生活することではぐくまれる友人のネットワークは強固である。いずれ劣らぬ大金持ちの息子で、頭脳も優秀。それが社会に出て各方面で活躍すると、この高校時代のネットワークが生きてくる。いつの時代、どこの国でも教育の根本は友人関係であり、教師が行う授業なんて刺身のツマ程度でしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロビン・ウィリアムズ

2021/03/01 20:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い時に読んで、とても衝撃を受けた本です。机の上に立つシーンは今でも忘れられません。後に映画の主演、ロビン・ウィリアムズが自殺してしまったこともとてもショックでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国語教師に魅了されていく生徒たち

2002/07/26 15:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画で、すごく有名なこの話。本で読んでみた。すごく人間的なキーディング先生とその生徒たちの話。一風変わった国語教師のキーディング先生に子供たちは徐々に魅了され、その生徒たちがそれぞれに成長していくという話。
 改めて読んでみても、こういった学園ドラマはこころあたたまるものである

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/02 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/10 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/28 03:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/03 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/18 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/25 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/30 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/26 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/11 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。