サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛するということ 新訳版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 252件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.3
  • 出版社: 紀伊国屋書店
  • サイズ:20cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-314-00558-0

紙の本

愛するということ 新訳版

著者 エーリッヒ・フロム (著),鈴木 晶 (訳)

愛するということ 新訳版

税込 1,388 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

愛とは・「落ちる」ものではなく、...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

愛とは

・「落ちる」ものではなく、「みずから踏み込む」ものである。

・与えられるものではなく、与えるものである。

・愛を生む力であり、愛せないということは愛を生むことができない。


心にグッサグサに突き刺さりまくる言葉の数々。


泣けました。

人文担当 松田

みんなのレビュー252件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

愛は技術である

2020/05/03 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛は自然に発生するものだと思っていたので、技術であるという考えにまず驚いた。しかし、愛ほど多くの人が経験しているのにこれほど失敗談の多いものもない気がする。それはやはりフロムの考えるように愛する技術を習得していないからではないか。

本書はまず愛とは何か、愛にはどんな種類があるのかなど愛の理論から入り、次にその修練について述べている。愛という問題にここまで論理だてて向き合ったことはなかったのでとても新鮮で勉強になった。

自分の役に立たない者を愛するときにはじめて、愛は開花する。という言葉が特に印象的だった。愛してくれるから愛する、何かを自分に与えてくれるから愛するというのは未熟な愛であり、そんなもの抜きに愛する人の成長と幸福を積極的に求めることが本当の愛なのだ。

相手を信じ、また自分を愛し、同時に他のすべての人を愛すること。習練については具体的に何をするかなど細かいことは書かれていないが、そんな大切なことを胸にとめてそうあろうとするだけで生き方が変わると思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代社会と愛

2016/01/17 21:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:般若泡とネクトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、倫・社の教科書で名前・著書名を詰め込んだ、フロイトといった先人達が、どの様な歴史的要請で、自説を説き、また、時の流れとともにそれがどの様に色あせていったかも、記されており、そういった思想の進化も興味深く理解する事ができた。
 本書は、記されてから世紀をまたぎ、現代社会も急速に変化はしているものの、本書が色あせる程の社会変化は、まだ起きていないと個人的には考える。
 私の”愛する事”に対する理解は、”愛するものを慈しみ、大切にする事”という程度のレベルであったが、前世期初頭にドイツに生まれ、閉塞の時代を経験して第2次大戦前に資本主義の本元であるアメリカに移り、1970年代まで、東海岸等の大学にて精神分析での教鞭をとっていた著者の、能動的・主体的に生きる事で与える事ができ、また得られる愛とは何かという体系的な主張は、ロジカルで普遍的なものである様に感じられた。
 資本主義社会にどっぷり浸って生きている私にとって、社会の発展と環境制約や、資源・エネルギー制約との関係性に思いを巡らす事はあれど、社会の発展と愛に深く思いを巡らす事は、これまでなかった。
 本書は、現代社会に生きる我々は、どの様に善く生きるべきかに関する示唆あるいはそれについて考える機会を与えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レビュー

2015/12/27 15:36

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:a - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ人は愛する対象ばかりにこだわって方法を学ばないのかという疑問の投げかけから本編は始まります。
根拠の乏しい主張や決め付けなどがありましたが、そのあたりはフロム氏の主張に自分で答えを考えをアセンブリして理性を高めることができ満足です。
この本に書かれていることが全て間違ってないとはいえないので手放しではお勧めできませんが、読んでみるのは間違ってないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/09 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/25 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/25 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/29 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/09 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/02 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/10 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/02 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/10 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/19 06:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します西洋哲学 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。