サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神話の力
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1992.7
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-203523-4
  • 国内送料無料

神話の力

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

今でも生きている神話

2002/02/26 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1ドル紙幣のデザインに秘密結社フリーメーソンのシンボルが用いられているのはなぜか? <スター・ウォーズ>のルークの冒険と、神話に登場する英雄たちの行動に同じパターンが見いだされるのはどうしてなのか? そんなところから神話を解き明かしています。
 神話は今でも至る所でひそかに息づいており、人間の知恵と秘密とを語っています。それを読み解くのも生きるのも読者自身だ、と言われたように感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

神話を学ぶ本─伝承からスターウォーズまで

2001/06/07 03:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神話学の世界的権威とアメリカの代表的ジャーナリストによる対談(この対談は本とは別に映像化もされている)。
 神話とは何であるか、社会において神話がどのような意味を持つか、などが主なテーマとなっている。
 ジョージ・ルーカスが著者の熱烈なファンらしく、対談場所はなんとスカイウォーカー牧場。また本文ではスターウォーズの分析してたりもする。
 神話というものを考えてみたくなったら、あるいはスターウォーズを違った視点でみたくなったら、手に取ってみるとよいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/10 11:32

投稿元:ブクログ

宗教の本のようで、そうでない。不思議な本。

「偶然、あるいは偶然のように見えるものを通して、はじめて人生は理解できる。そこでの課題は、責任を追求したり説明したりすることではなくて、立ち現われてきた人生をどう扱うかかということです」(p288)

というところが、印象的でした。

2006/06/12 11:30

投稿元:ブクログ

神話学についての対談集でありながら、ユング心理学の言う普遍的無意識、元型について、より深く知るよすがになる本として参考になる。ひとの意識のフラクタルな部分ともいうべきこの普遍的無意識について考える材料として優れた書物であると思う。

2009/01/01 17:13

投稿元:ブクログ

神話学者、ジョーゼフ・キャンベルが、様々な神話に隠された意味を対話形式でわかりやすく語っている。小説や映画に登場するモチーフなどと比較しながら、神話がもっている深い精神性を明らかにする。

神話が、時代と地域を越えて共通の要素をもっているのはなぜか。人間のこころは、 基本的には世界中どこでも同じだからだ。みんな同じ器官を持ち、同じ本能を持ち、 同じ衝動を持ち、同じ葛藤を経験し、同じ不安や恐怖を抱くのだ。この共通の基盤 からユングいう元型が出現した。これが神話の共通地盤である。 元型は生物学的な根拠をもっているが、フロイトの無意識は個人的な外傷経験を抑圧したものの集合だ。ユングのいう無意識の元型は生物学的であり、自伝的な要素 は二の次である。人類史上のそれぞれの時代に、こういう元型がさまざまな衣装を まとって出現したのである。キャンベルは「神話は公衆の夢であり、夢は個人の神 話です」という。

神話の共通基盤が、人類の生物学的な条件に基づいているという見解は納得できる。 とくに同じ不安や恐怖を抱くその根底には、人間が死すべき存在だという絶対的な事実がある。だからこそ、もっとも深い根源から共通の元型が生まれてくるのであろう。そこには人間の条件についての人類共通の問いが横たわっており、その問い に対する答えを抽象的な思考によってではなく、物語とイメージによって語るのが 神話なのだ。 神話は、人が生きるということの最深の層に触れているのだ。

キャンベルが、神話 に関心を寄せる視点は、「生きる」ということに対して私が関心を寄せる視点とぴったりと重なるので、共感し、啓発されながら読んだ。 たとえば情欲と恐怖、この二つの感情が、この世のすべてを支配している。情欲が「えさ」で、死が釣り針だ。そこに神話と宗教がかかわる共通の根がある。それは、物質的な欲望と肉体の恐怖とを、肉体を支える精神性のために犠牲にすることである。

肉体の奥に秘められた〈大いなるいのち〉を知り、時間の場においてそれを表現することを学ぶ。この限りある生において、人間性を養い育て開花させるもののために自己を捧げる。 悟りとは、万物を貫いている永遠の輝きを認めることだ。時間の幻のなかで善と見 なされるものだけでなく、悪とみなされるものも含めすべてに。

そこに至るために は、現世の利益を願い、それらを失うことを恐れる心(情欲と恐怖)から完全に脱却しなければならない。 こうした思考が、神話の構造に即して語られることで普遍性を帯び、同時に神話が生まれてくる次元の深さを指し示す。(たとえばガウェイン卿と緑の騎士の物語な ど。)

神話を通して、これほどに深い真実が語られるとは。 キャンベルは、神話学を「ひとつの偉大な物語」の研究だという。私たちはみな、存在のひとつの基盤から生まれて、時間という場に現れている。時間という場は、 超時間的な基盤の上で演じられる一種の影絵芝居だ。私たちは影の場で芝居を演じる。「ひとつの偉大な物語」とは、そのドラマにおいて自分の位置を見出す努力のことだ。

誰でも、自分でそう思い込んでいる〈自分〉以上の存在であり、自分についての観念には含まれな���次元と自己実現の可能性がある。生は、いま自分で見ているより はるかに深く、はるかに広い。いま生きている生は、それに深さを与えているもののうち、ほんのわずかな影に過ぎない。わたしたちは、その深みのおかげで生きられるのだ。あらゆる宗教は、その深みについて語っている。神話もまたその深みに 触れている。この世界という偉大な交響曲に対して、それと調和し、肉体のハーモ ニーを世界のハーモニーに同調させるためにこそ、神話が生まれたのだ。

神話の深さと魅力に目を開かれる一冊であった。

2009/03/24 10:52

投稿元:ブクログ

神話研究の大家の先生の対談集。
スターウォーズも神話解釈的にアプローチするなどなかなか面白い。

現代社会であろうと、我々は神話的なメタファーやストーリーからは切り離して生活できないようだ。

2010/03/21 07:51

投稿元:ブクログ

去年の今頃、手にしていた一冊。
あの頃は信じ込みたい世界があってそれを支えるガイドラインとしてこの本を利用したいと思っていた。だから気持ちよくページをすすめることが出来なかった。
今は新しい視点から再び向き合ってみたいと思う。
地上に繰り広げられる神話の世界を探っていきたい。

2010/06/27 12:17

投稿元:ブクログ

レヴィ・ストロースより前に神話について語っていた人
という記述が何かにあったので読んでみた

ジャーナリストと著者との対談形式を文章におこしたもの

近代に入る前に神話が人間に対して持っていた意味を世界中の神話を生涯研究してきた比較心理学の大家である著者が、ジャーナリストの質問に答えながら語っていく
という形になっている

非常にためになった

神話は隠喩であり、あなたの中に神は在り私の中にも神が在る
西洋や東洋、その他もろもろの文化の違いで表現のされ方は違うけれども、表現したいことはどこでも同じである
だが、表現したいものはそもそも言葉にできないもの言葉を超えたところにある
それが神、というか神秘、というか根源、というか
そんなようなものである

自分なりに要約するとそんな内容だった
京極堂の「鉄鼠の檻」で言っていた禅の境地に同じなのかなあ
うーん、知りたいことは尽きない

関連文献を読んでみようかなあ

2010/02/04 15:13

投稿元:ブクログ

ABCでUAの本棚にも発見。読まずにはいられない題名。
映画の話から、ジョーゼフ・キャンベルの読書術まで、天才はこうして作られるのか!

2011/01/13 01:04

投稿元:ブクログ

 非常に詩的な言葉によって、心にしみてくる対話編である。 神話の役割は、物語を通した自分との対話であるといえる。神話は究極の真理の一歩前という表現がストンと胸に入ってきた。究極の真理とは言葉にできないものだからこそ一歩手前なのだ。神話の題材が洋の古今東西を問わず共通性と普遍性があることから、人生でのヒントを得ることができるだろう。

2011/03/30 07:03

投稿元:ブクログ

 最高!神話を心理分析の観点から語った対話本だけど、解釈が非常にロマンチック。たとえそれがJ・キャンベルの一考察にすぎないとしても、読者がそこから得るものは大きい。神話はあくまでも物語であり、それゆえに私たちが理解するうえでは必ず個人的な解釈が介入することになる。ただそれを前提にしないと、この本は単なる著者の夢物語としか感じられないだろう。

2013/11/24 21:35

投稿元:ブクログ

全ては一であり一は全て…。
エピファニーと永遠を感じられるようなふとした瞬間を意識しよう。
そして運命愛〜「全ての人が生きる中でめいめい自分自身の幸福への鍵を持っている。その人がしなくてはならないことはそれを認識し育てそれとともに歩むこと」

2011/11/17 23:27

投稿元:ブクログ

授業で紹介されたからよんだ。スターウォーズ好きは必読。
英雄神話がなぜこんなに人の心をつかむのか
無意識どうこうの話はユングとフロイトを思い出す。

会話形式だしよんでいて楽しい。私みたいな活字離れは
本の分厚さにびびったけど、全然苦じゃなかった

2013/05/27 22:11

投稿元:ブクログ

最後、恋愛の章がおもしろかった。
西欧社会の個人主義の萌芽と結び付けている。
結婚は、社会的強制から個人の自由な意志による行動の結果、
によってもたらされるようになった。
恋愛結婚は個人主義がなければ生まれなかった。
そして社会は個に先んじるのではなく、個を個たらしめるために社会はある。

理想論的な、情熱的な口振りで向陽的。
人類に共通する原体験を神話に求めようとするわけだけれども、
はたしてそれが正解なんだろうか、と思う。
脳神経科学もそれを示す見解を出しつつあるけれど、
それもまた、いつか覆ってしまうのかもしれないな、と疑を持ったりもする。

いずれにしろ、あるストーリーがある時に伝播したり、
多くの人を感応させる場面というのはしきりにある。
それが、人類全体に備えられた神話適性なのだ、
たったひとつの奔流なのだ、という考え方はロマンチックではある。
汝の隣人を愛すことは、いつになったらできるのやらと。

2012/05/23 23:26

投稿元:ブクログ

以下引用
p.184
モイヤーズ「自然に本来備わっている神性を私たちにわからせてくれるのは、現代においてはだれでしょう。われわれのシャーマンはだれですか。目に見えない物事を説明してくれる人は?」

キャンベル「それは芸術家の仕事です。ただし、神話のことも、人間のことも、よくわかっている芸術家に限ります。あるプログラムを押しつけてくれるような、ただの社会学者ではだめです。」

モイヤーズ「その他大勢のふつうの人間はどうなんでしょう。詩人でも画家でもなく、超越的な無我の境地なんかとは無縁な人間は。私たちはどうやったらそういうことを知ることができるんでしょう。」

キャンベル「とてもいい方法を教えましょう。部屋に座って本を読むーひたすら読む。然るべき人が書いたまともな本ですよ。すると知性がその本当同じ高さまで運ばれあなたはそのあいだずっと、穏やかな、静かに燃える喜びを感じ続けるでしょう。」