サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 永遠のジャック&ベティ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

永遠のジャック&ベティ(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-184984-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

永遠のジャック&ベティ (講談社文庫)

著者 清水 義範 (著)

永遠のジャック&ベティ (講談社文庫)

504(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

永遠のジャック&ベティ 5-28
ワープロ爺さん 29-36
冴子 37-72

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

これは机ですか。はいそうです。

2001/01/31 16:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 清水義範を人に勧められて初めて手に取ったのがこの一冊だった。一気にファンになり、かなり他の本も読んだが、これが一番好きだ。
 特に表題にある「永遠のジャック&ベティ」は最高だ。これは昔英語の教科書にでてきたジャックが、大人になったベティと偶然町で出会うという短編だ。二人の会話は「これは机ですか。」「あれはイスですか。」の域をでないため、うまく意志疎通ができない。何とかがんばるジャックだが…。
 今の英語の教科書は会話中心になっていて、このころのものとは全然ちがう。「これは机ですか」のようなばかげた質問はない。しかし今20代後半くらいの人ならかなりこれは笑えるはずだ。
 他の話もおもしろく、平均点の高い作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/08 21:34

投稿元:ブクログ

くだらない内容の作品ばかりの短編集。表題作である『ジャック&ぺティ』と『四畳半料理の拘泥』は個人的に気に入ったが、他はくだらないだけだった。おすすめはしない。

2006/02/02 11:56

投稿元:ブクログ

清水義範や星新一にはまる時期が、人生に一度はありますよね。「国語入試問題必勝法」から入って、このジャック&ベティはもう大爆笑でした。何も考えたくないときにいいです。好き。

2008/03/17 12:03

投稿元:ブクログ

英語の教科書のモデルだったジャックペティが数十年後に再会。とたんにおなじみの会話表現しかできなくなってしまい、しかも分かれてからのお互いの生活は明るいものではなく…

2006/04/19 07:09

投稿元:ブクログ

文庫本は、まず手に取るまでそのおもしろさは分かるまい。義務教育を終えた人なら楽しめる、でも多分会話重視の英語教育を受けた若者には作者の意図がさっぱり分からないはずの、抱腹絶倒なんちゃって英語の勉強教材。
この本を読むにあたり、もちろん英語が分かる必要など全くない。読んだから英語力がつくことも全くない。

2006/11/12 07:52

投稿元:ブクログ

今度読んでみようと思う。
英語教科書でおなじみのジャックとベティが50歳で再会したとき、いかなる会話が交されたか?珍無類の苦い爆笑、知的きわまるバカバカしさで全く新しい小説の楽しみを創りあげた奇才の粒ぞろいの短篇集。(出版社の内容紹介より)

2008/06/11 16:30

投稿元:ブクログ

英語の教科書でおなじみのちぐはぐな会話が、いやに現実的で世知辛い内容になって帰ってきた!
という表題作も好きだが、個人的には「インパクトの瞬間」がいい。
其処彼処に溢れている変なキャッチコピーや難しい薬品名などを「よくわかんないけど、なんかすごいね」で割り切ってしまう人々の適当ぶりに焦点を当てている。皮肉を交えて笑ってしまえ。

2009/01/08 15:46

投稿元:ブクログ

清水義範の真骨頂とでもいうべき、あまりにも具体的かつ、リアリティのない妄想がつまった短編集。特に表題作の『永遠のジャック&ベティ』は、ごくごく短いページ数ながら、立ち上がれなくなるほどの破壊力があります。代表作である『蕎麦ときしめん』は名古屋人に関する妄想なので、めちゃくちゃ面白いんだけど、そんなに名古屋を知らない人にとってはそこまで笑えないという欠点がある。だけどこの『ジャック&ベティ』は中学校で英語を勉強してきた人なら、絶対に誰でも楽しむことができる内容です。むしろ中学校の教室で、みんなで回し読みしていたときが一番笑えたのかもしれません。

2009/09/28 01:14

投稿元:ブクログ

初めて知ったときはもう笑いが止まらず大変でした
清水義範の本は数多く出ていますが法螺本が最強だと思います。

2013/03/03 18:52

投稿元:ブクログ

私が最初に読んだ清水義範さんの本。
短編集ですが、やっぱりこの表題作が好き!腹抱えて笑いました。
中学英語の教科書の登場人物ジャックとベティが、40年後に出会ったら…?というお話。

2008/04/30 17:46

投稿元:ブクログ

清水義範の天才っぷりがここにも発揮されています。
幅の広さもピカいち。何か読むものに困ったらこういう短編集に当たると良いでしょう。

2008/05/10 19:49

投稿元:ブクログ

清水義範氏はパスティーシュの作家と呼ばれます。
そもそもパスティーシュというジャンル自体が清水氏のために作られたようなもんです。
単なるパロディや模倣の領域を越えたシミジング・ワールド(私の作った言葉です)が、パスティーシュです。

たぶん有名なのは、『蕎麦ときしめん』『国語入試問題必勝法』でしょうが、私は、この『永遠のジャック&ベティ』が大好きです。

この短編集の中でも最も好みなのが「インパクトの瞬間」。
”ジンクピリチオン効果”には、吹き出してしまいました。
”遠赤焙煎珈琲”、”コクがあるのにキレがある”、ああ、聞き流していた言葉がなんと新鮮で不思議な言葉に変貌するのか。

公の場(例えば電車の中)でこれを読んではいけません。
頬が引きつるくらいではすみません。絶対大笑いせずにはいられませんので。

だから、インパクトの瞬間、ヘッドは回ってしまうのです。

2011/07/31 21:22

投稿元:ブクログ

2011.07.30
最初の三編で大爆笑。腹痛い。他は集中力が持たず、かつ文体が苦手であまり読めなかった。二十年以上前に書かれたものとはびっくり。

2014/09/12 10:49

投稿元:ブクログ

すごい笑った。小説(と、言えるかどうか)読んで、こんなに笑ったのは久しぶり。

図書館の裏の裏にあったので、すごい匂いで、表題作と「インパクトの瞬間」しか読めなかったけれど、お洒落でちょっとエッチな文章。村上春樹にも少し通じる、頭の良さそうな文章。
どちらも10分もかからないので、ぜひ、笑ってほしい〜。

2010/02/24 06:35

投稿元:ブクログ

ネタ勝負!な話。
英語の教科書に出てくるジャックとベティが40年後に再会したら・・・?
という設定で展開するこの話。
なんか教科書の時の癖で、「あなたはベティですか?」「はい、私はベティです」みたいな口調でしか話せないという(笑)。
そんな調子なので会話につまり、「これは窓です」「これは床です」と言い合ってる所が笑える。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む