サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

墨攻
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.3
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-375103-7
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

墨攻

著者 酒見 賢一 (著)

【中島敦記念賞】【「TRC MARC」の商品解説】

墨攻

996(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/06/17 19:24

投稿元:ブクログ

映画の番宣で墨子の教えに興味を持って、読んでみました。 ◆
短い小説ですが、なかなか濃かったです。

兼愛と非攻。 ◆
大国が小国に攻め入るならば、墨家の戦士が科学技術と独自の兵法を伴ってそれを助けに行く・・ ◆
しかしその手段は血なまぐさく、兼愛との矛盾もみられる ◆
なかなか興味深いです。

2007/10/06 03:34

投稿元:ブクログ

中国の春秋時代の墨家を題材にした歴史小説。
これで墨子にハマって色々関連書籍読ませられました。短くて読みやすい作品です。

2014/01/01 14:55

投稿元:ブクログ

2014年!
ブクログも利用しはじめて
6年目?になるんだな〜
すごいな〜

「後宮小説」しか読んだことなかった酒見さんの小説
おもしろいにちがいない!
と思ったらすごい面白かったよ〜うわ〜

墨攻って10年くらい前?そんな前じゃないかな
映画であったような気がする
これが原作なのかな

墨子っていう愛を説く戦闘集団(なんかすごい)の話

おもしろい〜〜!

中国の昔の話だいすきみたい

みんな読んで読んでー!(^∇^)

2012/09/15 09:01

投稿元:ブクログ

プロローグにあたる、「1」の前の文章と「1」のつながりが素晴らしい。いかにも中国古典らしい、理をもって戦を止める逸話にその結末。そしてそこから主題へ。
主題は革離(かくり)という墨者がある辺境の城を守るお話。こちらの結末もまたいい。最後に筆者が語るその後の墨者についての推測も「ほうほう」と梟のような相槌をうちながら拝聴。

ちょっと話がそれるけど、子どもの頃に富本一枝/藤城清治「お母さんが読んで聞かせるお話」で(中国の戦国時代の故事再話?)口をきかない他国の使者とその国の知恵者が謎かけのようなやりとりで戦を止める話を読んでずっと心に残っていたが、このお話の冒頭を読んでそれを思い出した。小さい頃に色々な国のお話を読めたのはありがたいことだったなーと今にして思う。

2013/10/20 14:49

投稿元:ブクログ

天神さんの古本まつり@大阪天満宮で入手。というより、補充のために購入。200円。20年前に持っていたものは、誰かに貸して戻ってこない。短い話だが、城の防衛戦のおもしろさがぎっしりつまっている。南伸坊さんの挿し絵がかわいいが、話にぴったり合っている。攻城兵器、防御兵器も描いて欲しかったな。この「墨攻」も「陋巷に在り」も、絶版重版未定状態のようなのがとても残念だ。

2014/06/19 12:38

投稿元:ブクログ

ちょっとシンプル過ぎかな。映画版やコミック版のように、梁城内庶民の心の動きや敵将との駆け引きなども描いてほしかった。