サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タウ・ゼロ(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1992.2
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-63805-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

タウ・ゼロ (創元SF文庫)

著者 ポール・アンダースン (著),浅倉 久志 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第24回)】【「TRC MARC」の商品解説】

タウ・ゼロ (創元SF文庫)

1,015(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

いまだに感じられる新鮮さ疾走するイメージの鮮烈さ

2001/06/22 01:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆたやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 暴走するスターシップ。限りなく相対速度が光速に近づき、外界は遠い過去へ去り、宇宙のあらゆる物質を自らの推進剤として消化しながらそれは進む。そして、宇宙自体そのものが<過去の存在>と化してしまうほど、遠い時空へ到達したとき、乗員たちは何を行い、何を選択したのか。

 この小説を最初に読んだとき、その設定の明解さと、スケールの巨大さに…ひたすら呆れた(笑) まあ、宇宙レベルのホラもここまで極めればもはや立派というしかない。で、スケールだけ見ればその後あまたの宇宙レベルのハナシは幾多あらわれたにせよ、この小説がいまだにその精彩を失うことが無いのは、スケールの巨大さに比して簡潔でまとまった小気味よい物語展開があるからだろう。

 例えば<ヒーチー人>シリーズも最後はほとんど似たような展開を迎えるのだが、それに至るに読ませられる小説の長さといったら、このタウゼロの数倍になる(長いなりに面白いところはいっぱいあるにしても)。よくまあ、この長さにこんだけのことをわかりやすく書き込んだものだと、これもまた呆れる。

 呆れてばっかりではいけないのだとおもうが、事実、呆れる。人間、何か偉大なものに直面したとき、まず呆れるというか呆然とするというか、そんな感じになるだろう。タウゼロはそうだった。
 うん。偉大な作品なんだろう。これは。

 わくわくする作品なのだ。本当に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集部コメント

2003/03/03 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『SFマガジン』ベストSF1992 第1位!

50人の男女を乗せ、32光年彼方の恒星をめざして発進した、人類初の恒星間宇宙船。だが宇宙船は生まれたばかりの小星雲と衝突し、バサード・エンジンが減速不能になってしまう。亜光速の船を止めることもできず、彼らは大宇宙を飛びつづけるしかないのだろうか? これぞ究極のハードSF! 星雲賞受賞作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/23 13:25

投稿元:ブクログ

個人的には、ポールアンダースンの最高傑作のひとつだと思っています。
わりと壮大な時空間をあつかう話というのはSFの真骨頂だとおもうのだけど、この作品のすごさは同じ登場人物達を使って宇宙の終わりから再生までも見事に描ききっているところ。何度読み返しても面白い作品。

2009/08/29 20:41

投稿元:ブクログ

スピードは距離を超え、世界を超え、時間を超える。結末にいたる速度は宇宙船の速度を超え過ぎて唐突に感じた。

2010/11/28 23:25

投稿元:ブクログ

減速システムの故障で、ひたすら加速する星間探検船<レオノーラ・クリスティーネ号>。光速に限りなく近づき、地球時間で何十億何百億年という時間が過ぎた。もはや地球も太陽系も消え去ってしまった・・・。不屈の意思を持って、運命を共にする人々の団結を促す護衛官レイモント。彼の孤独な戦い。人間の弱さと強さ。

ハードSFの金字塔と評される本書は、ハードSF成分と人間ドラマがよい具合に融合している。まさに読み応えは抜群。宇宙の果てに挑む壮大なスケールに圧倒される。

あらすじと感想↓
http://espider.blog78.fc2.com/blog-entry-327.html

2008/07/12 23:59

投稿元:ブクログ

32光年彼方の乙女座ベータ星めざし、50人の男女を乗せて飛びたった恒星船〈レオノーラ・クリスティーネ号〉。だが不測の事態が勃発した。宇宙船は生れたばかりの小星雲と衝突し、バサード・エンジンが減速できなくなったのだ。亜光速の船を止めることもできず、彼らは大宇宙を飛び続けるしかないのか? ハードSFの金字塔。

2015/07/14 16:53

投稿元:ブクログ

図書館で。面白くないわけではないけれども手放しに面白いとも言えない。評価が難しいな。

ラムジェット推進とかタウとかなんかSFって感じの用語が飛び交っていてそれが面白い。ウラシマ効果とか。光速飛行の代償ってやつですよね、たぶん。という訳でSFの基礎的な所とトラブル発生とそれに対する異常なほど前向きなサバイバル精神が見事。でも地球を代表する知識人の集まりが生き残る努力をしなくてどうする、という力技はなかなか説得力があります。

ただ微妙に人間関係がもたれてるんだなあ…。面倒くさい三角関係とか嫉妬とかが話に関わってきて…。ここでレイモンド(だったかな?)に対抗する勢力とか出てきたらそれはそれで面白かったと思う。あくまで人間関係に重きを置いた作品だったら。でもこの作品はそういうのじゃあなさそうだけど。
なんか副艦長のカウンセリングって身体つかってるだけじゃん?みたいな…なんかこう、モヤっとするものが残ります。まあ価値観とか違うから仕方ないかもしれないけど…

2009/05/17 11:28

投稿元:ブクログ

物体は光速に近づけば近づくほど時間の流れが遅くなる。
宇宙船が他の恒星系へ移住するために亜光速飛行を開始。
するとなんと逆噴射装置が損傷。無重力なので減速するわけもなく、宇宙船は飛び続けます。
修理しようにも、外は原子1個にぶつかるだけで死んでしまう亜光速の世界。
その間にも外は100年、1000年と時を刻んでいきます…
そして万策尽きた彼らが選択した、最後の手段とは…!
設定の時点で面白い。そしてその現状をどうするかというより、それをどう受け止めるかという人間心理を濃く書いています。
最後のオチも嫌いじゃないです。

2013/12/23 13:11

投稿元:ブクログ

<poka>
まさにハードSFの金字塔だ。
まさかこのような展開になるとは!

スケールの壮大さは、今後も他の追随を許さないだろう。
たとえ宇宙のサイクルが1回転したとしても…。

<だいこんまる>
壮大さに呆れました。
開いた口がふさがりません。

2012/09/25 10:55

投稿元:ブクログ

ビッグバン乗り越えたよ人類!!!!風呂敷がでかいのにイケイケですっごく楽しい。ハード面にそこまで執着しないのも好感。

2017/01/14 21:38

投稿元:ブクログ

人類の男女50人を乗せた恒星船<レオノーラ・クリスティーネ号>は第二の地球を求めて、32光年彼方の<おとめ座ベータ星第三惑星>を目指す。しかし、旅立ってから3年後、不足の事態が勃発する。恒星船が小星雲と衝突し、その衝撃で船の減速装置が破壊され、恒星間ラムジェットによって光速に近い速度に到達した船を止める手段が失われてしまったのだ!希望を失った男女50人を尻目に加速し続ける恒星船…果たして彼ら彼女らの運命は如何に…

本書は、ポール・アンダースンの代表作にして、一時代を画したハードSFの金字塔と名高い傑作です。「ハードSFの金字塔」と豪語されるだけあって、本書で言及される科学的描写には、ときに尻込みしてしまいがちですが、案外その辺りはなんとなーくの理解でも何とかなります笑 とはいえ、本書では丁寧なことに、末尾に金子隆一氏の「科学解説」がありますので、ぼんやりとした理解はここで補完できます。ただ、この科学解説は物語のネタバレこそありませんが、重要ポイントは解説されておりますので、本文の前に読むのは少しもったいないかも。しかし、いい解説ですので本文読了後は必読かと。
さて、ハードSFでありつつも、並行して描かれるのは、永遠の旅路へと誘われてしまった船内の人間たちによるドラマであり、その先にあるのは絶望に覆い隠された希望です。この人間ドラマ、振り返ってみると、多少の荒っぽさを感じなくはないですが、個人的には、(まるで恒星船の加速に比例するように)加速度的に進む展開に助けられ、物語の行く末を案じながら読み進めることができました。して、その結末は…それは本書を読むのが正しい判断。ともすれば、「んなアホな…」と呆れられる展開かもしれませんが、彼ら彼女らの身を心配するいち読者からすれば、「おお!まじか!」となるような展開でした。いやぁ、興奮した。

2011/05/21 18:05

投稿元:ブクログ

久しぶりのSF。ビッグバンと痴話喧嘩が同じ目線で語られる壮大なパースペクティブ。ところで昔読んだなこれ。うん。

2016/07/09 14:01

投稿元:ブクログ

恒星間宇宙船が、ひたすら加速し続ける羽目になったらどうするか。

ただそれだけの話。

あり得そうで嘘っぽいところが良い。
難点はというか、登場人物とか人間関係が、色々狙いたいところはあるが大して魅力的に感じないところかな。
もう少し残された人間とか、他の文明とかの関わりがあってもと思わなくはないが、それだと別の話になるか。

2011/10/19 20:45

投稿元:ブクログ

自分はこれに何を期待して読んだのかわからない。タウのアイデアは面白いけどストーリーは平坦で盛り上がりに欠ける。SFはそれでいいんだ

2010/05/25 21:00

投稿元:ブクログ

 50人の男女を乗せた恒星間宇宙船が事故で止まらなくなり、永久に宇宙を驀進し続ける事態に陥ってしまう。
 絶望的な閉ざされた空間で、尊厳と希望を忘れずに立ち向かおうとする宇宙船クルーたちの葛藤を描いたハードSF。

 絶望の果てにたどり着いた最後の解決策は、これまで読んだ本の中では最大規模のスケールで、度肝を抜かれた。途中は少し退屈だったが、SFに求めていた大風呂敷に出会えたので満足。

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む