サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 184件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/130p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-200301-0
文庫

紙の本

ジーキル博士とハイド氏 改版 (新潮文庫)

著者 スティーヴンソン (著),田中 西二郎 (訳)

ジーキル博士とハイド氏 改版 (新潮文庫)

税込 315 2pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー184件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

理性VS悪徳

2011/01/27 21:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BH惺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルとおおまかな内容は漠然と知っていましたが、きちんと読んでみると、自分が思っていた部分と若干相違がありました。
 まず、ジーキルからハイドに変身する時って、薬品が用いられていたんですね。知りませんでした。どちらかの意志で簡単に変身できるものだとばかり思っていたので。
 その薬品が容易に調達出来た頃までは善と悪、二人の入れ替えはスムーズに行われていたけれど、それが次第に困難になるにしたがってジーキル博士の精神の均衡は崩壊してゆく……それはすなわち、悪の権化であるハイドの力が強力になり、人格が彼に乗っ取られてゆくことを示唆している。

 話の展開としてはジーキル博士の長年の親友である弁護士・アタスン視点で語られているところがとても巧いなと。何も知らない第三者の印象として語られるジーキル博士の不可解な行動、ハイドの不気味で謎めいた素性、著名人の殺人事件など。少しばかりミステリー仕立てとなっていて一気に小説世界に引きこまれ、飽きずに読み進めることが出来た。

 このハイドというキャラクターが負の魅力全開。まさに悪の権化といった感じで、読んでいて本当に嫌悪感を抱かせる。それがまた巧い具合に仁徳者ジーギルとのコントラストとなっていて、人間ならきっと誰もが持っている裡に秘めた善と悪の二面性を非常に分かりやすく具現化している。

 善良なジーキルが次第にハイドに乗っ取られてゆく恐怖。何度悔い改めようと自戒しても悪への誘惑を抑制することが出来ない苦悩。それらジーキルの心情が訥々と語られた最終章「ジーキルの詳細な陳述書」が秀逸。
 前半部で語られたジーキルとハイドの不可解な行動の謎が一気に明かされてゆく展開が一気に読ませます。
 人格者であったジーキルの実は強烈な悪への憧れと欲求の吐露。その結果、自ら望んで生み出したハイドの暴走によって自己を乗っ取られるという恐怖と苦悩が読んでいてやるせない。
 唯一人格制御可能であった薬品が入手不可能と知るや、落胆しつつも必死にそれを求めるジーキルの姿はあたかも現代の麻薬中毒者のよう。

 ハイドに飲み込まれ悪徳の道へ進むか、それとも最後の理性を振り絞ってハイドを死へと導くか。それはジーキルの自殺に他ならないのだけれども。一体ジーキルとハイド、どちらの意志がより強固でどちらの人格が打ち勝つのか?
 結果は早々にあっけなくわかってしまうのだけど、沈痛なジーキルの独白ともいえる最終章を読むことによって、さらに感動が増すことは必至です。

BIBLIO HOLICより

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二重人格。

2002/07/31 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジーキル博士とハイド氏 。紳士と凶暴な男が、実は同一人物であった。多重人格は通常、本来の人格が眠っている間に別の人格が現れるので、本来の人格は他の人格が何をしているのか分からないのだという。だが、ジーキル博士はハイド氏に変身しても、ハイド氏が行った悪行を覚えている。ハイド氏にならぬよう苦悩するジーキル博士……。
 小説は進化するものである。名作でも時が経てば稚拙となってしまい、いささか期待はずれな思いをすることはあるだろう。しかし、この作品が書かれた意義は大きい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古き良き「お話」の持つパワー

2002/02/12 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 難を言えば少し古臭いし、テーマの割に分量が少なすぎて食い足りない感じがする。それに、心の中の善と悪の葛藤も表面的で、フロイトなどを読んでいる現代人にとっては稚拙な印象を受ける。しかし、読者を小説の中に引き込ませるパワーというか、作者の「さあ、いまから誰も読んだことのないような不思議なお話を聞かせてやろう」という純真なエネルギーのようなものが感じられて、とてもすがすがしい。これは今のソフィスティケートされた小説に一番欠けているものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/08 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/30 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/13 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/27 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/02 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/08 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/21 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/07 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/30 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/18 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/13 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/10 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。