サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴドーを待ちながら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990.10
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-03496-6
  • 国内送料無料

紙の本

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

著者 サミュエル・ベケット (著),安堂 信也 (訳),高橋 康也 (訳)

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ベケットの戯曲

2000/11/24 09:26

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tori__ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「戯曲が不思議なところはなにか『読みづらい』と人に思わせるところで……」と始まる文(出版ダイジェスト・白水社の本棚・「戯曲の読み方」宮沢章夫)を眺めていました。「『資本論』よりも『千のプラトー』よりも……『断じて戯曲』が誰もが読むのに苦労すると答える」と続きます。『千のプラトー』より──というのが私にとっては驚きでした。
 ベケットは、アイルランド生まれ、1906-1989、劇作家、小説家。ノーベル賞受賞、主な作品『ゴドーを待ちながら』他、です。
 ベスト・オブ・ベケット3『しあわせな日々/芝居』所収の全三巻へのあとがきに訳者は、ベケットは欧米ではけっこうお客を呼べる劇作家でもあること、日本では、前衛、難解、陰々滅々、自閉、エリート主義、と敬遠されることが多いこと、とか書いています。
 前衛、難解……ということとつまらないということはまた別です。不前衛、不難解……且つおもしろいという組み合わせもあるように、且つつまらないという組み合わせもあります。前衛、難解……で且つつまらないという組み合わせも可能だし、且つ面白いという組み合わせもあり得ます。
「……ときどき……呻いたらどうかしらっていう考え……身をよじるってことは彼女にはできなかったので……まるでほんとうに……苦しくてしかたがないみたいに……でもできなかった……どうしてもだめだった……彼女の性格にどこか欠点があるのか……」──こんな改行のない、「口」がしゃべる台詞が延々と約15分続くという「わたしじゃない」(ベスト・オブ・ベケット2所収)などは、ページを開いて字面を目にすると、ああ前衛、ああ難解……と思われます。
 『消尽したもの』(ドゥルーズ、ベケット)は薄めの本ですが、ベケットのテレビ放送用シナリオが4本収録されています。それはドゥルーズのエッセーと同じように読みづらいといえます。「13 カットして、Cにもどり、椅子、カセット、ためらって立ちつくすF、ドアの近距離ショット。五秒」(幽霊トリオ)──こういう形式に慣れていないとほとんど何も読みとれません。
 ベスト・オブ・ベケットに収録された作品は形式的に取っつき悪くはありません。前衛、難解……による面白さを持つ作品──でなければ味わえない面白さがあります。
 先入見をのぞけば、ベケットの戯曲は面白い読みものでさくさく時間もたっていきます。
 『ゴドーを待ちながら』第2幕のはじまりのヴラジーミルの歌う歌、
犬が一匹、腸詰めを/パクリとひとつやったので/肉屋は大匙ふりあげた/あわれな犬はこまぎれに//それを見ていたほかの犬せっせ、せっせと、墓づくり……/白木づくりの十字架に目につくようにこう書いた//犬が一匹、腸詰めを/(……以下繰り返し、途中ト書き入る)
 たとえば、それを延々と思い描いて聞き続けることを想像する時間は面白い時間ではないでしょうか。
ヴラジーミル おかげで時間がたった。
エストラゴン そうでなくったってたつさ、時間は。
ヴラジーミル ああ、だが、もっとゆっくりな。
 (ゴドーを待っているあいだ、ポッツォとラッキーが現れて去っていった後のふたりの会話。)
 ベケットは、前衛、難解……なイメージがあります。このイメージは面白さへのとっつきを悪くするという悪さをしますが、反面、前衛、難解……なイメージは一般的に本棚の飾りとしては喜ばれるところもありますので、お部屋のインテリアとしてこのイメージはこれはこれでとっておくというのもいいかもしれないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

舞台袖の暗闇のなか、役者たちは待ちつづけている

2003/12/20 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 暗闇のなか、かすかに流れる客入れの音楽。
 役者たちは、待っている。何を? 何かを。

「ときには、わたしも、それがとにかくやってくると思う。すると、なんだか、まるでこう妙な気分になる。なんと言ったもんか? ほっとして、同時にこう……慄然として」(ヴラジーミル)

 筋書き。作り物の。拵え物の。そんなもの待ってやしない。
 でも、仕方がない。世界はそんなもの。だから、生きてる。

エストラゴン そいじゃあ、両方の意見が違う、それだけのことじゃないか。
ヴラジーミル 四人ともいっしょにいたんだぜ。一人だけが、泥棒一人は救われたと言う。他の三人より、そいつを信じなけりゃならんのはなぜだ?
エストラゴン 信じるって、誰が信じてるんだ?
ヴラジーミル そりゃ誰もかれもさ、その筋書きしか伝わってないんだ。
エストラゴン 世の中のやつはみんなばかさ。

 永劫回帰。
 否定肯定。

エストラゴン 悪くないな。いい眺めだ。さあ、もう行こう。
ヴラジーミル だめだよ?
エストラゴン なぜさ?
ヴラジーミル ゴドーを待つんだ。
エストラゴン ああそうか。

 時は唯、過ぎ去る。
 川の流れのように。

ヴラジーミル おかげで時間がたった。
エストラゴン そうでなくたってたつさ、時間は。
ヴラジーミル ああ、だが、もっとゆっくりな。

 変わりたいのか変わりたくないのか。
 変われないのか変わりたくないのか。

「そうかもしれない。変われないのはおれたちだけだ」(エストラゴン)

 幻。
 光。

「ゴドーさんが、今晩は来られないけれど、あしたは必ず行くからって言うようにって」(男の子)

 キリストとは救世主。
 救世主は十字架の上。

「おれは、一生、自分をキリストといっしょにしてきたんだよ」(エストラゴン)

 死と再生のカーニヴァルは終り、沈黙の世界が訪れる。
 考えること、耳を澄ますこと。やがてそれすらも消滅。

エストラゴン 為を思ったら、おれを殺すよりしかたがない、そうだろ、ほかのやつと同じだ。
ヴラジーミル ほかのって、どの? え、どのだ?
エストラゴン 何十億のほかのやつらさ。
ヴラジーミル 人おのおの小さき十字架を背負いか。つつましくて、だが、行きつく先は。
エストラゴン まあ、それまで、興奮しないでしゃべることにしよう。黙ることはできないんだからな、おれたちは。
ヴラジーミル ほんとだ、きりがないな、わたしたちは。
エストラゴン それというのも、考えないためだ。
ヴラジーミル いつも言いわけはあるわけだ。
エストラゴン 聞かないためだ。
ヴラジーミル いつも道理はあるわけだ。

 暗闇のなか、役者たちは、いつまでも、唯、待っている。
 あらゆる全てを失った空っぽの言葉が、風に舞っている。

エストラゴン おれは、このままじゃとてもやっていけない。
ヴラジーミル 口ではみんなそう言うさ。
エストラゴン 別れることにしたら? そのほうがいいかもしれない。
ヴラジーミル それより、あした首をつろう。ゴドーが来れば別だが。
エストラゴン もしきたら?
ヴラジーミル わたしたちは救われる。


「ええとどこだ? ええとだれだ? ええといつだ? 訊きっこなし。おれ、と言え、おれ。信じっこなし。そういうのは、質問、仮説、とかいう。先へ進め、進みつづけろ、そういうのを進むっていうのか、そういうのをつづけるっていうのか。ひょっとしてある日、よしよし先へ進んでる、ある日ふと、おれはただ単になかにいたのかもしれん、どこのなかにだ、昔のように外に出る代わり、外に出て昼も夜もできるだけ遠くで過ごす代わりに、遠くといってもそんなに遠くなかったぞ。ひょっとしてそんなふうにはじまったのかもしれん」(S.B 「名づけえぬもの」)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/12 03:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/08 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/27 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/11 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/12 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/18 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/21 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む