サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Xazsa Ver.1(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1992.6
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/233p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-611646-4
文庫

紙の本

Xazsa Ver.1 (コバルト文庫)

著者 若木 未生 (著)

Xazsa Ver.1 (コバルト文庫)

494(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

摂氏37度くらいの温もり

2002/07/20 07:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よの - この投稿者のレビュー一覧を見る

心が小休止を求める時に、この作品を読み返す。若木未生という作家が書く作品の中でいちばんホッとできる作品だ。
ある日街で、ロボットの真似をする大道芸人ザザに出会ったが、彼は、本当の機械仕掛けの少年だった。 話してみればごく普通の少年のようなのに、でも彼はピノキオのように「どうしたら人間になれる?」と考えている正真正銘の機械仕掛けの男の子。彼を作り出した大好きな優亜のために「人間になりたい」と、人間を見て勉強するために、研究室を飛び出したのだと言う。
こんなザザを拾ってしまった京平さんは京平さんで、妻を失ったことで命を鳴らすように弾いていたギターを鳴らすことできなくなってしまったギタリスト。妻の弟と一緒に暮らす家で、ザザと、血の繋がらない兄と弟との奇妙な3人の生活が始まる。
微妙に悲しく、微妙に強く、微妙に優しい3人の若い男たち。
すごくピュアな感情をぶつけてくる、まっすぐなザザを中心に色々な事件が起こり、「人間らしい」って何? なんていうなんとも答えに窮するような問いに、誠実に一歩一歩答えを導き出していこうとする優しい世界がここにある。
短編集なので読みやすいし、ふと思いついたときに読み返したくなるような、37度くらいの暖かいものが、この1冊にはあると思う。是非ご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はここから始まった

2001/06/24 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miho_tokeshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あれは小学校高学年の頃だったか…。毎日本屋に行っては、『挿絵を見ては戻す、挿絵を見ては戻す』という奇行を繰り返していた私。ただ綺麗な絵が見たかっただけで、内容になど目もくれなかった(なんて奴…)。
 そんなある日。偶然手にした「XAZSA」は、挿絵以上に強い『言葉』が詰まった、もの凄くパワフルで切なくて暖かくて愛しい本だった。ない小遣いをはたいて購入、何度も何度も飽きることなく読み返した。読めば読むほど、好きになった。親にまで本気で「これ良いんだよー!!」と薦めたりして(今思えば微笑ましい…)。
 この本から、今日までの私と若木未生のなが〜い付き合いは始まったのだった。もし「XAZSA」に出会っていなければ、私の人生は確実に違う方向に行っていただろう。それくらい影響を受けた一冊です。
 最近また読み返した時、あれからもう七年も経ったと知り、ビックリ。と同時に、少し恥ずかしさを感じさせながらも、今でも良いと思える作品の底力に、再び感動してしまいました。

 ぜひぜひ皆様、ご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/06 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/30 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/13 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/15 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/23 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/10 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。