サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔女と聖女 ヨーロッパ中・近世の女たち(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1992.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149125-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

魔女と聖女 ヨーロッパ中・近世の女たち (講談社現代新書)

著者 池上 俊一 (著)

魔女と聖女 ヨーロッパ中・近世の女たち (講談社現代新書)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

根本的な観念は今も残る

2004/04/07 07:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:無風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 魔女狩りが行われていた時代があった。都市のエリートや教会改革者たちが、自分たちの秩序を固持するために、「魔女」の名の下に、女性たちを焚刑台に送った、あの所業である。反対に、女性が崇められる場合もあった。美徳あふれる行動や死後の奇蹟によって教会に多大の貢献をした女性を、司教が「聖女」として認可する、というものである。対象が女性であることが、共通している。何故か。

 『創世記』にこのような記述がある。

『女、汝は悪魔の門、汝は悪魔の樹木に同意し、また汝が最初に神の法を捨てさった。汝こそ、悪魔の攻撃にたえるに十分勇敢であったかの男(アダム)を説きふせたのである。汝はいともたやすく神の似姿に創られた男を破滅させたのである。……』

 この「女」とはイヴのことである。イヴこそ呪われるべき女性のモデルとして定着する。古代から教会人たちは女性を忌み嫌ってきた。これが「魔女」の概念へとつながることになる。

 ところが、これまで女性を嫌悪する気運だった世界において、十二世紀ごろから「マリア崇拝」が盛んになる。信仰心が柔和になったこの時代、もともとは聖職者や修道士という男性が、人類の優しい母としてのマリアに縋ったのである。現実の女性がマリアに重ねられることも否定されなかった。これが「聖女」の概念となる。

 以上が、「魔女」と「聖女」の裏事情である。重要なのは、世俗の女性たちには、「蔑視」されようが「崇拝」されようが、良い方向には作用しなかったということである。いずれにせよ、女性への押し付けになっている。「魔女」は言うまでもないが、ある意味では、「聖女」も女性に対する「差別」であるように思う。また、魔女狩りの横行は、ルネサンス期という一時期のことたが、こうした女性観「そのもの」は基本的にどの時代にも存在しているように感じる。現代も例に洩れない。

 なぜ女性が「自由」を求めるのか、少しだけ理解できたように思う。こうした女性観を克服するというのは、歴史的に見てみれば、極めて難しい問題だったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/17 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/14 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/21 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/13 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/15 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/05 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む