サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

傷痕(集英社文庫)
傷痕(集英社文庫) 傷痕(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1992.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-749847-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

傷痕 (集英社文庫 老犬シリーズ)

著者 北方 謙三 (著)

傷痕 (集英社文庫 老犬シリーズ)

605(税込)

傷痕 老犬シリーズ1

540 (税込)

傷痕 老犬シリーズ1

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦後の闇の世界に生きる闘いを描いてリアリティ十分な異色作

2012/07/02 16:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

北方謙三は、別の小説に同じ人物を登場させるということをときどきやる。
ブラディ・ドールシリーズと、約束の街シリーズを合体させた離れ業などが一番目立った例だろうか。

そうした人物として印象深い一人が、通称「老いぼれ犬」の高樹警部である。
彼は、たとえば『檻』で準主役ともいうべき重要な脇役として、
挑戦シリーズではもうちょっと軽い脇役として登場する。
忘れがたい味を持つとはいえ、脇役と思われたこの高樹を、
意外にも主人公に据えてみせたのが「老犬シリーズ」だ。
中でも、その少年期を描いて異色作ともいえるこの『傷痕』は、目立たないが傑作だろう。

北方謙三はぎりぎりの人生を好んで描く。
手っ取り早いのは命のやり取りで、
現代ものだと、そこで犯罪、暴力が絡むようになる。
北方謙三の出発点であるハードボイルドである。
だがそれは、普通に考えれば(幸いなことに)一般人にはいささか縁遠い世界だ。
北方謙三はより普遍的な場を求めて歴史ものを書き始めた。
歴史ものは、より高次のリアリティを求めた結果だいう。

『傷痕』は、系列としてはハードボイルドだろう。
実際主人公は、他の小説ではいかにもハードボイルドの犯罪ものに登場する。
だが彼を主役に置いたこのシリーズ第一作は、むしろ一人の人間の歴史を描いたものだ。
むろん彼は現代人だから、たとえば南北朝ものとは色合いが異なるにしても、
戦後の戦後の闇の時代の厳しい生き様を描くことで、
物語は作者の歴史ものと同じリアリティを得ることになる。
生きる戦いが必然である状況なのである。

孤児といえば自動的に人権無視の悲惨な孤児院送りにされる時代、
自由と生存そのものを求めて戦う良文と幸太の戦災孤児コンビを軸に、
これにヤクザがからみ、必然的に暴力が描かれ、
他の孤児たちとの共同が生まれ、とにかく生きて行く戦いが語られる。

いつものダンディズムが見えないわけではないにせよ、
とにもかくにもまず生き抜くことという濃厚な前提があり、
それが全体を緊迫させ、躍動させ、そしてまだ少年である主人公らの傷が心に沁みる。
今までにない設定もあって、北方文学全体のなかでも特に印象的な一冊といっていいと思う。
これに近いのは、後の自伝的な『望郷の道』だろうか。
こうした一面を持つというのもまたこの作者の豊かさであり、
読者にすれば嬉しい驚きである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/11 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/25 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る