サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1990.12
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:30cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-03-327440-9
絵本

ちいさいタネ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

エリック・カールの絵本 Aセット 12巻セット

  • 税込価格:19,030173pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちいさいタネのたくましさ

2006/09/15 21:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 秋風に乗って、おおぜいの仲間と一緒に旅に出た小さいタネの冒険物語です。このタネが本当に小さくて、他のタネたちの五分の一か六分の一というサイズなのですが、なかなかたくましいのです。ページをめくるたびに、「あ、ここにいる」と、探すまでもなく目に飛び込んできます。小さいから仲間についていくのは大変だけど、小さいからこそ、時にはちゃっかり有利であったりするタネ。
 ともに旅立った仲間の多くが、途中で力つきました。なんとか地面に根をはっても様々な困難が襲いました。主人公であるちいさいタネは命を全うできたけれど、そうでない仲間の方が多いということを考えると、改めて花開くことの大変さと尊さを感じます。
 物語の最後のページは、再び最初のページへと戻るように、どこまでも続く命の流れを感じました。それが、気どらず飾らない文章や、力強い構図によってグングン迫ってきます。おすましさんでないのが、エリック・カール作品の良いところ、読んでいるとおおらかな気持ちになってきました。

 「あざやかな色彩と大胆な構図」とは彼の作品を評してしばしば用いられる言葉ですが、鮮やかは派手と同義語ではなく、大胆な構図は無計画さと同義語ではないと、思わせてくれるのがエリック・カールの作品です。彼は、自分で彩色した薄紙をカッターナイフで切って、それを貼り合わせて、いわゆるコラージュで絵を作るそうですが、じっくり見れば見るほど、面白くなってきます。あの有名な「はらぺこ あおむし」のあおむし君も、あんなに単純な体なのに、飽きることがありません。
 「ちいさいタネ」の表紙はバーンと一輪の花が咲いているだけの構図なのですが、力強く人をひきつけます。花びら一枚一枚が少しずつ違った色あいや模様になっていて、それを見ていると、色紙や包装紙を集めて、ワクワクしながら整理した子どもの頃を思い出しました。自分でもコラージュをやってみたくなりました。下が透けて見えるくらいの薄紙というところがポイントですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タネの一年

2016/03/26 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タネが飛び立ってからの1年間のお話。
タネもたいへんですね。
たくさん飛んでいくタネもみんながみんな大きくなれるわけではない…。
この花って何の花?と子供が言っていました。私も知らないわ(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エリックカール作の絵本を紹介します。

2001/02/13 12:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:warabe21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 秋に風にはこばれて飛び散った花の種たち。その中でも特別「ちいさいタネ」となかまのタネたちの、花を咲かせるまでの長い旅のお話です。

 最初は、たくさんのタネといっしょでしたが、太陽に焼かれたり、氷の山や海の上、砂漠に落ちてしまったり…。やっと地面に無事に落ちてもまだまだタネたちには、試練が続きます。

 花が咲く頃には、ちいさいタネはひとりぼっちになってしまいます。でも、ちいさいタネは、大きく大きく育つことが出来ました。屋根よりも大きい花は、迫力いっぱい!

 そして、また秋。花のあたまから、タネたちがいっせいに風に乗って旅立っていきます。「ちいさいタネ」を主人公に、花の一年をわかりやすく読むことができる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちいさいタネとめぐる人生

2015/10/01 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぱんだ74 - この投稿者のレビュー一覧を見る

エリック・カールの独特な色彩をコラージュでまとめた絵本。ちいさいタネの行く末を見守りながら、人生の歩み方について考えさせられました。タネは大きければいいでもなく、高く舞えばいいでもなく、早く成長すればいいでもなく・・・小さいながらも、確実に安全に、周りに左右されることなく生きていけば、いつの日にか大きな花を咲かせることができるように感じました。流れに身を任せ、流れに逆らわずにいけば、自然に運も味方につけなりたい姿になれるのだろうか。大人だからこそ考えさせられる面がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

花たちもがんばって生きているのだと実感します

2002/07/15 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

花のタネたちが、風にとばされて、旅をするお話です。
花のタネたちの中でも、特別ちいさいタネ。このちいさいタネが主人公です。
花のタネの旅はきびしいです。
太陽に焼かれたり、氷の山に落ちていったり、海の波にのまれたり……。
けれど、ちいさいタネはヘトヘトになりながらも、なんとか無事に大地におります。
そして、ちいさな芽をだします。

花のタネにも、こんなに危険いっぱいの旅があるなんて。それをお話にするなんて、とてもすてきです。
エリックさんの鮮やかな絵も、ページをめくるたび目に飛び込んできて、ひとつひとつのシーンを焼きつけていきます。

ふだん、なにげなく目にしている野原や公園に咲く野生の花たち。
その花たちも、こんなふうにタネが旅してきた結果、りっぱに咲いているんだなあ、と想像するようになるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/27 05:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/11 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/19 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/18 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/28 03:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/05 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/03 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 02:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。