サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子どもと学校(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1992/02/01
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430212-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

子どもと学校 (岩波新書 新赤版)

著者 河合 隼雄 (著)

子どもと学校 (岩波新書 新赤版)

886(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

育つのを待つ立場

2002/07/25 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HRKN - この投稿者のレビュー一覧を見る

人を教え育てる立場に居ると、自分が知らないうちに様々な呪縛にとりつかれていることが多い。教師とはこうあるべき、生徒とはこうあるべき、これはいいこと・これは悪いこと、私は理解のある教師だ、いいアドバイスが出来た、色々だ。でも、本当に正しいことなどに出会うことは少ないし、一人一人にとって真理は別物なのだから、教師もフレキシブルに考えを出したり入れたりできる柔らかさを身に付けるべきなのだと思う。

本書は、自分が知らないうちにかけてしまった色眼鏡を、いつのまにか外してくれた。読んでいるうちに、柔軟なものの見方とは何か、朧気ながら理解できるようになっている。それに、教師とは本当にデリケートなことを担っているのだという責任感も連れてくる。慎重に慎重に育つのを待つことも必要だということ、理解しているつもりでいても姿勢として身に付けることは難しい。だがそれも、何度も本書を読み返すことで段々と変わることができると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

問題児のありがたみ

2002/12/17 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PATA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は臨床心理学の大家である河合隼雄氏による教育観や学校観を数多くの事例を中心に紹介した書物です。
 本書の内容は非常に平易に書かれている一方で、我々教育者が陥ってしまいがちな誤解(曲解?)を解こうとしてくれているような気がします。特に評者が納得させられたのは、問題児に対する筆者の考え方です。少々長くなりますが、本文から引用しますと、「考えてみると、『問題』というものは、解決を求めて提示されるものであり、それを解くことによって得るところも大きいのである。…(中略)…問題児というのは、われわれに『問題』を提出してくれているのだ、と私はかつて言ったことがある(7頁)」。
 学校で授業中に騒ぐ子どもは授業に問題があると、不登校の学生は学校(あるいは社会)に問題があると、成績の悪い子どもは偏差値一辺倒の現代教育に問題があると、我々に問題を提供してくれているのかもしれません。そして、それを1つ1つ解いていくことにこそ、我々教育者の存在意義があるのかもしれません。
 本書には、筆者が直面した様々な事例が筆者の解釈とともに記されており、時には筆者の独断が強く、評者として納得いかないものもありましたが、それでもこれまでの「教える-教わる」という教育の前提を覆すのに十分示唆的なことが多く書かれていると思います。その意味で、教育に長く携わっている方や、これから教育者になられる方にお薦めの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/31 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/05 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/30 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/15 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/26 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/10 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む