サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

方舟さくら丸(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990.10
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-112122-2
文庫

紙の本

方舟さくら丸 (新潮文庫)

著者 安部 公房 (著)

方舟さくら丸 (新潮文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (19件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いまはもういない安部公房

2002/07/16 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

安部公房が亡くなってもう何年たつだろう。名前だけしか知らない作家の一人だった。「文学」という感じの難解さを抱えた人物のように思っていた。
死んでしまえばもう二度と新しいお話は生まれてこない。となると、いつ読んでもいいのだが、ふと思い立って読んでみた。

これはある四人の男女の物語。読み始めてみると全然難解ではなかった。どちらかというと冒険物語だった。文章の表現のあちこちに安部公房という作家の才能が数多くちりばめられていて、さすがという感動を覚えた。
単なる冒険物語に終わっていない、それでいて難解すぎない。私は安部公房への認識を改めた。ほかの物語にもぜひ挑戦したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

方舟さくら丸

2001/10/08 01:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんぱん - この投稿者のレビュー一覧を見る

地下の核シェルターで繰り広げられる人間劇。しかし、読んでみればいつもの安部公房の作品と何ら変わっていない。核兵器に閉じ込められた人間に変わった登場人物。あえていうのなら、核シェルターがなんの役割も果たさずに作品が終ったところに寓話的な意味があるのか? 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生き延びるためには不要な想像力

2008/07/05 13:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

人が生きていくには、明日の朝も変わらず日が昇り、また一日が続くことが約束されているのが前提だった。人生とは繰り返される日々に同義であり、世界の無限がそこにあるから、自分自身の有限を認めることができた。それがある時、世界には宗教における黙示録のような、核による破滅の可能性が現実となって立ち現れた。20世紀人の精神は、それまでの人類とはまったく絶縁したものになった。
その絶望を表す言葉というのもまた、人類は持ち得ていない。ただ幾つかの物語と、核シェルターという強固な物体の質感だけが、破壊の生々しさを伝えてくれる。刻まれるのは未来の断絶の区切り線よりも、失われるべき日々の記録であることが相応しいだろう。この主人公は、その日々を生き延びるための方舟の建設と、乗船する仲間を選ぶことで、新しい世界への恭順と、残される人類に対する裏切りの物語を紡ぐ。モグラとも豚とも呼ばれる男にとっては、社会への復讐の物語になるはずだったのだが、現実は間違いなく彼の思いの速度を追い越し、彼に永遠の道化として喜劇を演じることしか許さない。対決の機会すらも与えられなかった彼には、敗北さえ手にできない。打ち捨てられた地底の炭坑跡の彼方に、裏切りの印とともにするすると消えていってしまう。
方舟が彼を裏切ったのだとすれば、勝利を、裏切りの甘い汁を吸えたのは誰だったろうか。方舟乗っ取った狡猾な人々にとっては、日常の延長にある以上の恩寵を受け取る感性は無い。方舟が漕ぎ出すこの「核の時代」は、所詮は勝者のいない、荒涼の世界であるのか。
核の時代に、さらにテロリズム、環境破壊と、多層の絶望が折り重なっているのが現代だ。核というものが何か突然変異のように現れた災厄ではなく、人類が必然に生み出す恐怖の尖兵に過ぎなかったことを、この物語全編を覆う不安は予言していたかもしれない。物語の前にも後にも、先の見えない無為の日々を送り続ける主人公、それに方舟の建設、争奪に関わるのは、テキ屋の男女、老人の奉仕隊、不良少年グループなど、こうした人々だけが破滅の足音を感じ取って追いつめられていくことも、また時代を象徴しているだろう。大量の死を巡る小さな争いが、誰にも知られぬ地の底で密かに進行していることも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/24 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/25 07:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/02 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/08 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/03 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/20 03:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/15 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/01 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/19 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/28 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。