サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販 全商品対象 ポイント最大10倍キャンペーン ~9/20

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1993.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/353p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-04-460410-X
文庫

紙の本

ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士 下 (角川文庫 スニーカー文庫)

著者 水野 良 (著)

ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士 下 (角川文庫 スニーカー文庫)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

原点にして、永久の島

2009/04/23 18:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私にとっての読書の原点であり、ファンタジーの原点である作品。のみならず、本邦ファンタジーの礎であり、ライトノベルのメディアミックスのパイオニアである作品だと思います。

 数多のメディア展開、続編や番外編が世に出されていますが、作者もあとがきで述べているように基本となるのは、このパーンとディードリットを主役とする『ロードス島戦記』全7巻でしょう。この2人は私にとっての永遠のヒーロー&ヒロインです。
 純朴で、無鉄砲で、正義感が強く、やたらお人好し。少年らしい単純さで英雄を夢見て旅立ち、幾多の試練をくぐりぬける中で、真の英雄へと成長していくパーンの姿はいつ見ても胸が熱くなります。可憐で美人で勝気でやきもち焼きで一途なディードリットは、私の中で究極のヒロインです。
 そしてそれを取り巻く登場人物たちの魅力的なこと!数え切れないくらいいるのですが、私の中で大きな存在なのは、争いを好まず、目立つことも好まないにもかかわらず、強い意志をもってロードスの平和のために苦難に立ち向かい続ける真の賢者、魔術師スレインです。そのほかにも、とにかくカッコイイ傭兵王カシュー、パーンの幼馴染のエト、話が進んでいけば、パーンに思いをよせディードをやきもきさせる女戦士シーリスや、陽気な吟遊詩人マールがあらわれ、そして、パーンの最大のライバルとなるマーモの騎士アシュラムも欠かすことのできない勇者です。これら大勢の登場人物たちがこのロードス島を舞台にいきいきと活躍します。

しかし、これほどキャラクターが立っていて、さらに小説としての完成度がそれほど高いわけではない(やはり作者の水野良は小説家ではなくゲーム作家なんですよね)にもかかわらず、不思議とこの作品はキャラクター頼みの小説になっていません。それはやはりこの物語がTRPGからきていること、登場人物たちの冒険を作者がゲームマスターの視点で、俯瞰で見つめていることが根本にあるのではないかと思います。

 個々の登場人物の個性や背景や信念が確固としてあり、それでいて物語はそれに頼らず物語としての力を持って淡々と進んでいく。そこから生まれる感動がこれほど強く深い。それを確認させてくれるという意味でも、やはり私にとってこの作品は、読書の原点であり、ファンタジーの原点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして、呪われた島は…

2001/09/01 10:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:賢者の石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻で「ロードス島戦記」は完結となる。振り返ってみれば、本当に数多くのキャラクターと、壮大な物語展開、戦乱と策謀の入り乱れた、ファンタジーの大巨編であった。
 主人公サイドはもちろん、敵役となるキャラクターも魅力的であった。灰色の魔女カーラ、マーモ皇帝ベルド、黒衣の将軍アシュラム、黒の導師バグナード…前回から主人公となったスパークは、バグナードからニースを取り戻すことができるのか? それはあなた自身がこの本を手にとってたしかめて欲しい。きっと、ロードスで起こった戦乱の果てに、あなたはかつて感じたことのないカタルシスをおぼえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/06 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/29 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/22 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/05 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/23 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。