サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:1993/03/10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/30p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-1157-7
絵本

紙の本

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)

著者 あらしやま こうざぶろう (ぶん),あんざい みずまる (え)

うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんといっしょにお花見に出かけました。お弁当はすみれのサンドイッチ、木の実のジュース……。とても愉快なおはなし絵本です。【本の...

もっと見る

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんといっしょにお花見に出かけました。お弁当はすみれのサンドイッチ、木の実のジュース……。とても愉快なおはなし絵本です。【本の内容】

著者紹介

あらしやま こうざぶろう

略歴
あらしやまこうざぶろう

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大人になってから読んでも

2019/03/07 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ嵐山光三郎の名も安西水丸の名も知らない子ども時代によろこんで読んでいました。レンゲ畑の濃いピンクとか、菜の花畑の黄色がきれいで、たべものがおいしそうで…。
 
久しぶりに再読してみて、こういう歯磨きしたかったな、ふうちゃんの葉っぱの眼鏡変だったなとか思い出し、一つ一つの絵が予想以上に自分の記憶の中に残っていて驚きました。ピンクや黄色だけなく、黄緑やブルーもきれいだし、茶色もいっぱい使ってあったんだなぁと再発見しましたが、画面いっぱいに塗られた色から、ポジティブな力と幸せ感をもらえるのは、昔読んだ時と変わりません。何十年経っても、いい意味で印象が変わらず、細部まで人の心に残してくれる本は、すごいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

水丸さんがお嬢さんのために描いた絵本

2016/11/27 08:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この絵本の文を書いた「あらしやま こうざぶろう」さんは作家の嵐山光三郎さんで、絵を描いた「あんざい みずまる」さんはイラストレーターの安西水丸さんのこと。
 この絵本が誕生した時のことを、嵐山さんは『イラストレーター安西水丸』という本の中でこんな風に書いています。
 「1976年、水丸の娘と嵐山の息子に手書き絵本『』を作った。うさぎのきょうだいの話であった。水丸が手書きの原稿を持って福音館書店に持ちこむと、その場で刊行がきまった」。
 この時水丸さんは34歳。
 嵐山さんはこの文章のあとで「水丸はおだやかな性格でありながら、きちんとプレゼンテーションする能力があった」と感心している。

 そんな風にして誕生した絵本ですが、人気があったのかその後何冊かのシリーズになっています。
 ただ水丸さんの絵のタッチは少しちがうような感じがしますので、絵本だけ読むと水丸さんの作品だとなかなかわかりづらいと思います。

 「うさぎのきょうだいの話」と嵐山さんは書いていますが、ピッキーの方がズボンをはいてポッキーはスカートをはいていますから男女の「きょうだい」です。
 二匹のほかにもう一匹重要な役割の動物が出てきます。
 それが「もぐらのふうちゃん」。
 ただ水丸さんの描く「もぐら」はもぐらに見えないのです。
 そもそももぐらっていうのはあまり見かけませんが、水丸さんは図鑑か何かを読んだのかしら。

 そんな絵本ですが、きっと二人のお子さんは喜んだに違いありません。
 だって、愛情たっぷりな絵本ですもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子ども心に憧れた

2016/06/26 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moke - この投稿者のレビュー一覧を見る

うさぎのピッキーとポッキーは二人暮らし、もぐらのふうちゃんは一人暮らし。
その、ふうちゃんのお家が幼少期に憧れでした。
こんなベッドで寝起きしたいなぁ・・と読むたびに思っていました。
すみれのサンドイッチやレンゲ畑、秘密の地下道・・いつ読み返しても褪せることのないおいしい楽しい物語。
安西水丸さんの絵が和みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ふたりをつなぐ

2016/12/10 09:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

安西水丸の優しい絵と嵐山光三郎のシンプルな文章の中に、言葉を超えた絆を感じた。自身の子供へのやさしさもあふれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/25 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/28 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/20 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/17 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/07 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/16 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/18 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/15 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。