サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ(講談社文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 56件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-196224-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)

著者 室生 犀星 (著)

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)

1,134(税込)

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

918 (税込)

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

ポイント :8pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

陶古の女人 7-26
蜜のあわれ 27-175
火の魚 185-206

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー56件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

「老い」ということの意味と迫力

2010/03/29 10:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:analog純 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上手なタイトルだなーと、思います。
 特に『われはうたえども……』のタイトルは、まさに迫力満点ですね。この迫力はいったいどこから来るのかというと、もちろん「老人文学」ゆえ、であります。

 「老人文学」という言い方が、確か、あるように思います。
 近年これだけ日本人の平均寿命が延びて、作家も長寿の方が沢山いらっしゃいますから、このジャンルの作品も少なくないですよね。

 私の読んだ小説で、本ジャンルにあたる作品はと考えてみますに、まず耕治人の『天井から降る哀しい音』。だいぶ前に読んだ本なので、内容はほぼ覚えていません。しかしかなり印象的だった記憶があります。

 次に古井由吉の『白髪の唄』。これは朦朧として内容がよくわからなかったところがいかにも「老人文学」っぽくて(?)、よかったですね。

 川上弘美の『センセイの鞄』なんかも一種の老人文学ですよねー。

 「老舗」で言えば、谷崎潤一郎の『鍵』とか『瘋癲老人日記』などもこのジャンルの草分けになるのかも知れません。
 ただこれらの小説は、老人の「性」をテーマに絞り込んでいますから、少し「特殊」な感じもします。

 とにかくそんな「老人文学」の白眉の一冊が、この作品集です。
 ここには4つの小説と1つの詩が入っています。少し異色な感じのする『老いたるえびのうた』という詩が筆者の絶筆だそうですが、この詩がまた絶品であります。

 そしてこの詩も「やぶれかぶれ」なんですが、4つの小説の「やぶれかぶれ」が、とても強烈な迫力を持っています。

   ---------------------

 咳が酷いのでその反射痛が左の背中にあらわれ、物をいうと咳きこんで言葉がきれぎれになった。まるで言葉がまとまらない、私は、ばばばといったりひぃひぃ言ったりするだけで、腰を折り手で畳をささえ、咳のおさまるのを永い間待ったが、その苦しい間に煙草の要求が烈しく起った。ひどい心配事のあるときに煙草がのみたくなる、あの心理なのだ。咳の小止みのあいだにただ一つの救いである煙草を一服やろうと、私は煙草に火をつけた。そんな物をうけつける筈がないのに、それをとおそうとするのだ。馬鹿の骨頂なのだ。間もなく煙にむせ返って咳は巻き返して、のた打ち廻った。(『われはうたえども…』)

   ---------------------

 この小説は、主人公の老作家が排尿のできない病になり、その治療の経緯を語るものですが、まさに全編「やぶれかぶれ」の迫力に満ちています。

 例えば円地文子に、『朱を奪うもの』という老女が自らの半生を語る小説がありますが、その冒頭には、片方の乳房を失い、子宮を取り除き、そして今度は歯をすべて抜き去った主人公の、鬼気迫る語り出しが描かれていました。

 一体に「老い」を語る小説には、どこか一種偽悪的・露悪的な迫力を持つものが多いと私は思います。

 それは言うまでもなく、人生のゴールがさほど遠くない視野の中に見え始め、なにより日々不如意になっていく、加速度的に老化していく肉体を見つめ続ける作家の、強靱な精神が紡ぎ出すものであるからです。
 それに私たちは、迫力を感じずにはいられないわけです。

 さてそんな老化をダイレクトに扱った小説も面白いですが、残りの3作は、直接老化を取り上げたのではなくて、自らの「嗜好」を描いた作品です。

 陶器、金魚など、どれも筆者自身の実際の嗜好を描いたものでしょうが、それが一般的な程度を越えて、まさに「淫する」ように、舐めるように愛する様が描かれます。
 これは、老人のエロスとも関係してくるのだと思いますが、ここにも迫力満点の「やぶれかぶれ」が読みとれます。

 しかしこういった、人生の終盤における「やぶれかぶれ」の生命の炎のようなものを眺めていますと、「老いる」という状況が、まさしく人間精神の一つのありようであり、そしてそこにはやはり、例えば「若さ」と全く同等な豊饒さがあるのだと、つくづく感じます。

 老いることもまた、人生の豊かさの一つの表現であります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/07 14:12

投稿元:ブクログ

「いろは」の2号で特集されていたので、気になって再読。

「おじさま」と「あたい」のお話。
「老作家」と「金魚」のお話。
この金魚は犀星の理想の女のひとなのですって、なるほど。
おじさまにお小遣いをねだったり、拗ねてみたり、
いちいち可愛らしい。

2004/12/11 20:10

投稿元:ブクログ

実際所有しているのは国書刊行会のシリーズですが画像がないので、こっちの「蜜のあわれ」を。とにかく金魚が魅力的。

2016/08/30 20:53

投稿元:ブクログ

表題作の「蜜のあわれ」は単体で読んでもどこか儚い印象だけど、後記も併せて読むとより物悲しい美しさが増すように感じる。全編通して、陶器や金魚、人間以外の存在を女の人に喩える表現がいちいち艶っぽくてどきどきする。もちろん人間の女性の描かれ方も印象的。井荻看護婦は良い人だったんだろうな、きっと。

2005/09/20 14:51

投稿元:ブクログ

蜜のあはれは歴代の読了本の中でも上位にくる素敵なお話。金魚とは思えない仔猫ちゃんぶりにきゅんとなります。ぜひご教授願いたい。

2007/04/21 23:49

投稿元:ブクログ

赤井赤子と田村ゆり子に完全にやられました。死生観 そして性 そして恋というもの 赤井赤子をプロファイリングするととても面白い そして、彼女は冬をこせたのか 
 一つびっくりする 一文があった。
田村ゆりこの言葉
「ええ、五時だったわね、五時という時間には、ふたすじの道があるのかよ、一つは昼間のあかりの残っている、道のすじ、もう一つは、お夕方のはじまる、道のすじ、それが、すっと向こうの方まで続いているのね」
これは量子論シュレーディンガーの猫 ではないか。犀星はこの量子論をしっていたにちがいない。

とにかく今頃ではあるが、最高の文章である

2008/10/06 22:36

投稿元:ブクログ

「ちっとも驚かないよ、きみが令嬢でなかったら、令嬢らしい者なんて世界に一人もいないよ。」
長い長いエロティックで美しい詩。

2012/03/05 23:54

投稿元:ブクログ

「おじさま」と三年子の赤い金魚との会話によって構成されている短編、「蜜のあわれ」が特に好き。
「おじさま」と金魚屋さんにとっては小さな可愛い金魚、他の人にとっては人間のはずなのに、どこからが金魚でどこからが人間なのかわからなくなる。
金魚である方が官能的で美しい気すらする。

その他の短編も秀逸。

2006/07/18 18:08

投稿元:ブクログ

ある時は令嬢。
ある時はちんぴら。
そしてその実体は、
一匹のカワイイ金魚ちゃん。
一人称の“あたい”がカワイイ。

2008/10/06 01:55

投稿元:ブクログ

何がすきって講談社文芸文庫だからすき。←

室生犀星いいです。

「おじさま、いい考えがうかんだのよ
おじさんとあたいのことをね、
こい人同士にして見たらどうかしら、可笑しいかしら
誰も見ていないし誰も考えもしないことだもの」

2009/11/05 15:51

投稿元:ブクログ

室生犀星と言えば「蜜のあわれ」が有名ですが、「われはうたえどもやぶれかぶれ」も絶品です。
何よりタイトルが素晴らしい。「うたえどもやぶれかぶれ」だなんて!
健康にトイレに行けるって素晴らしいなぁ。

09.11.05

2015/11/03 16:58

投稿元:ブクログ

友達に勧められよんだ。「蜜のあわれ」会話のみの構成は斬新で言葉えらびやテンポがよい。ちんぴら赤子かわいい。二階堂ふみと大杉漣ははまり役!

2007/01/30 19:01

投稿元:ブクログ

蜜のあわれの乙女な事といいましたら金魚を擬人化するとはなんたる犀星!会話文のみで構成されているためにどこで金魚が人になってどこで元に戻っているのか解らなくて逆にそこがいい。金魚のしゃべりかたも「あたい」とか言う昭和テイスト満載で兎に角愛しすぎるよ金魚ちゃん!犀星もこんな気分で書いたのか。

2010/05/31 23:42

投稿元:ブクログ

コケティッシュな金魚とおじさまの「蜜のあわれ」。でも時々その綺麗な尾鰭をひらめかせるように「生き物」の力強さ、貪欲さを垣間見せる描写が好きだった。「子作りしてくる!」ってやる気と健康的な色気を漲らせる金魚に思わずはっとした。
先日「火の魚」がドラマ化されていたので久し振りに読み返したのだけど、やっぱり好きだなぁ犀星…!

2011/10/22 15:20

投稿元:ブクログ

いやあ……オッサンおいこらwwwと云いたくなる内容から、あ、やっぱセンスいいよなあ、という表現まで、幅広い楽しみ方ができてなかなか。どんだけ女好きなんすか室生先生。鏡花センセは強く気高い女性が大好きですが、犀星センセはキレのいい小悪魔な若い女が好きみたいですね(笑)

短篇に一作だけ入っていた詩もよかった。小説でも随筆でも、妙に生活感がありながら、どっかフェティッシュで優美な印象でした。
でも闘病生活の随筆「われはうたえどもやぶれかぶれ」は、最初から最後まで睾丸と排尿と…とにかくそういう話を延々するのでちょっと困惑する。