サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラッセル幸福論(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-336493-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラッセル幸福論 (岩波文庫)

著者 ラッセル (著),安藤 貞雄 (訳)

ラッセル幸福論 (岩波文庫)

907(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

幸福な人

2005/12/15 05:47

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、幸福である。従って、何故、今、このように幸福なのであろうか?という疑問は、常にぶちあたる。幸福論は世に3冊発行されている。ヒルティ、アラン、そして、本書、バートランド・ラッセルである。ヒルティは、宗教的・道徳的観念から幸福を追求した。アランは、文学的・哲学的に幸福を追求した。それに対して、ラッセルは、現実的問題を取り上げる事に依り、万人に分かり易く、実際の生活の参考になるように実例を挙げながら、幸福を説いている。私は、これで全ての幸福論を読破したことになるが、全ての幸福の意味が理解出来、特にヒルティのそれなどは、聖書以上の書物と思え、読み終えた後、涙が出そうになったほどである。
ラッセルの幸福論は、非常に分かりやすい二部構成となっている。まず、「不幸」な人の姿勢、考え方を取り上げ、何故人は、不幸を感じるか?を解説する。その後、「幸福」な人の姿勢、考え方を取り上げ、幸福を感じる生き方、考え方は何かを説く。私は、この「不幸」そして「幸福」をいずれも実生活の中で体験しているので、非常に良く分かった。
「不幸」な人の姿勢は、こうである。
1.幸福は、望ましいものであると、自ら実感出来ない。
2.教育は、以前は、多分に楽しむ能力を訓練することと考えられていたが、幸福を感じられない人は、自分は、楽しんではダメだと、自己暗示を掛けている。
3.単調な生活に耐える能力は、幼年時代に獲得されるべきものだが、近年の親は、過剰に子供に刺激を与え、その能力の獲得を阻害している。
4.自分は、充分得ているのに、他人と比較し、ねたみの感情から、自分は、充分に得ていないと考える。
5.陶酔を幸福と勘違いする。どんな種類であれ、陶酔を必要とするような幸福は、いんちきで不満足なものだ。
6.世評を異常に気にする。
「幸福」な人の姿勢は、こうである。
1.何でも興味を持つこと。イチゴが好きな人は、きらいな人の知らない快楽を知っている。
2.人間、疲れれば疲れるほど、外部への興味が薄れていく。そして外部への興味が薄れるにつれて、そうした興味から得られる息抜きがなくなり、ますます疲れることになる。この悪循環を絶つこと。
3.人事を尽くして天命を待つという姿勢がとれること。
4.客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人。
私自身が考える「幸福論」とは、自らの深層心理に素直に答え、ストレートに それを具現化出来ることである。深層心理の具現化を妨げる要因は、多々ある。常識、世間体等、私は、これを「心の中の無意識の壁」と呼ぶ。この壁を突き破り、自分の深層心理と真摯に立ち向かえるようななった時、人は、真の幸福を得ることができるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/28 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/06 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/08 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/19 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/11 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/08 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/23 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/08 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/31 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/28 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/27 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む