サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 評論社の通販
  6. 指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1992/07/01
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-566-02364-8
文庫

紙の本

指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1 (評論社文庫)

著者 J・R・R・トールキン (著),瀬田 貞二 (訳),田中 明子 (訳)

指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1 (評論社文庫)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

指輪物語 文庫版 10巻セット

  • 税込価格:7,92072pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

旅の仲間結成、そして…

2005/01/19 19:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomojp - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は黒の乗り手に襲われ重傷を負ったフロドがエルロンドの館で目を覚ますところから始まり、エルロンドの会議で指輪の処遇と旅の仲間が決められ、旅に出るまでが前半になっています。
そして後半でモリアの地下宮殿に入り、出口を探す途中までで話が終わります。

映画と比較すると、より登場人物の心情を細かく描写していて、個々人の心の変化を理解することができます。
指輪の処遇と中つ国の歴史を知る上で重要な1冊になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冒険ファンタジー

2021/07/18 13:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かのま - この投稿者のレビュー一覧を見る

このジャンルのしょうせつには、なかなか手を出すことができませんでした。でも、「精霊の守り人」シリーズを読んでとても楽しかったため、もっと幅広く冒険ファンタジーの世界を知ってみたいと思って、読みました。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

厳密にはここからはじまるかな

2016/12/31 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:肋骨痛男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Rivendell を 裂け谷としたのは銘訳だと思われます。種族間の団結と圧倒的な悪の退治といったテーマは後発のRPGにこれ以上ないくらい影響を与えていますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

旅の始まり。

2002/02/25 14:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 指輪物語の映画化「ロード オブ ザ リング」の試写会に行き、その面白さにつられて原作本を何冊か読んだ。本作は三冊目。この巻で主人公のフロドと仲間たちの旅が始まる。物語として面白くなってくるのもここからだろう。ただ、正直言うと「〜でした」「〜しました」というデスマス調の文章が読み難く、さらっと物語に入れる感じではない。登場人物や聞き慣れない用語が多いのも、ファンタジーを普段読まない人にはキツイかも。
 原作に向かって映画を見てからが良い、なんて言うのは本末転倒な気もするが、個人的にはそちらをオススメしたい。登場人物も多く名前を覚えるのにも混乱するため、映画でちょっとイメージを固めてから手を出すのも良いのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/04 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/13 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/27 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/16 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/02 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/13 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/05 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/25 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/27 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。