サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リトル・トリー
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:1991.11
  • 出版社: めるくまーる
  • サイズ:20cm/354p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-8397-0064-8

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (18件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悲しみと怒りがあふれてくる

2002/02/10 01:38

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

 リトル・トリー(ちいさな木)は、作者のインディアンネーム。チェロキー族の血を引く彼は、幼いころに父母に死に別れ祖父母に育てられます。祖父母のチェロキーの生き方を受け継いでゆくリトル・トリーの回想録。

 私は、「モヒカン族の最後」や「アメリカインディアンの教え」「ナバホの歌」などでネイティヴアメリカンの行き方に共感していましたが、祖父母が孫を前にして、教える言葉、行動そのものが感動を起こしました。それは、チェロキーのおきてに基づいていて、自然がすべてであって人はその一部に過ぎず、自然の恵みに感謝して生きるということなのです。
 アメリカ合衆国の悲惨な政策のひとつにインディアンの強制移住があり、チェロキーの人々も、不毛な地域に移住させられる途中で何万人もの人が死んでいきました。その中でも誇りを失わず、涙を流さず生きた人たちの姿は、そのままリトル・トリーの祖父母の中に現われていました。

 ガラガラヘビに襲われたリトル・トリーを、自分の腕を犠牲にして助ける祖父。毒の回った祖父を必死で助ける祖母の姿にジーンときました。
 行商人のワインさんの「わしの家族はな、みんな大きな川のずーっとむこうにおる。みんなといっしょにいられるようにするには、たった一つしか方法がないんじゃ。毎晩決まった時間にろうそくをともす。こうすると、みんなの思いはひとつじゃからどんなに離れていてもいっしょにいられるんじゃ」。この言葉に、家族と離れたことのない自分の甘え、いつでも誰とでも通信ができる自分への怒りを感じました。ワインさんのこころの豊かさも感じました。ワインさんは、自分が死ぬ時ろうそくを家族とはなれているウィロー・ジョンへ渡そうとしました。人の悲しみを感じることのできる人、それがチェロキーの人なのです。
 リトル・トリーが法律という冷徹な手段で孤児院へ入れられてしまうときも、祖父母は冷静です。「どんなところにいても夕方になったら天狼星(ドッグスター)を見なさい」と祖母の言った言葉は、ワインさんのろうそくとおなじことなのでした。孤児院で、院長に偏見と差別の目で見られたリトル・トリーは「体の心(ボディ・マインド)を眠らせ、霊の心(スピリット・マインド)で苦痛を耐える」ことを教えてもらっていたので、体罰の痛みに耐えぬきます。そして、ドッグスターのおかげでおじいちゃんに再会できるのです。
 なつかしい我が家へ、でもそこには優しい人々との別れが待っていました。たった一人で死んでゆくウィロー・ジョン。おじいちゃんにおばあちゃん。それぞれの死は誇りに満ちていて幼いリトル・トリーに生きる力を与えてくれたのでした。「今生も悪くなかったよ、リトル・トリー。次に生まれてくる時はもっといいじゃろ。また会おうな」。「リトル・トリー、風の音を聞いたら、木々を感じるようにわたしたちを感じてちょうだい。おまえが来る日を私は待っています。次に生まれるときはもっとよくなっているでしょう」。

 日本人がかつて持っていた輪廻転生の考え、忘れてしまった耐える心、人の痛みを感じる心、そういうことを教えてくれました。冬の夜空に輝くおおいぬ座のシリウス、わたしの大好きな星が天狼星(ドッグスター)でした。
Yanのホームページへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

保存用に購入

2001/12/26 14:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かもめじょうろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 図書館で借りて読みました。読み終えたとき、「これは、自分の手元に置いておかなくてはいけない本だ」と感じ、今から購入します。子供の頃読んだら、夢中で読んだかもしれない。しかし、このように心を動かされる事はなかったと思う。山や森やそこに暮す動物とともに生活するインディアンの考え方が、文明社会で生きる自分になにかを問いかけてきた。これが人間の本当の生き方かもしれない。とすると、「やばいなあ私」と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人でも泣けます

2001/08/29 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Romi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おばあちゃんはやさしく、おじいちゃんはリトル・トリーを大人の男として扱った。木や山や川や犬達から、強さも、秩序も学んでいくリトル・トリーの成長と愛情の物語です。ふと涙を流した時、自分もおじいちゃんとおばあちゃんを愛している事に気が付きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/13 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/22 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/26 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 03:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/30 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/20 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/03 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/25 03:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/15 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/06 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。