サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. アンの娘リラ 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンの娘リラ 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1989
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/471p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-211310-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンの娘リラ 改版 (新潮文庫 赤毛のアン)

著者 モンゴメリ (著),村岡 花子 (訳)

アンの娘リラ 改版 (新潮文庫 赤毛のアン)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/05/25 00:09

投稿元:ブクログ

アンの子供たちがもう大人になっていた。この本のメインは題名の通り末っ子のリラ。上の5人に比べると勉強があんまり好きじゃなくて自由で、人間味が溢れる子。リラの気持ちを通してグレン村でのできごと、カナダでのできごと、世界でのできごとを見てみると、いろんなものが胸に突き刺さる感じがした。リラは人を深く愛するから、すごく優しい気持ちを知っている。でもその反面、すごく寂しい思いをしたりもする。リラが寂しさを乗り越えて前向きになるところは、素直に魅かれた。なんて強いんだろうと思った。戦争系の話は苦手だけど、読んでよかったと思った。アンシリーズはこれで終わりだけど、まだまだ続きが読みたいって思った。モンゴメリすごい。

2005/09/20 20:20

投稿元:ブクログ

赤毛のアンシリーズは子供の頃アンが結婚するくらいまでは読みましたが、最終巻のこれを読んだのはそれからかなり経ってでした。
これは末っ子のリラが主人公になってます。んでもって、ろまんちっく主体だった赤毛のアンシリーズが、第一次世界大戦によって一気に現実味を帯びてきて読みやすくなっております。
忠犬ハチ公みたいのも出てきますよ?

2012/08/12 08:25

投稿元:ブクログ

古い翻訳だけれども、自分は村岡花子訳でなければ「アンの娘リラ」を読めない。
これほど翻訳者を意識して外国文学読むことはまずないだろう。村岡訳は「リラの時代」を訳しとっているのだと思う。

2007/01/08 14:25

投稿元:ブクログ

アンの末娘のリラが主人公の物語です。家族や周りの大人にかわいがられて育ったリラはちょっぴり我が儘でした。しかし15歳の誕生日を迎えてから環境ががらりとかわります。第一次世界大戦により、リラの幸せな生活も壊れていくのです。悲しみの中、次々と最愛の人を戦場に送り出すアンとリラとスーザン。その中でリラは聡明に生き抜き、人生の苦しみと本当の喜びを知っていきます。どこまでも楽観的なスーザンや忠犬マンディの行動には何度も涙し、励まされました。
リラのロマンスも織り交ぜられた素晴らしい作品です。

2011/04/06 18:55

投稿元:ブクログ

≪内容覚書≫
戦争の暗く重い時代を生きるアンのこどもたち。
話の中心はアンの末娘リラ。
末っ子らしく、気が強く多少わがままに育ったリラだったが、
義務を知り、愛を知り、大人の女性へと成長していく。

≪感想≫
明るく楽しい今までのシリーズとは、少し違う一冊。
戦争の影響を大きく感じる。
それでも悲喜交々であるのが人生。
リラの成長していく姿は、アンが成長していく姿以上に、ひきつけられる。
物語では描かれることはなかったが、その後の彼らの幸せを願いたくなる。

おもしろいのは自分の年齢とともにお気に入りの一冊がかわっていくところ。
アンとともに成長していく自分を感じられるすてきなシリーズ。
長い時間をかけて何度も繰り返し楽しんでもらいたい作品。

2007/02/26 02:34

投稿元:ブクログ

赤毛のアンのシリーズはどれも好きなのですが、代表して最初と最後を。
アンの家族は、理想です。
戦争という悲痛な出来事により、全てが輝いては終われないですが、溢れんばかりの希望はあります。

2016/04/09 22:16

投稿元:ブクログ

戦争に進んで行く中、家族が戦場へ自ら向かう事で、女性陣や年配者が日々怯えながら日常を生きていかなければならず、いつ終わるかわからない苦痛がほぼ一冊分記されています。正直戦争が始まって、みんなが戦地に行くとなったとき、ほぼ死んでしまうだろうと考えていたので、登場人物たちの死亡者が最小限で驚き、でも覚悟して読んでいたので少しほっとしました。しかしそれ以外は多くの犠牲を払っているので複雑ですし、リラにとっては最大級の打撃だったことでしょう。マンデイのシーンが痛々しく、先生もリラもアンもスーザンもそれぞれ強いと思いますが、4年はいつまでも終わらない日々だったろうと感じました。改めて戦争になると、行く人だけでなく行かない人たちもすべてが辛く苦しく、何一ついいことのない無駄なことであり、たとえそれによって何か未来につながるものが開発されたとしても、今辛い思いをするくらいならちょっとくらい進歩が遅れたとしても絶対に戦が起きない未来を選択したいです。最後は涙腺に来るので外では読めないです。

2011/10/04 22:17

投稿元:ブクログ

赤毛のアンシリーズ。アンの末娘リラはアンと違って、容姿端麗、勉学は二の次。これといってやりたいことはないけれど、パーティーは楽しみ!というお嬢さん。父親のギルバートには「野辺の百合」と心配されている。しかしそんな彼女は、母アンよりもずっとハードな青春を送る事になる。
大戦勃発。家族や初恋の人は戦争に行き、自分には孤児の世話という大きな試練が与えられる。やったことのないこと、やりたくないことを何とかこなさなければいけないのに、楽しい集まりはない、お洒落なドレスも買えない。繊細な兄に対する風当たりなど、周囲は深刻だけれども、そこから彼女の明るさ、賢さ、芯の強さが生まれてくる。それが説教くさくない(終盤近く、映画館のシーンは思わず微笑んでしまう)。
ラスト、予想通りのハッピーエンドが待っているが、ここは幸せな予定調和に浸った方がこのシリーズらしくて良い。

2014/05/25 20:58

投稿元:ブクログ

アン達の生活が戦争によって大きく変わってしまいました。ウォルターがせつなくて、マンディやブルースといった純粋な心からくる愛情の数々に暗い背景の作品なのに、心が温まりました。

2013/07/07 13:54

投稿元:ブクログ

原題を直訳すれば「炉辺荘のリラ」。「赤毛のアン」の末娘リラの物語だけれど、彼女の青春が母親の青春と違うのは、リラの日常を戦争が覆い尽くしたということです。1914年6月、ヨーロッパの片隅で起きた暗殺事件を契機に戦火は瞬く間に欧州を席巻し、その波はカナダの片田舎にまで押し寄せます。男たちが次々に戦場へと向かう中、ごく普通の、少し見栄っ張りで頑固な少女にすぎなかったリラが、さまざまな人々との出会いや別れを経験しながら、1人の女性として成長していく姿を描く銃後の物語。

2013/04/29 14:09

投稿元:ブクログ

アンのシリーズの中でももっとも好きなのが、この最終巻。
アンの少女時代より現代的で、戦争という辛い時代を強く生きる末娘のリラがたくましく描かれてます。
アンの子供たちの中でも私はウォルターがお気に入り。
この子が一番アンに似ているように思えます。

2015/03/13 20:53

投稿元:ブクログ

アンや子供たちが第一次世界大戦の中、どう生きたか。カナダは戦争に行くのが強制ではなくて、息子三人が戦争に行かなかった家庭も言及されている。みんな悩んだんだろうな。