サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小惑星美術館
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 一般
  • 発行年月:1990.5
  • 出版社: パロル舎
  • サイズ:20cm/286p
  • 利用対象:中学生 一般
  • ISBN:4-89419-022-2
  • 国内送料無料

紙の本

小惑星美術館 (貘の図書館)

著者 寮 美千子 (著),小林 敏也 (画)

小惑星美術館 (貘の図書館)

1,512(税込)

ポイント :14pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「地球に守られている」ということに感謝の心を

2005/11/28 22:55

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 何度読んでも淋しい気持ちになり、とめどなくなく涙があふれてくる。けれども、最後にはほんのり温かな気持ちをくれる物語です。だから、淋しくなり泣くはめになることが分かっていても最後に訪れるあのじんわりとした温かさを感じたくて何度も読み返してしまうのかもしれません。
 12歳の少年ユーリは、遠足の朝、オートバイにはねられて広場の”銀河盤”に衝突する。気が付くとそこは、風景も友達もそっくりだけど自分が知っている地球とは異なった世界だった。その世界の「掟」として「小惑星美術館」へ行くことになったユーリがそこで見たものは——。
 「小惑星美術館」とはいったいどんな所なのか? なぜ12歳の子供たちはそこに行かなければならないのか? 好奇心にかられる謎だらけで前半はとにかくドキドキワクワクで、先が気になって仕方ありませんでした。でも、この世界の謎、訴えかけるものが何かが見えてきた途端、今度は逆にまるで尻込みをするように先を読むのが怖くなりました。いつしかワクワクな気持ちは完全に消え去り、ドキドキな気持ちだけが残るなか、やがて見えてきたものは誰もが漠然と感じているだろう未来の世界の姿。悲しいような切ないような気持ちがどっと押し寄せてきて涙が止まらなくなりました。
 この物語は、地球の声が聞こえなくなった私たち人類への警告なのでしょう。 人間が今の生活を続けていく限り地球はどんどん傷ついていきます。分かっているのに一度起こった流れはなかなか変えられるものではありません。それでも、一刻も早く私たちはいつの間にか忘れてしまったものを取り戻さなければならないのです。地球が夢を見るのをやめてしまう前に。
「地球を守る」ということよりも先に、「地球に守られている」ということを知り感謝する心を持つことの大切さを教えてくれた本書。地球に住む多くの人の手に渡って欲しいと願わずにいられません。今ならきっとまだ間に合うから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/09 02:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/15 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/07 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む