サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

正法眼蔵随聞記(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 研究者
  • 発行年月:1992.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/455p
  • 利用対象:一般 研究者
  • ISBN:4-480-08022-8
文庫

紙の本

正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)

著者 道元 (述),孤雲懐奘 (編),水野 弥穂子 (訳)

正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)

1,296(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「はづ」。

2008/11/02 18:35

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

水野弥穂子による「正法眼蔵随聞記」の現代語訳はわかりやすく、スラスラと読め、私は、これでやっとその内容が理解できました。
以前、岩波文庫の正法眼蔵随聞記を読んで、まるで念仏でも聞いている感じでおりました。現代語訳は、その原文の霞みが晴れて、みごとな展望がひらけたような気分。

ところで、ルース・ベネディクトでしたっけ。日本人は「恥の文化」だと規程したのは。この正法眼蔵随聞記を現代語訳で読み通すと、その「恥」について、あれこれと思い浮かぶのでした。
この本の、はじまりは「はづくべんば明眼(みょうがん)の人をはづべし」とあります。この現代語訳はといいますと、「道元禅士が教えて言われた。人の批判を気にするなら、物の道理の見通せる人からの批判を気にすべきである。」

「卑下」という言葉も注目したくなります。
随聞記1-13には
「今の人も然るべし。我が身おろかなれば、鈍なればと卑下する事なかれ。今生に発心せずんば何の時をか待ツべき。好むには必ず得べきなり。」

随聞記2-13
ここは現代語訳で引用しておきましょう。
「だれといって、最初から道心のある人などがあろうか。ただこのように、おこしにくい道心をおこし、行じにくい仏道を行ずると、おのずと進歩するのである。人は皆仏性があるのだ。いたずらに卑下してはならない。また言われた。文選(もんぜん)に『一国は一人のために興り、先賢は後愚のためにすたる。』と言っている。その説くところは、国に一人の賢者が出なければ、先賢の跡はすたれてしまうというのである。この意味をよく考えよ。」

さてっと、岩波文庫の原文でも解説によってこの箇所だけは、注目して読んだところがあります。随聞記5-4「嘉禎二年・・」とはじまります。ここは原文の味わいが素人にも伝わる箇所でした。

「玉は琢磨によりて器となる。人は練磨によりて仁となる。何の玉かはじめより光有ル。誰人か初心より利なる。必ずみがくべし、すべからく練ルベシ。自ら卑下して学道をゆるくする事なかれ。・・・」

随聞記5-7-1。こちらは現代語訳で引用。

「むかしの言葉に、『得意になって上古のすぐれた人に等しかろうと思ってはならない。また卑屈になって下賎に等しかろうと思ってはならない。』と言っているが、得意になるのも卑屈になるのも、ともに慢心である。高い所にいても、自らへりくだることを忘れてはいけない。安全と思っていても危険のあることを忘れてはならない。・・・・」

随聞記5-12。こちらも現代語訳で。

「出家人はもともと財物は持たないのであるから、知恵や功徳を宝とする。・・・小人というものは、ちょっとした荒い言葉にも、すぐ腹を立て、恥をかかされたと思うのである。大人は、そういうことはない。たとい、打たれても、しかえしなどは考えない。この国には小人が多い。気をつけなくてはならない。」



ところで、現代の「明眼の人」を探すとしたら、あなたならどなたを思いうかべるでしょうか。ちなみに、私が思い浮かべるとしたら、渡部昇一氏。氏が2008年10月10日産経新聞「正論」欄に書いた文に、こんな箇所がありました。

「戦後を体験した人間として不思議に思うのは、敗戦直後の日本の政治家が、チャイナやコリアに卑屈でなかったことである。それが講和条約締結から時間が経つにつれて、だんだん卑屈度が増してきているという印象があるのだ。」
そして、渡部氏は、その理由を掘り下げておられるのでした。
もう古新聞ですので、捜して読むのにめんどうだと思うならば、今発売の12月号の「諸君」「WiLL」のどちでも。そのどちらにも渡部氏が書いております(もっとも雑誌では文中に「卑屈度」という言葉は、無かったようです)。テーマは別ですが、繰り返しの煩を厭わず、分かりやすく語りかけております。
こういう雑誌など、すぐに消えてしまうじゃないかと思う方も、おありでしょうけれど、そういう方には、「正法眼蔵随聞記」に、こんなくだりがございます。

「また、ある時、僧正の弟子の僧が、『今の健仁寺の寺の敷地は、加茂川の川原に近いから、後世、洪水にあう危険がありましょう。』と言った。僧正は、『われわれは、後世になって寺がなくなる心配までしてはならない。インドの祇園精舎でさえも、礎石だけしか残っていないが、それでも寺院建立の功徳はなくなりはしない。後代はどうあろうとも、今さしあたって一年でも半年でも、ここで修行が行われる功徳は、莫大なものなのであろう。』と言われた。・・・栄西禅師はまたこのような道理を考えておいでになったのである。そのお心の高さを、ほんとうに考えてみなくてはならない。」(随聞記3-2)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/04 06:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/21 07:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/27 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/13 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。