サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 国語入試問題必勝法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国語入試問題必勝法(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-184774-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

国語入試問題必勝法 (講談社文庫)

著者 清水 義範 (著)

国語入試問題必勝法 (講談社文庫)

529(税込)

国語入試問題必勝法

432(税込)

国語入試問題必勝法

ポイント :4pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

猿蟹合戦とは何か 5-30
国語入試問題必勝法 31-58
時代食堂の特別料理 59-100

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

だからこれは小説なんだってばさぁ

2002/07/14 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KON太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 言わずもがなの清水義範の代表作である本書は、「吉川英治文学新人賞」を受賞した作品でもある。いわゆる短編集で、「国語入試問題必勝法」は7編ある作品のうちのひとつである。その「国語〜」については、ほかの書評を読んでもらうことにして、ここでは、他の6つの短編を紹介しよう。

「猿蟹合戦とは何か」は、軽妙洒脱の文章でとりこにさせてくれる丸谷才一氏の「忠臣藏とは何か」のパロディである。独特の「さういふものぢゃないだらうか…」というような古い文体なのにとても柔らか味のある文章は、誰でもすぐに真似したくなるものだが、清水氏はこの文体で猿蟹合戦を見事に説いてしまうところがすごい。

「時代食堂の特別料理」は、心にじんわりくるハートフルストーリー。裏道を入った人気のない通りにたたずむ一軒の古びた「時代食堂」。そこで出される特別料理は、その昔ながらの味とともに食べた人のかつての記憶をよみがえらせて、懐かしいあの頃の気分にさせてくれる不思議なものだった。

「靄の中の終章」は、ボケ老人が主人公の恐ろしくもやるせない話。自分が奇妙な行動をとっていることに気づかない老人は、最終的には意識が混濁して薄暗いもやの中で終焉を迎える…。

「ブガロンチョのルノワール風マルケロ酒煮」は、ミニ情報満載の料理の作り方(レシピ)の小説。愉快におしゃべりしているうちに、おいしそうな料理が出来上がっていく料理番組のようなもので、一度作ってみたくなるほどだ。しかし、材料は架空の珍品ばかりだから、食材屋さんに行って「ブガロンチョをください」と言うと恥をかくことになる。

「いわゆるひとつのトータル的長嶋節」は、エッセイ風の長嶋茂雄論。解説者としての長嶋の言動を他の解説者との対比で際立たせる。また、もしも長嶋茂雄が学校の先生だったら、ワイドショーのコメンテーターだったら、と空想して、彼が言いそうなことが書いてあるからおもしろい。

「人間の風景」は、4人の老人が書いた素人のリレー小説を、作家のはしくれが読んでいるという設定の小説である。元八百屋の青木さんは書くのに困り、元警察官の佐藤さんは供述調書風になってしまい、元新聞記者の新美さんはやっぱり新聞記事のようになってしまう。これぞ、パスティーシュ(文体模倣)小説家の真価発揮というところだ。

 そんなバラエティ豊かな作品たち。清水義範の入門編に最適である。そして、どれもこれも小説なんだってことをどうぞお忘れなく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

塾講師もうふふ

2002/04/29 11:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ufufu - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学受験直後、塾講師、家庭教師のバイトを続けていた時代に、この本を買いました。もちろん、こんなユーモラスなパスティーシュとはつゆ知らず。
しかし、塾講師としても「出題者はなにを考えているのか」という問題を見続け、「こんなもん、国語力とはまったく関係がない、ただの推理じゃん」と考えていたわたしは、この作品を読んで大笑いしました。
まさに、全国の国語講師の気持ちを代弁してくれている!
受験でどうしてもわからなかったら、ここに書かれている法則を使っても、いけるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入試には使えません

2016/09/13 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のあとがきにも書いてありますが、この本は受験用の参考書ではありません。小説です。受験生の皆さんは『受験・参考書コーナー』に置いてある本を買いましょう。
表題作「国語入試問題必勝法」をはじめ「猿蟹合戦とは何か」「人間の風景」など笑える短編小説集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気持ちよく騙されたい。

2002/08/22 11:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:椿  - この投稿者のレビュー一覧を見る

ユーモアの一言、それだけでは片付けられない。清水義範のイジワるさがここに詰まっている。
短編集の中でも最も『やられた』と想わされたのは『プガロンチョのマルケロ酒煮ルノワール風』。さも美味しそうな食材を利用し、豪快に料理をつくってゆく著者。さぁ出来た、レシピは詳しく乗っている、早速私も作ってみよう、というところで我に返らされる。

騙された、と。

巧妙な文体に騙される快感を、皆さんにも是非味わって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生かえちゃった本

2002/07/10 14:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りゅうこむつみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は高校時代一応国語の成績だけはよかった。だからかは知らないが、国語の先生というのは受け持ってもらっていなくても仲がよかった。そんな一人の先生に、この本をイキナリ渡された。
「おもしろいから」
 ただそれだけ。
 私は表題作を読んで「ううむ」と唸った。
 それまで実はそんなに本を読んでいなかったのに、こんなに本って面白いんだ! と実感した。
 国語の先生が何故国語の得意な私に貸してくれたのか? それは国語の教師としてなのか? 国語得意と自負している私への戒めなのか?
 私のように学生で「国語なんてへっちゃらさー」なんて思っているそこのあなた、目から鱗ですよ!

 それを聞く前に先生は転任してしまった。
 先生、いったいどーゆー意味だったんですか?
 いまだに、聞きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一度試してみたくなる!?

2001/11/25 00:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 できる人には簡単で、苦手な人には問題を読むことさえ苦痛な国語の文章問題。浅香一郎も後者のタイプ。答えどころか問題すらも理解できずに苦しむ彼につけられた家庭教師は、問題を読まなくても正解を導き出すことができる“とっておきの法則”を教えてくれた…。
 国語のエキスパートである月岡が自信たっぷりに教える出題の“ルール”に笑わされ、話のオチ——浅香の手紙にまた笑う。一見もっともらしい“必勝法”、もしも私が受験生だったら出題された問題をじっくり眺め回していたに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公の気持ちを十字以内で要約せよ

2001/01/31 17:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本はタイトルから本当の国語の入試問題集の棚に並べられたらしい。しかしもちろんこの本もパロディである。私が読んだのが大学受験の時で、まさしく国語の問題に対し不満を持っていた時期だったので、おもしろかった。
 国語の問題というのは文法以外はがいしてはっきりとした答えをもたないのがふつうで、主人公の気持ちや話の主題などというものは読者自身にゆだねられるべきだと思う。それを abc の選択式で答えろという方が傲慢だ。
 私が一番おもしろかったのは、1ページ以上にわたりある女性の半生を書いて、最後に「主人公の今の気持ちを十字以内で要約せよ」とあるところだ。その答えにも納得できた。そうだよ、それしかないよ、と思った。ぜひご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/01 23:15

投稿元:ブクログ

これ、高校生の時に買ったような・・・。国語の興味が高かったのでつい買った記憶があります。・・・そして今は国語の教員。
実際に「そうそう」っていう部分があるからおもしろい。お勧め。

2005/04/25 00:56

投稿元:ブクログ

吉川英治文学新人賞受賞作。

思ひ返してみると、私が清水義範の名前を知つたのは、ずゐぶん昔に書店でこの本を見掛けた時だつたと思ふ。

當時は購入して讀んでみたいとまでは思はなかつたのだが、確かずゐぶん評判になつてゐたと記憶してゐる。

あれから10數年、たうとうこの本を讀んだ。
期待に違はぬ名作である。
特に標題作は、國語教育の現状を笑ひのめしつつも、その底には日本語への愛情が感じられて秀逸。
數學など他の教科同樣、國語の試驗にも確かにテクニックは存在する。
私も浪人中に某S豫備校でそのテクニックを傳授して貰つたが、それは標題作に書かれてゐるテクニックに通ずるものがあつた。
馬鹿馬鹿しいことでも必要があれば學ばなくてはならない哀しさ。

2004年9月22日讀了

2008/03/17 12:04

投稿元:ブクログ

これを参考にしてもいいでけど参考書ではないです。消えかかった蛍光灯と痴呆症の話はすごく面白いというか、現実味を帯びてます。

2006/05/26 23:35

投稿元:ブクログ

センター試験の国語で、「何でこれが正解なんや!」と憤慨したのも今はいい思い出。
奇問悪問に悩まされたのももう4年前。

それを良いように料理して嘲笑するような話が表題作。
国語(現代文)が大嫌いな生徒に、家庭教師が必勝法を教えるストーリー。

もちろんその方法はいい加減。
でも、確かにこれでも間違いではない!
内容が完全に受験戦争の諷刺になっているので、大学受験経験者なら思わず顔がにやついてしまうのでは。
「10行以上にわたる文章を読んで、主人公の心情を5字にまとめよ」という問題の解答はお見事!!

大学受験だけでなく、高校受験でも定期テストでも、「国語の試験」を受けたことのある人なら、たぶんわかってもらえると思う。

他の作品は、僕にはいまいちピンと来なかったり、あまり気にならなかったりいろいろ。
表題作のインパクトありすぎて。

2013/03/30 10:16

投稿元:ブクログ

この本を買ったのは大学受験の年。見事、題名に騙されました(笑)  「パスティーシュ(Pastiche)とは特定の作家の文体を模倣する文学技法、および特定作品に属するキャラクターや世界観、設定を他の作品に使用した作品を指す。パロディの一形式。」 分かりやすく言うと「パクリ」になるのかもしれません。ですが著者は「決してその、悪ふざけではなく、むしろ憧れの人であるからこそ真似をした」とあとがきで述べています。「そこに笑いが生まれればアリ」と思っている僕には楽しい限り。真似をされた方々は、心中複雑だろう、とは思いますが……(笑)

2009/08/16 01:22

投稿元:ブクログ

バイト先の人に有無を言わさない感じで突然貸された。
なかなか面白いんです。
こういう切り口ってよろしいです。

2009/07/02 22:11

投稿元:ブクログ

参考書じゃありません。
表題作は国語の入試問題をおちょくったコメディ。
本気で批判してやろうというような印象はなく、軽く皮肉っている程度なので気楽に読めて好きです。ていうか笑えます。
表題作以外では、この作者は老人の描写がリアルだなぁと思った。

2009/05/03 19:00

投稿元:ブクログ

高校三年生のとき、その当時の国語の先生に

「大学入試の小論文対策にいい参考書教えてください」

と相談したときに薦められた本

その当時も思ったけど…

せんせい…

すごい遠回りすぎる…

文章の書き方の参考にしてという意味…?

ただ単に自分の好みの押し付け…?

でもおもしろくて気に入ってしまった

笑いがシュールだ…

受験勉強の息抜きになったかもしれないけど

真剣に相談したのに…

参考書おしえろよぉ